新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

和歌山県立医科大学 産科婦人科 教授

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医・代議員 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医・代議員 日本癌学会 会員 日本癌治療学会 会員 日本臨床細胞学会 会員

井箟 一彦 いのう かずひこ 先生

和歌山県立医科大学では、全ての婦人科がん患者さんに医学的根拠に基づいた説明・診療を徹底しており、患者さんとの強い信頼関係を築いている。また絨毛性疾患の取扱い規約や治療ガイドラインの確立に尽力し、全国の患者さんの相談・診療を行っている。日本産科婦人科学会のHPVワクチンに関する委員会の委員を務め、子宮頸がん予防のためのワクチンと検診に関するエビデンスに基づく医療情報の提供と啓発活動に尽力している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 産科
  • 婦人科
  • 婦人科腫瘍学
  • 腫瘍免疫学
  • 胎盤病理学
  • 絨毛性疾患

資格・学会・役職

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医・代議員
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医・代議員
日本癌学会 会員
日本癌治療学会 会員
日本臨床細胞学会 会員
  • 和歌山県立医科大学 産科婦人科 教授
  • 日本胎盤学会 理事
  • 日本妊娠高血圧学会 代議員
  • 日本絨毛性疾患研究会 代表世話人

所属病院

和歌山県立医科大学附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ・膠原病科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 和歌山県和歌山市紀三井寺811-1
  • きのくに線「紀三井寺駅」 バスの場合:和歌山バス 「医大病院」下車すぐ 徒歩10分
  • 073-447-2300
和歌山県立医科大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1987年3月  東京医科大学 卒業
1993年3月  名古屋大学大学院医学研究科修了 医学博士取得
1994年6月  ネブラスカ大学メディカルセンター病理学微生物学部門博士研究員
1996年8月  岐阜県立多治見病院 産婦人科医長
1998年7月  名古屋大学大学院医学系研究科 助手(産婦人科学教室)
2001年5月  名古屋大学大学院医学系研究科 講師(産婦人科学教室)
2007年11月 名古屋大学大学院医学系研究科 准教授(産婦人科学教室)
2010年4月  和歌山県立医科大学 教授(産科婦人科学教室)

論文

  • 1.Changes in the gene mutation profiles of circulating tumor DNA detected using CAPP-Seq in neoadjuvant chemotherapy-treated advanced ovarian cancer. Oncol Lett. 2020 ;19:2713-2720.

    Noguchi T, Sakai K, Iwahashi N, Matsuda K, Matsukawa H, Yahata T, Toujima S, Nishio K, Ino K.

  • 2.C-Mannosyl tryptophan increases in the plasma of patients with ovarian cancer. Oncology Letters 19: 908-916, 2020.

    Iwahashi N, Inai Y, Minakata S, Sakurai S, Manabe S, Ito Y, Ino K, Ihara Y.

  • 3.Liquid biopsy-based comprehensive gene mutation profiling for gynecological cancer using CAncer Personalized Profiling by deep Sequencing. Sci Rep. 2019 ; 9:10426.

    Iwahashi N, Sakai K, Noguchi T, Yahata T, Matsukawa H, Toujima S, Nishio K, Ino K.

  • 4.Short term outcomes of helical tomotherapy during concurrent chemoradiotherapy for advanced cervical cancer. Mol Clin Oncol. 2019 ;10:382-386.

    Mabuchi Y, Takiguchi Y, Yahata T, Mizoguchi M, Sasaki N, Ota N, Minami S, Ino K.

  • 5.Programmed cell death ligand 1 disruption by clustered regularly interspaced short palindromic repeats/Cas9-genome editing promotes antitumor immunity and suppresses ovarian cancer progression. Cancer Sci 2019; 110:1279-1292.

    Yahata T, Mizoguchi M, Kimura A, Orimo T, Toujima S, Kuninaka Y, Nosaka M, Ishida Y, Sasaki I, Fukuda-Ohta Y, Hemmi H, Iwahashi N, Noguchi T, Kaisho T, Kondo T, Ino K.

  • 6.Calreticulin regulates syncytialization through control of the synthesis and transportation of E-cadherin in BeWo cells. Endocrinology 160, 359-374, 2019.

    Iwahashi N, Ikezaki M, Matsuzaki I, Yamamoto M, Toujima S, Murata SI, Ihara Y, Ino K.

  • 7.Prevention of lipopolysaccharide-induced preterm labor by the lack of CX3CL1-CX3CR1 interaction in mice. PLoS One. 2018 Nov 6;13(11):e0207085.

    Mizoguchi M, Ishida Y, Nosaka M, Kimura A, Kuninaka Y, Yahata T, Nanjo S, Toujima S, Minami S, Ino K, Mukaida N, Kondo T.

  • 8.A comprehensive gene mutation analysis of liquid biopsy samples from patients with metastatic colorectal cancer to the ovary: A case report. Oncol Lett. 2018 ;16:6431-6436.

    Iwahashi N, Sakai K, Noguchi T, Yahata T, Toujima S, Nishio K, Ino K.

  • 9.Calreticulin is involved in invasion of human extravillous trophoblasts through functional regulation of integrin β1. Endocrinology. 2017 ;158:3874-3889.

    Yamamoto M, Ikezaki M, Toujima S, Iwahashi N, Mizoguchi M, Nanjo S, Minami S, Ihara Y, Ino K.

  • 10.Levels of serum-circulating angiogenic factors within 1 week prior to delivery are closely related to conditions of pregnant women with pre-eclampsia, gestational hypertension, and/or fetal growth restriction. J Obstet Gynaecol Res. 2017; 43 : 1805-1814.

    Nanjo S, Minami S, Mizoguchi M, Yamamoto M, Yahata T, Toujima S, Shiro M, Kobayashi A, Muragaki Y, Ino K.

  • 11.Usefulness of the primary tumor SUVmax on preoperative FDG-PET/CT as a prognostic indicator for patients with gynecologic cancers. J Clin Obstet Gynecol Infertility 1(2) 1008, 1-4, 2017.

    Ino K, Yahata T, Horiuchi Y, Yagi S, Mabuchi Y.

  • 12.Rapidly progressing large-cell neuroendocrine carcinoma arising from the uterine corpus: A case report and review of the literature. Mol Clin Oncol. 2017 ;6:881-885.

    Kobayashi A, Yahata T, Nanjo S, Mizoguchi M, Yamamoto M, Mabuchi Y, Yagi S, Minami S, Ino K.

  • 13.Downregulation of indoleamine 2, 3-dioxygenase expression in the villous stromal endothelial cells of placentas with preeclampsia. J Reprod Immunol 119:54-60, 2017.

    Iwahashi N, Yamamoto M, Nanjo S, Toujima S, Minami S, Ino K.

  • 14.Prognostic impact of primary tumor SUVmax on preoperative 18F-fluoro-2-deoxy-D-glucose positron emission tomography and computed tomography in endometrial cancer and uterine carcinosarcoma. Mol Clin Oncol 5: 467-474, 2016.

    Yahata T, Yagi S, Mabuchi Y, Tanizaki Y, Kobayashi A, Yamamoto M, Mizoguchi M, Nanjo S, Shiro M, Ota N, Minami S, Terada M, Ino K.

  • 15.Primary tumor SUVmax on preoperative FDG-PET/CT is a prognostic indicator in stage IA2-IIB cervical cancer patients treated with radical hysterectomy. Mol Clin Oncol 5: 216-222, 2016.

    Yagi S, Yahata, T, Mabuchi Y, Tanizaki Y, Kobayashi A, Shiro M, Ota N, Minami S, Terada M, Ino K.

  • 16.Large uterine pyomyoma in a perimenopausal female: A case report and review of 50 reported cases in the literature. Mol Clin Oncol 5: 527-531, 2016.

    Iwahashi N, Mabuchi Y, Shiro M, Yagi S, Minami S, Ino K.

  • 17.AG490, a Jak2 inhibitor, suppressed the progression of murine ovarian cancer. Eur J Pharmacol. 2015 ;766: 63-75.

    Kobayashi A, Tanizaki Y, Kimura A, Ishida Y, Nosaka M, Toujima S, Kuninaka Y, Minami S, Ino K, Kondo T.

  • 18.Clinicopathologic factors of cervical adenocarcinoma stages IB to IIB. Int J Gynecol Cancer. 2015 ;25:1677-1682.

    Mabuchi Y, Yahata T, Kobayashi A, Tanizaki Y, Shiro M, Ota N, Yagi S, Minami S, Ino K.

  • 19.Indoleamine 2,3-dioxygenase promotes peritoneal metastasis of ovarian cancer via inducing immunosuppressive environment. Cancer Sci 105: 966-973, 2014.

    Tanizaki Y, Kobayashi A, Toujima S, Shiro M, Mizoguchi M, Mabuchi Y, Yagi S, Minami S, Takikawa O, Ino K.

  • 20.Diagnostic value of preoperative SUVmax on FDG-PET/CT for the detection of ovarian cancer. Int J Gynecol Cancer 24 :454-460, 2014

    Tanizaki Y, Kobayashi A, Shiro M, Ota N, Takano R, Mabuchi Y, Yagi S, Minami S, Terada M, Ino K.

  • 21.Role of the immune tolerance-inducing molecule indoleamine 2,3-dioxygenase in gynecologic cancers. J Cancer Sci Ther 2012, 4: S13:1-5.

    Ino K, Tanizaki Y, Kobayashi A, Toujima S, Mabuchi Y, Minami S.

  • 22.Indoleamine 2,3-dioxygenase and immune tolerance in ovarian cancer. Curr Opin Obstet Gynecol 23:13-18, 2011.

    Ino K.

  • 23.Role of the renin-angiotensin system in gynecologic cancers. Curr Cancer Drug Targets 11:405-411, 2011.

    Ino K, Shibata K, Yamamoto E, Kajiyama H, Nawa A, Mabuchi Y, Yagi S, Minami S, Tanizaki Y, Kobayashi A, Kikkawa F.

著書

  • 1.『婦人科癌診療Q&A 一つ上を行く診療の実践』 (鈴木直, 岡本愛光, 井箟一彦編). 中外医学社, 東京, 2014.

  • 2.Ino K. Prevention of cervical cancer: Era of HPV testing and vaccination. In Konishi I ed. Precision Medicine in Gynecology and Obstetrics, pp87-99, Springer, Heidelberg, Germany, 2017.

  • 3.井箟一彦. 4絨毛性疾患 2 分子標的治療薬/免疫チェックポイント阻害薬. 『婦人科腫瘍治療アップデート』(岡本愛光 編). P187-194, 中外医学社, 東京, 2020.

  • 4.井箟一彦. 絨毛性疾患の発生と病理診断.  『産科婦人科臨床 series collection 5悪性腫瘍 6章絨毛性疾患』(藤井知行、八重樫伸生 編). P261-270. 中山書店, 東京, 2020.

  • 5.井箟一彦. 絨毛性腫瘍の免疫寛容と標的免疫治療in 『基礎と臨床の両側面からみた胎盤学』(日本胎盤学会編). p414-419, メジカルビュー社, 東京, 2019.

  • 6.井箟一彦、園村哲郎. 13絨毛性疾患.  『JSAWI発 一冊でわかる婦人科腫瘍の画像診断』(片渕秀隆、揖靖 編). P95-97. 文光堂, 東京, 2019.

  • 7.井箟一彦. 20-23絨毛性腫瘍 (婦人科疾患). 『私の治療2019-20年度版』. p1309-1311. 日本医事新報社, 東京, 2019.

  • 8.井箟一彦. 絨毛性疾患trophoblastic disease. 『今日の治療指針2018』(福井次矢ら 編). P1327-1329, 医学書院, 東京, 2018.

  • 9.井箟一彦. 絨毛性疾患trophoblastic disease. 『今日の診断指針第7版』(金澤一郎、永井良三 編). p1805-1808, 医学書院, 東京, 2015.

  • 10.井箟一彦, 谷崎優子. 68.絨毛性疾患の管理. 『婦人科診療ハンドブック』(杉山徹ら 編). p425-432, 中外医学社, 東京, 2014.

  • 11.井箟一彦. 絨毛性疾患trophoblastic disease. 『今日の治療指針2014』(福井次矢ら 編). p1181-1183, 医学書院, 東京, 2014.

  • 12.井箟一彦. 絨毛性疾患(胞状奇胎を含む). 『産科婦人科疾患最新の治療2013-2015』(吉川史隆ら 編). p247-249, 南江堂, 東京, 2013.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。