かびんせいはいえん

過敏性肺炎

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

過敏性肺炎とは、粉塵や化学物質の繰り返しの吸入によりアレルギー反応を起こすことを原因として発症する肺炎です。通常、肺炎というと細菌やウイルスなどの感染症をきっかけとして発症することが多いですが、過敏性肺炎では感染症は原因となりません。過敏性肺炎を引き起こすアレルギー性物質としては、トリコスポロンと呼ばれるカビであることが多く、夏に多くみられる傾向があります。

症状としては乾いた咳が中心ですが、アレルギー物質から遠ざかることで症状は改善することが特徴的です。アレルギー性疾患としての側面を持つ病気であるため、治療の中心は原因物質からの回避であり、症状に応じてステロイドなどを使用することになります。

原因

過敏性肺炎は、環境中に存在する粉塵や化学物質に対してアレルギー反応を起こすことを原因として発症します。アレルギー反応を引き起こすアレルゲンとしては、カビの一種類である「トリコスポロン」と呼ばれるものが多いです。トリコスポロンはカビであることから想像されるように、高温多湿の環境中で大量に発生することがあります。したがって、トリコスポロンを原因とする過敏性肺炎は、夏場、水気の多い場所(台所や風呂場)で多くの時間を過ごすことで発症します。このタイプの過敏性肺炎を、「夏型過敏性肺炎」と呼びます。

また、加湿器にもカビは潜むことがあり、「加湿器肺」と呼ばれるタイプの過敏性肺炎を起こします。その他、干し草に潜む好熱性放線菌による「農夫肺」、鳥類の排泄物による「鳥飼肺」等として知られる過敏性肺炎があります。さらに細菌や真菌、動物性タンパクや化学物質など、100種類以上のものがアレルゲンになりうるとの報告もあります。 以上のように原因となるアレルゲンはさまざまですが、過敏性肺炎がアレルギー反応として発症するということは共通しています。

症状

過敏性肺炎の症状は、肺炎に関連した乾いた咳や息切れ、呼吸困難、発熱などが中心です。過敏性肺炎は、アレルゲンに暴露されると症状が増悪し、アレルゲンから遠ざかると症状が改善することも特徴です。そのため、入院をすると肺炎の症状が改善するが、退院して帰宅すると(すなわちアレルゲンが多く存在する環境に再度戻ると)、症状が再燃する、といった臨床経過をとることも特徴的です。

過敏性肺炎で最も多い原因としてはトリコスポロンといったカビですので、季節的に夏だけ慢性的に症状が生じることもあります。肺炎で一般的に多い原因は細菌やウイルスを始めとした感染症ですが、感染症の場合はこうした変動は来しません。

検査・診断

過敏性肺炎では、問診において増悪寛解を繰り返す状況を把握することが診断のきっかけになることがあります。たとえば羽毛布団の使用歴や鳥の飼育歴、職業歴などです。また、感染症をきっかけとして発症する肺炎では痰がらみの咳が多いですが、過敏性肺炎では乾いた咳であることが多いです。このことを反映して聴診所見でも「fine crackle(小水疱音)」と呼ばれる、乾いた異常呼吸音が聴診されることになります。

過敏性肺炎では、胸部単純レントゲン写真や胸部CTといった画像検査が行われます。感染性の肺炎では肺胞性病変を示唆した画像所見を示すことが多いですが、過敏性肺炎ではこれとは異なり「スリガラス陰影」と呼ばれる所見を示します。

また、原因となる物質を同定するために、血液検査を用いて抗体を検索します。吸入して症状を誘発させる「抗原吸入誘発試験」や「環境誘発試験」、「抗原回避試験」などが行われることもあります。抗原吸入誘発試験は実際に原因となるアレルゲンを使用するため、急激な呼吸状況の悪化を伴う検査です。そのため、専門的な医療施設で検査を受けることが重要です。

治療

感染症が原因である肺炎では抗生物質や抗ウイルス薬が治療薬の中心となりますが、過敏性肺炎ではこうした薬剤は効果がありません。過敏性肺炎の治療の基本は、原因となるアレルゲンの同定と、アレルゲンからの暴露回避です。カビが原因であることが疑われるときには、引っ越しや大掃除をすることも求められます。羽毛布団の鳥抗原が原因であれば、羽毛布団を使用中止します。加湿器のカビが疑われるときには、加湿器の使用を中止します。

症状が強い場合には、アレルギー反応を抑制させるためのステロイドが投与されることもあります。さらに呼吸状態が悪化しているときには、酸素投与を始めとした呼吸機能のサポートを行うことがあります。また、職業柄など事情により完全なアレルゲン回避が出来ない場合には、ステロイドの内服を継続することがあります。

急性期の間に過敏性肺炎を対処することで治療予後は大きく期待できます。しかし過敏性肺炎が慢性化すると、肺の組織障害が繰り返されてしまい、「線維化」といった不可逆的な病変が残存する危険性もあります。この状況を避けるためにも、症状をみながらステロイドを継続し、状況によっては免疫抑制剤が使用されることもあります。

「過敏性肺炎」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が11件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

過敏性肺炎を得意な領域としている医師