神奈川県立がんセンター 泌尿器科 部長

日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・泌尿器科指導医 日本癌治療学会 会員

岸田 健 きしだ たけし 先生

  • 神奈川県
  • 泌尿器科

横浜市立大学附属病院准教授を経て、現在は神奈川県立がんセンターにおいて泌尿器科部長を務める精巣腫瘍の第一人者の一人。様々なアウトリーチ活動も精力的に行い、「家庭の医学」においても執筆を担当している。

基本情報

診療科

  • 泌尿器科

受診可能な病気と得意な領域

その他の得意な領域

  • 泌尿器科全般
  • 精巣疾患

資格・所属学会

日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・泌尿器科指導医
日本癌治療学会 会員

役職など

  • 日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 腎癌研究会 世話人
  • 日本緩和医療学会 泌尿器症状ガイドライン委員
  • 米国泌尿器科学会 会員
  • 神奈川県立がんセンター 泌尿器科 部長

所属病院

医療記事

来歴等

略歴

1987年 横浜市立大学医学部 卒業
1987年 横浜市立大学医学部附属病院 研修医
1989年 横須賀共済病院 泌尿器科
1991年 大和市立病院 泌尿器科
1993年 横浜市立大学医学部附属病院 泌尿器科学 助手
1993年 米国国立がん研究所 研究員(癌関連遺伝子の探索および機能解析)
1996年 横浜市立大学医学部付属病院 泌尿器科学 助手
1999年 横浜市立大学医学部 泌尿器科学学内 講師
2001年 横浜市立大学医学部 泌尿器科学講座 講師
2005年 横浜市立大学医学部 泌尿器科学 准教授
2007年 横浜市立大学附属市民総合医療センター病院 泌尿器科 准教授
2008年 神奈川県立がんセンター 泌尿器科 医長
2013年 神奈川県立がんセンター 泌尿器科 部長

論文

  • Kishida T, YaoM, Chen F, Orcutt ML, Lerman MI, Zbar B: A novel donor splice site mutation associated with two mRNAs in von Hippel-Lindau disease. Hum Mol Genet 3: 1991-1992, 1994.

  • Kishida T, Chen F, Lerman MI Zbar B: Detection of germline mutations in the von Hippel-Lindau disease gene by the polymerase chain reaction with modified primers. J Med Genet 32: 938-941, 1995.

  • Kishida T, StackhauseT, ChenF, LermanMI ZbarB: Cellular Proteins That Bind the von Hippel-Lindau Disease Gene Product: Mapping of Binding Domains and the Effect of Missense Mutations. Cancer Res 55:4544-4548, 1995.

  • Foster RE, Abdulrahman M, Morris MR, Prigmore E, Gribble S, Ng B, Gentle D, Ready S, Weston PM, Wiesener MS, Kishida T, Yao M, Davison V, Barbero JL, Chu C, Carter NP, Latif F, Maher ER. Characterization of a 3;6 translocation associated with renal cell carcinoma. Genes Chromosomes Cancer 46(4): 311-7. 2006

  • Murakami T, Sano F, Huang Y, Komiya A, Baba M, Osada Y, Nagashima Y, Kondo K, Nakaigawa N, Miura T, Kubota Y, Yao M, Kishida T. Identification and characterization of Birt-Hogg-Dube associated renal carcinoma.J Pathol. 2007 Feb 26;211(5):524-531 Significance of thcg assay in the management of testicular cancer--the possibility of a standard assay in testicular cancer as an alternative to FbetahCG assay. Nippon Hinyokika Gakkai Zasshi. 2007 Jan;98(1):23-9. Japanese.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。