新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

子宮頸がんの術後の経過観察では何が行われるの?~日常生活での注意点や再発の割合とは~

子宮頸がんの術後の経過観察では何が行われるの?~日常生活での注意点や再発の割合とは~
井箟 一彦 先生

和歌山県立医科大学 産科婦人科 教授

井箟 一彦 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

子宮頸(しきゅうけい)がんの治療はステージ分類に基づいて決定され、主に手術療法と放射線療法・化学療法(抗がん剤治療)が行われます。また、放射線と抗がん剤を同時に並行して行う(同時化学放射線療法)ことも多いです。このような治療法はステージ分類だけではなく、組織型や年齢、合併症や治療後の挙児希望の有無などさまざまな条件を考慮して総合的に判断されます。

子宮頸がんに限りませんが、手術でがんを取り除いたとしても再発のリスクはあり、術後も自分の病状を十分に知って、定期的に通院して経過観察を行うことが大切です。では、子宮頸がんの術後の経過観察はどのようなことが行われるのでしょうか。また、再発の可能性はどの程度あるのでしょうか。

※本記事は一般医療ライターが執筆し、当該領域専門医の監修のもと掲載している情報です。

子宮頸がんの手術後は、がんの再発や転移を早期発見したり、術後の合併症や後遺症がないかどうかを確認したりする目的で経過観察が行われます。以下では、子宮頸がん手術後の経過観察の間隔や検査内容などについて解説します。

子宮頸がんの標準的な経過観察の間隔の目安は、1~2年目は1~3か月ごと、3年目は3~6か月ごと、4~5年目は6か月ごと、それ以降は1年ごととなります。

子宮頸がんの再発の多くは骨盤内で起こるため、経過観察中は内診や経腟エコー検査、腟の奥の細胞診が行われます。CTやMRI、PETといった画像検査は、再発が疑われる際に精密検査として行われます。治療前の血液中の腫瘍(しゅよう)マーカー検査(SCC、CEACA125など)で高い値が見られた場合には、治療後も血液検査で経過をフォローしていきます。

妊孕性温存を希望して子宮頸部の円錐切除を受けられた場合は、まれに残した子宮に再発する可能性があるので、子宮頸部の定期的な細胞診検査は必須です。円錐切除後、1年ぐらい再発がなければ、妊娠が許可されます。なお円錐切除後に妊娠をされた場合は、早産の率が通常より高くなるといわれており、妊婦健診の際にも注意が必要になります。

規則正しい生活を送ることで、体調の維持や回復を図ることができます。禁煙、節度のある飲酒、適度な運動などを日常的に心がけることが大切です。

なお、術後の注意点は、治療内容や手術の種類、患者の状態によっても異なります。そのため、詳細については必ず医師に確認するようにしましょう。以下では、術後に注意したい症状や行動を解説します。

子宮を広範囲に切除する広汎子宮全摘などの手術を受けた場合は、排尿機能に関わる神経も切除することがあるため、排尿障害がおこることがあります。たとえば、尿意を感じにくくなったり、尿意があってもうまく排出することができなくなったりします。ただし、通常は排尿の訓練や必要に応じて排尿をしやすくするお薬の内服などにより、術後数週間から数か月程度でほどんの方は尿意の感覚が回復しますが、まれに長期にわたって排尿がしにくいままの方もいます。また、手術後に便意の調子が悪くなることも、まれに起こります。

50歳より前に子宮とともに卵巣を摘出した場合には、卵巣欠落症状が見られることがあります。卵巣欠落症状とは、のぼせや発汗、イライラなどを感じたり、腟が炎症を起こしたり、尿漏れが生じたり、骨粗鬆症などを引き起こすことをいいます。この場合は、必要に応じてホルモン剤などの投与をうけることもあります。

リンパ節をとる手術を受けた場合は、リンパの流れが停滞してしまうため、下肢のむくみ(リンパ浮腫)がおこることがあります。そのため、長く立ち続けることを避け、疲れたら自分で足のマッサージをするなど日常生活で気をつける必要があります。

子宮摘出の手術を受けた後であっても性行為をすることは可能です。ただし、手術直後は性行為により出血しやすくなったり、感染症にかかりやすくなったりすることが懸念されるため、いつ頃から性行為をしてよいか主治医、もしくは看護師に確認するようにしましょう。

子宮頸がんが再発する場合、再発のタイミングはおよそ75%が治療から2~3年以内です。ただし、治療から5年以上経過してから再発する方もまれにいるため、治療後は前述のとおり定期的な経過観察を継続して行うことが大切です。

また、一般に子宮頸がんのI期まででリンパ節転移がなければ、90%程度またはそれ以上の生存率であり、再発はまれですが、はじめからリンパ節転移があるケースやII期以上になると、進行とともに再発率も高くなります。

子宮頸がんの手術で子宮を全摘した場合でも、目に見えない小さながんが残っている可能性があります。そのため、子宮があった場所やその周辺の骨盤内に再発するケースもあるほか、子宮より遠い位置にある臓器にがんが転移して再発するケースもあります。遠隔再発する部位としては、肺や傍大動脈(ぼうだいどうみゃく)リンパ節、胸部や鎖骨周囲のリンパ節、骨などがあります。

自分が手術を受ける際に、それがどのような手術なのか、またその先の治療計画を知らないままだと手術に際して不安になりがちです。医師は患者の年齢や希望、がんの状態などを考慮したうえで適切な治療を選択しますが、これから受ける手術や術後の治療計画は医師だけではなく、本人も十分に理解することが非常に大切です。そのため、手術や術後の生活や治療について疑問点や不安がある場合には、医療者に相談し、説明を受けるようにしましょう。

受診について相談する
  • 和歌山県立医科大学 産科婦人科 教授

    井箟 一彦 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が28件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「子宮頸がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。