こぶはくせん

股部白癬

別名
いんきんたむし
最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

股部白癬とは、水虫の原因菌である白癬(はくせんきん)によって引き起こされ、股に発生する真菌感染症のひとつです。「いんきんたむし」と呼ばれることもあります。

白癬菌は、温暖で湿潤な環境を好んで繁殖する性質があります。股周囲は汗が溜まりやすい環境であり、白癬菌が増殖するのにとても適しているといえます。

特に男性の場合は、陰嚢(いんのう)が存在するため、大腿部と陰嚢の接触する部位の通気性が悪くなりやすく、より白癬菌にとって増殖しやすい環境です。そのため、股部白癬は、夏場の暑い時期、男性に多く発症する傾向があります。

原因

白癬菌が股に感染することが原因で発症します。白癬菌とは水虫の原因でもあるカビの一種で、いくつかの種類が存在しています。

股部白癬は、主にTrichophyton rubrumTrichophyton mentagrophytesによって引き起こされます。これらは環境中にも存在しているため、環境中から股に感染したり、自分自身の水虫が原因となって股に感染が広がったりすることもあります。

症状

股周囲の皮膚が赤くなり、色素沈着を伴うこともあります。大腿部(だいたいぶ)や性器周囲、鼠径部(そけいぶ)からお尻のあたりまで皮膚の変化が広がることもあります。さらに、強いかゆみや痛みなどを自覚することになります。

股部白癬では皮膚のバリア機能が障害されるため、同じ部位に細菌感染症を合併することもあります。

検査・診断

局所の皮膚変化を詳細に評価することが大切です。ただし、接触性皮膚炎乾癬、カンジダ感染症なども類似した皮膚変化を引き起こすことがあり、見た目の変化のみでは正確な診断が難しいこともあります。

そのため、股の皮膚の一部をメスやピンセットなどで擦りとり、それを用いて顕微鏡的に白癬菌の存在を確認する検査も行われます。検査に伴う痛みはほとんどなく、検査結果も数分で判明する簡便な検査です。

治療

抗真菌薬を用いた薬物療法を行います。軽度のものであればクリームなどの外用薬で完治を期待することができます。股部白癬の範囲が広い場合や、皮膚炎の症状が強い場合など、外用薬のみでは完治が難しい場合には、抗真菌薬を内服することもあります。

股部白癬の治療や予防として、股の局所環境を改善させることも必要です。局所の通気性を保ったり、シャワーや浴槽などで清潔を保ったりすることが大切です。

また、水虫を含めて自分自身や周囲の環境中から股にカビが感染してしまい、再発することもあります。足や爪に水虫があるようであれば、水虫に対して抗真菌薬による治療を考慮します。周囲の環境にカビが多く潜む場合には(たとえば浴室の足拭きマットなど)、その部位に対してのアプローチを講じることになります。

医師の方へ

股部白癬の詳細や論文等の医師向け情報を、Medical Note Expertにて調べることができます。

この病気の詳細を調べる

「股部白癬」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が11件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。