クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Testicle
陰嚢水腫
陰嚢水腫とは、陰嚢(いんのう)の周りに水が溜まり、その結果、外からみたときに陰嚢が腫れてみえる状態を指します。主に新生児期にみられることが多い病気ですが、1歳までに自然治癒することも少なくありま...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
精巣

陰嚢水腫いんのうすいしゅ

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

陰嚢水腫とは、陰嚢(いんのう)の周りに水が溜まり、その結果、外からみたときに陰嚢が腫れてみえる状態を指します。主に新生児期にみられることが多い病気ですが、1歳までに自然治癒することも少なくありません。また、新生児期に限らず、怪我や炎症などをきっかけとしてどの年齢層でも生じる可能性はあります。原因や年齢等を加味しつつ、必要に応じて手術にて治療が行われます。

原因

陰嚢水腫は、発生年齢に応じて原因が異なっています。新生児期からみられる陰嚢水腫は、赤ちゃんが産まれる前、つまりお母さんの体内において発生しています。精巣は、生後には陰嚢の中に納まっているのですが、体内ではお腹の中で形成されます。

お腹の中で形成された精巣は、週数が進むにつれて徐々に精巣の中に移動します。この過程において、精巣は「精巣漿膜(せいそうしょうまく)」と呼ばれる一枚の薄皮で包まれることになります。通常は、精巣と精巣漿膜は密着しているのですが、密着がうまくいかずに両者の間に水が入り込むことがあります。この結果、陰嚢水腫が発症します。

一部の陰嚢水腫では、精巣漿膜に大きな穴が空いておらず、お腹の中と空間的なつながりを持っていないものがあります。このように空間的にお腹の中と断絶されている陰嚢水腫の場合は、水が吸収されるにつれて、自然に治癒することが期待できます。しかし、その一方で、水の溜まっている空間とお腹の中が大きくつながっている場合もあります。この場合には、水は増える可能性もありますし、お腹の中の臓器(たとえば腸管)が陰嚢の中に入り込み鼠径ヘルニアを発生することもあります。

成人を含むより年長の陰嚢水腫においては、炎症や怪我などが原因となります。炎症は精巣や精巣上体と呼ばれる部位に感染症(特に性感染症)をきっかけに生じることがあり、結果として陰嚢水腫が発生します。

症状

新生児から乳児期にみられる陰嚢水腫に伴う症状は、陰嚢が腫れているということ以外はほとんどありません。大きな陰嚢水腫では、水が増えるにつれて精巣が圧迫されることになり、痛み生じることもあります。その場合は、不機嫌になるなどのサインがみられます。また、感染症に伴う陰嚢水腫の場合においては、炎症による痛みを訴えるようになります。

産まれつきの陰嚢水腫については、1歳までに自然治癒することが期待できます。症状がない疾患ではありますが、その他の陰嚢に腫れをきたす病気を除外することが大切です。たとえば、鼠径ヘルニアを生じている場合には、腸管が狭い部位に入り込むことに伴う鼠径部の腫れや痛みを生じます。また、陰嚢全体が赤くなったり、不機嫌で泣き続けたりするなどの症状も現れるようになります。また、同じく陰嚢が腫れて痛みを伴う病気には、精巣捻転(せいそうねんてん)といったものもあります。精巣捻転では、数時間単位で症状が増悪することになり、速やかな治療介入が必要です。

検査・診断

精巣が腫れる病気として、陰嚢水腫や鼠径へルニア、精巣炎、精巣状態炎などがあります。これらの疾患と区別するために、精巣にペンライトで光を当てることがあります。陰嚢水腫においては陰嚢の中身が水分であることを反映して、陰嚢全体が赤く透けて見えます(透光性と呼びます)が、その他の疾患において透光性はみられません。

陰嚢水腫をより確実に診断するために、エコーによる画像検査が行われることもあります。エコーを用いて観察することで、陰嚢の周辺に水が貯留していることがより明確に確認されます。また、感染症に伴う陰嚢水腫であることが疑われるときには、血液検査などで感染症を確認することもあります。

 

治療

1歳までの陰嚢水腫については、自然に治癒することが期待できます。しかし、水腫が増大傾向にある場合や、1歳を超えても陰嚢水腫が続く場合には、お子さんの精神的な成長過程を見極めながら、手術をすることが検討されます。また、鼠径へルニアを認めるときにはそれ自体が腸閉塞を引き起こすリスクを伴うため、発見次第早いタイミングで手術を行うことがあります。

成人における陰嚢水腫は自然消失しますが、乳児の場合と同じく、増大傾向にある場合や精巣の圧迫感などの違和感を伴う場合には、治療介入が検討されます。一般的な手術の方法は、鼠径へルニアに対しての手術と同様、陰嚢や鼠径部に数cmの小さな切開を入れて行われます。日帰りによる手術も可能です。以前は、針を用いて陰嚢に溜まった水分を取り出す手技が行われることもあったようですが、現在は子どもに恐怖心を与える可能性や、再発率の問題などから、ほとんど行われることがなくなってきています。

陰嚢水腫の記事を読む

陰嚢水腫の記事にご協力いただいている医師