かびんせいちょうしょうこうぐん

過敏性腸症候群

別名:IBS
大腸・小腸

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

過敏性腸症候群とは、検査を行っても炎症や潰瘍といった器質的(生体の器官を形づくっている構造的・形態的な性質に関わる)疾患が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛、腹部膨満感などの下腹部の不快な症状が起こり持続するものをいいます。インターネット上では「IBS」と検索されていることも多いようです。

命にかかわる病気ではありませんが、突然起こる腹痛や下痢、腹部の不快感などにより、生活の質(QOL:Quality of life)を低下させます。

過敏性腸症候群は、20~40歳代に多くみられます。先進国に多い病気であり、日本においては10~15%程度の方にみられるというデータもあります。男性と女性では、1:1.6でやや女性に多くみられ、男性は慢性的な下痢を繰り返す下痢型、女性は慢性的な便秘を呈する便秘型が多いとされます 。

原因

過敏性腸症候群の明らかな原因はいまだ(2017年現在)不明ですが、大腸や小腸など消化管の運動異常や知覚過敏、精神的なストレス等が関係しているとされ、複数の要因が組み合わさることで発症すると考えられています。

また、急性の感染性腸炎にかかったことをきっかけにして、過敏性腸症候群が起こりうるということも知られるようになりました。一方、過敏性腸症候群の症状を悪化させる原因としては、ストレスや生活習慣などが指摘されています。

症状

過敏性腸症候群は、メインとなる症状によって下痢型、便秘型、混合型(下痢と便秘が交互に繰り返す)、分類不能型に分類されます。

下痢型

突然に起こる腹痛や下痢を特徴とします。外出時に便意や腹痛をきたすことで、通勤や通学、外出に支障をきたしてしまうことがあります。大腸の蠕動(ぜんどう)運動が過剰となることで、大腸における便の水分吸収が不十分となり、軟便や下痢をきたします。

便秘型

便秘を主な症状とするタイプです。腸が緊張状態となる(痙攣性(けいれんせい))ことで大腸の蠕動運動が減少し便秘となります。さらに、便が長時間にわたって大腸に停滞することで過剰な水分吸収が起こり、水分の少ないコロコロとした硬い便となります。

混合型(下痢と便秘を交互に繰り返す)

下痢と便秘の症状を、数日ごとに交互に繰り返すタイプをいいます。

分類不能型

上記どれにも分類できないタイプをいいます。

検査・診断

過敏性腸症候群の診断には、自覚症状に基づいて診断する「RomeⅣ基準」(世界的な診断基準)を用います。繰り返す腹痛が最近3か月間のうち概ね少なくとも1週間に1回以上あり、かつ下記3つの症状のうち2つ以上に当てはまる場合に、過敏性腸症候群であると診断します。

  • 腹痛は排便に関係づけられる
  • 排便頻度の変化を伴う
  • 便形状の変化を伴う

ただし、過敏性腸症候群と似たような症状が現れる病気として、細菌性・ウイルス性の腸炎や、潰瘍性大腸炎、クローン病といった病気、また大腸のがんなどがあり、臨床的な検査(血液検査や便の検査、レントゲン検査、胃カメラ・大腸カメラなど)を行い、他の病気がないかどうかを評価することも大切です。

治療

過敏性腸症候群は、生活習慣(食習慣や睡眠などのライフスタイル)の乱れや、精神的なストレスなどで症状が悪くなることが多いため、まずは生活習慣の改善やストレスの軽減を図ります。運動療法も症状改善に有効とされます。また、症状のタイプ(病型)に合わせて薬物治療を行っていきます。

食事療法

炭水化物や、脂肪分の多い食物をとることが症状を悪化させるきっかけとなることがあるため、控えるようにします。また、香辛料やアルコール、コーヒーが症状悪化に関係していることもあり、その場合には控えるよう心がけます。

下痢に対しては、適量の食物繊維をとるようにしながら、下痢を引き起こすような冷たい飲み物や牛乳の過剰な摂取は避けるようにします。便秘に対しては、食物繊維を積極的にとり、便の量や硬さを整えるように心がけます。

運動療法

適度な運動を行うことで、腸の動きを整えます。また、運動することによってストレス解消にもなり、過敏性腸症候群の発症や悪化の原因となるストレスを軽減させることができます。

薬物療法

生活習慣の改善で症状がよくならない場合には、薬物治療を行います。使用される薬剤には下記のようにいくつか種類があり、症状や体質、生活リズムに合わせて選択し、治療するなかで最も適切な薬を見つけていきます。

セロトニン3受容体拮抗薬

腸に存在するという神経伝達物質であるセロトニンをコントロールすることで、過敏性腸症候群の症状を改善します。主に下痢型過敏性腸症候群の治療に使用されます。以前は男性にのみ使用されていましたが、近年では女性に対しても使用される薬剤です。女性のほうが副作用としての便秘を起こしやすいといわれています。

高分子重合体

便に含まれる水分量を調整し、便の形や硬さを整えます。下痢型にも、便秘型にも使用されます。

消化管運動調整薬

下痢型にも便秘型にも使用します。下痢に対しては腸の動きを抑制し、便秘に対しては腸の動きを活発にすることで効果を発揮します。

乳酸菌製剤

腸内環境を整え、下痢や便秘、また腹部の不快な症状を改善します。

緩下剤(かんげざい)(酸化マグネシウム®、ラキソベロン® )

便秘型に対して使用されます。便の水分を増やして柔らかくしたり、腸を刺激したりして便を出しやすくします。

止瀉薬(ししゃやく)

下痢型に対して、下痢がひどいときなどに頓服(とんぷく:症状が出たときに服用すること)で用いることがあります。

漢方薬

漢方を用いた治療では、下痢型や便秘型といった病型や、体質(体力や冷えの有無など)に合わせて処方が選択されます。

抗不安薬

腸に対して作用する薬の効果が乏しいときや、うつ症状や不安が強い(トイレに行けない不安など)場合に、少量から使用することがあります。

【PR】胃痛・胃もたれ・便秘など、症状別おすすめ胃腸薬(LOHACO)

「過敏性腸症候群」に関連する他の記事
もっと見る