新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
しつかんせつねんざ

膝関節捻挫

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

膝関節捻挫(ひざかんせつねんざ)とは、膝の関節に大きな外力が加わることで、レントゲン写真に写る骨以外の組織であり、関節を制動する靭帯、腱、軟骨、半月板に損傷が起こることを指します。膝の靭帯がゆるんだり断裂したりしている状態を、「膝靭帯損傷(ひざじんたいそんしょう)」と呼びます。

膝には以下4つの靭帯があり、外力の方向により損傷する靭帯も異なります。

  • 膝前十字靭帯(ぜんじゅうじじんたい)
  • 膝後十字靭帯
  • 外側側副靭帯(がいそくそくふくじんたい)
  • 内側側副靱帯

このうち、膝の外側から内側に向けて外力がかかること(膝が内にはいるような肢位)で受傷する内側側副靱帯損傷の発症頻度がもっとも高く、膝の内側から外側に向けて外力がかかることによる外側側副靭帯損傷は単独では起こりにくいことが知られています。

また、膝関節のなかにある前十字靭帯を損傷した場合は、他の靭帯の損傷とは異なり保存療法では治りにくいため、手術療法を選択することが多くなっています。外力の大きさや方向などによっては、上記の複数の靭帯が損傷することもあります。

膝関節捻挫は、たとえ強い自覚症状がない場合でも、放置してしまうと膝関節の不安定性が生じ、次第に関節軟骨が摩耗する変形性関節症などにつながることがあります。そのため、膝に強く負荷がかかったあと、痛みや腫れなどがある場合には、安静にし、医療機関で適切な治療を受けることが大切です。

原因

膝関節捻挫は、スポーツ活動中などに、膝関節に対して直接的あるいは間接的に外力が加わることで起こります。

膝関節に直接的に外力が加わる場合とは

サッカーやラグビーなどのコンタクトスポーツにおいて、相手選手のタックルを受け、膝をひねったときなどに、膝前十字靭帯損傷が起こりやすいとされています。

膝関節に間接的に外力が加わる場合とは

バスケットボールやバレーボールなどのジャンプ着地時、走行中に急な方向転換を行ったとき、スキーなどでツイストしたときなどに、膝関節捻挫が起こることがあります。

スポーツのほか、交通事故や転倒も、膝関節捻挫のきっかけとなります。

症状

膝関節捻挫の主な症状は、痛みと腫れです。靭帯の損傷の程度が重いほど、痛みや腫れも強く出る傾向があります。ただし、損傷していても痛みが現れにくい靭帯もあるため、痛みが少ないから軽症だと自己判断することなく、医療機関で適切な検査と治療を受けることが大切です。

捻挫をした直後から数週間に現れる症状

一般的には、捻挫をしてから3週間ほど、急性期と呼ばれる期間では、痛みのほかに関節の可動域制限が生じ、関節を思うように動かせない状態が続きます。また、腫れは血液が溜まることで起こるため(関節血症)、外力を受けた直後よりも時間を経てから目立ってくることがあります。これらの症状は急性期を過ぎると軽くなっていき、日常生活への支障はほとんどなくなっていきます。

急性期を過ぎてから現れる症状

損傷部位によっては、急性期を過ぎた後に、膝のぐらつきを自覚することがあります。また、日常生活には支障がなくても、スポーツ活動中に膝くずれなどの不安定感を自覚するようになり、大きな膝崩れでは痛みや腫れが生じる場合もあります。このような症状を放置してしまうと、膝の半月板損傷(はんげつばんそんしょう)や軟骨損傷などが生じ、慢性的な痛みや腫れの原因となることもあるため注意が必要です。

検査・診断

正確な診断のためには、問診時に捻挫をしたときの状況や、外力のかかった向きなどの情報を詳しく伝えることが大切です。また、靭帯がどの程度緩んでいるかを数値で計測できる機器が使われることもあります。このほか、触診やMRI検査(画像検査のひとつ)により、圧痛の有無や関節の不安定性の有無、靭帯の損傷の程度や半月板損傷の有無などを確認します。
 

治療

膝関節捻挫の治療には、手術を行わず装具などを使う保存療法と手術療法があります。

保存療法

膝関節捻挫のなかでも高頻度で起こる内側側副靭帯損傷の場合、保存療法で治癒する例が多くみられます。保存療法としては、患部の安静と痛みの緩和を目的としたギプス固定や、可動域の訓練を目的とした膝装具(サポーター)による治療などが行われます。受傷後、早い段階から膝装具を装着し、痛みがない範囲で関節を動かす訓練を行うことで、筋力低下を抑えることができます。

手術療法

膝前十字靭帯損傷は保存療法で治癒する可能性は低いため、スポーツの続行を希望される患者さんなどに対しては、多くの場合手術療法が選択されます。一般的に行われている手術は、患者さんご本人の腱などを採取し、損傷した靭帯を再建する「再建術」です。靭帯再建術では、患者さんの体への負担を軽減するために、関節鏡と呼ばれる内視鏡が用いられることが一般的です。

術後は半年から1年ほどかけ、アスレティックリハビリテーションと呼ばれるスポーツ復帰のためのリハビリテーションが行われます。

「膝関節捻挫」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。