新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

奈良県立医科大産婦人科学教室 准教授

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医 日本臨床細胞学会 細胞診専門医・教育研修指導医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医 日本血栓止血学会 血栓止血認定医

川口 龍二 かわぐち りゅうじ 先生

公開日
2020/06/23

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 産科
  • 婦人科
  • 川口先生の子宮頸がんに関する得意な領域
    • 手術療法(開腹手術・ロボット手術)
    • がん化学療法
    • 集学的治療
  • 川口先生の子宮体がんに関する得意な領域
    • 手術療法(開腹手術・ロボット手術)
    • がん化学療法
    • 集学的治療
  • 川口先生の卵巣がんに関する得意な領域
    • 手術療法(開腹手術)
    • がん化学療法

資格・学会・役職

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医・教育研修指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
日本血栓止血学会 血栓止血認定医
  • 奈良県立医科大産婦人科学教室 准教授
  • 日本婦人科腫瘍学会 代議員
  • 母体保護法指定医
  • 日本臨床細胞学会奈良県支部 理事
  • ダヴィンチ(ロボット手術)術者 サーティフィケート
  • 近畿産科婦人科学会 理事
  • 近畿産科婦人科学会生殖内分泌・女性ヘルスケア研究部会 委員
  • 奈良県産婦人科医会 評議員
  • 産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編2017/2020 作成委員・幹事

所属病院

奈良県立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 奈良県橿原市四条町840
  • 近鉄橿原線「八木西口駅」 徒歩10分 万葉まほろば線「畝傍駅」 徒歩11分
  • 0744-22-3051
奈良県立医科大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1996年 奈良県立医科大学 卒業
2002年 奈良県立医科大学大学院 卒業
2003年 奈良県立医科大学 博士(医学)取得
2004年 奈良県立医科大学産婦人科 助手
2007年 静岡県立静岡がんセンター婦人科 副医長
2009年 奈良県立医科大学産婦人科 助教
2015年 奈良県立医科大学産婦人科 講師
2019年 奈良県立医科大学産婦人科 准教授

論文

  • Guidelines for office gynecology in Japan: Japan Society of Obstetrics and Gynecology (JSOG) and Japan Association of Obstetricians and Gynecologists (JAOG) 2017 edition. J Obstet Gynaecol Res. 2019 Jan 24.

    Kawaguchi R, Matsumoto K, Akira S, Ishitani K, Iwasaku K, Ueda Y, Okagaki R, Okano H, Oki T, Koga K, Kido M, Kurabayashi T, Kuribayashi Y, Sato Y, Shiina K, Takai Y, Tanimura S, Chaki O, Terauchi M, Todo Y, Noguchi Y, Nose-Ogura S, Baba T, Hirasawa A, Fujii T, Fujii T, Maruyama T, Miyagi E, Yanagida K, Yoshino O, Iwashita M, Maeda T, Minegishi T, Kobayashi H.

  • Magnetic resonance imaging findings for discriminating clear cell carcinoma and endometrioid carcinoma of the ovary. J Ovarian Res. (2019) 12:20

    Morioka S, Kawaguchi R, Yamada Y, Iwai K, Yoshimoto C, Kobayashi H.

  • Clinicopathological Characteristics of Atypical Glandular Cells Determined by Cervical Cytology in Japan: Survey of Gynecologic Oncology Data from the Obstetrical Gynecological Society of Kinki District, Japan. Gynecologic Cytopathology Received: January 21, 2019 Accepted after revision: February 13, 2019 Published online: May 2, 2019

    Toyoda S, Kawaguchi R, Kobayashi H.

  • Search for conditions to avoid parametrectomy during radical hysterectomy for cervical cancer. Journal of Obstetrics and Gynaecology Research

    Ito F, Sugiura A, Toyoda S, Itani Y, Iwai K, Yamada Y, Tanase Y, Kawaguchi R, Kobayashi H, Kita T.

  • Long-Term Follow-Up after Surgical Management for Atypical Endometriosis: A Series of Nine Cases. Case Rep Oncol. 2019 Jan 21;12(1):76-83. DOI: 10.1159/000496178. eCollection 2019 Jan-Apr.

    Tanase Y, Kawaguchi R, Uchiyama T, Kobayashi H.

  • Preoperative plasma D-dimer level is a useful prognostic marker in ovarian cancer. J Obstet Gynaecol. 2019 Jul 23:1-5. DOI: 10.1080/01443615.2019.1606176.

    Yamada Y, Kawaguchi R, Iwai K, Niiro E, Morioka S, Tanase Y, Kobayashi H.

  • Subtype I (intrinsic) adenomyosis is an independent risk factor for dienogest-related serious unpredictable bleeding in patients with symptomatic adenomyosis. Sci Rep. 2019 Nov 27;9(1):17654.

    Matsubara S, Kawaguchi R, Akinishi M, Nagayasu M, Iwai K, Niiro E, Yamada Y, Tanase Y, Kobayashi H.

  • Analysis of risk factors for lymphatic metastasis in endometrial carcinoma and utility of three-dimensional magnetic resonance imaging in gynecology. World J Oncol. 2018;9(3):74-79.

    Tanase Y, Takahama J, Kawaguchi R, Kobayashi H.

  • Skin–mucous membrane disorder and therapeutic effect ofpegylated liposomal doxorubicin in recurrent ovarian cancer. J Obstet Gynaecol Res. 2017.Jul;43(7):1194–1199.

    Yamada Y, Kawaguchi R, Ito F, Iwai K, Niiro E, Shigetomi H, Tanase Y, Kobayashi H.

  • Factors that Differentiate between Endometriosis-associated Ovarian Cancer and Benign Ovarian Endometriosis with Mural Nodules. Magn Reson Med Sci. Published Online: 2017 Aug 21, DOI:10.2463/mrms.mp.2016-0149 2018.Jul;17(3):231-237

    Tanase Y, Kawaguchi R, Takahama J, Kobayashi H.

  • Efficacy and safety of venous thromboembolism prophylaxis with fondaparinux in women at risk after cesarean section. Obstet Gynecol Sci. 2017 Nov; 60(6): 535-541.

    Kawaguchi R, Haruta S, Kobayashi H.

  • Venous Thromboembolism during Pregnancy and Postpartum:Study in a Tertiary Hospital. Int J Pregn & Chi Birth 2016 Aug;1(1):0001

    Kawaguchi R, Haruta S, Kobayashi H.

  • Sequential screening to predict symptomatic pulmonary thromboembolism after gynecologic surgery in Nara, Japan. Int J Gynaecol Obstet. 2016Jan;132(1)42-5 2015 Oct 1.

    Haruta S, Kawaguchi R, Hirai T, Kobayashi H.

  • Addition of aprepitant to standard therapy for prevention of nausea and vomiting among patients with cervical cancer undergoing concurrent chemoradiotherapy. Int J Gynaecol Obstet. 2015 Dec;131(3):312-3.

    Kawaguchi R, Tanase Y, Haruta S, Yoshida S, Furukawa N, Kobayashi H.

  • Evaluation of the relation between patient characteristics and the state of chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients with gynecologic cancer receiving paclitaxel and carboplatin. Arch Gynecol Obstet. 289(4):859-64, 2014

    Furukawa N, Akasaka J, Shigemitsu A, Sasaki Y, Nagai A, Kawaguchi R, Kobayashi H.

  • Comparison of Neoadjuvant Intraarterial Chemotherapy Versus Concurrent Chemoradiotherapy in Patients With Stage IIIB Uterine Cervical Cancer. W J Oncol. 4(6): 221-9, 2013

    Kawaguchi R, Nakamura H, Morioka S, Huminori Ito, Tanase Y, Haruta S, Kanayama S, Yoshida S, Furukawa N, Oi H, Kobayashi H.

  • Risk factors for wound complications after surgery for gynecologic malignancies. Int J Gynecol Cancer. 23(8):1501-5, 2013

    Akasaka J, Furukawa N, Shigemitsu A, Kanayama S, Kawaguchi R, Kobayashi H.

  • Posttreatment cut-off levels of squamous cell carcinoma antigen as a prognostic factor in patients with locally advanced cervical cancer treated with radiotherapy. J Gynecol Oncol. 24(4):313-20, 2013

    Kawaguchi R, Furukawa N, Kobayashi H, Asakawa I.

  • CA-125 cut-off value as a predictor for complete interval debulking surgery after neoadjuvant chemotherapy in patients with advanced ovarian cancer. J Gynecol Oncol. 24(2):141-5, 2013

    Furukawa N, Sasaki Y, Shigemitsu A, Akasaka J, Kanayama S, Kawaguchi R, Kobayashi H.

  • Phase II study of carboplatin and weekly irinotecan combination chemotherapy in recurrent ovarian cancer: a Kansai clinical oncology group study (KCOG0330). Anticancer Res. 33(3):1073-9, 2013

    Tsubamoto H, Kawaguchi R, Ito K, Shiozaki T, Takeuchi S, Itani Y, Arakawa A, Tabata T, Toyoda S.

  • Cut-off value of D-dimer for prediction of deep venous thrombosis before treatment in ovarian cancer. J Gynecol Oncol. 23(2):98-102 2012

    Kawaguchi R, Furukawa N, Kobayashi H.

  • Paclitaxel plus Carboplatin Chemotherapy for Primary Peritoneal Carcinoma: A Study of 22 Cases and Comparison with Stage III-IV Ovarian Serous Carcinoma. Case Rep Oncol. 5(1):173-80, 2012

    Kawaguchi R, Tanase Y, Haruta S, Nagai A, Yoshida S, Furukawa N, Ooi H, Kobayashi K.

  • Signaling pathway involved in cyclooxygenase-2 up-regulation by hepatocyte growth factor in endometrial cancer cells. Oncol Rep. 26(4):957-64, 2011

    Yoshizawa Y, Yamada Y, Kanayama S, Shigetomi H, Kawaguchi R, Yoshida S, Nagai A, Furukawa N, Oi H, Kobayashi H.

  • Evaluation of the vessels of the cardinal ligament by transrectal ultrasonography with color Doppler imaging. J Clin Ultrasound. 39(9):502-5, 2011

    Furukawa N, Kawaguchi R, Kajihara H, Kobayashi H.

  • Clinicopathologic features of ovarian cancer in patients with ovarian endometrioma. J Obstet Gynaecol Res. 34(5):872-7, 2008

    Kawaguchi R, Tsuji Y, Haruta S, Kanayama S, Sakata M, Yamada Y, Fujita H, Saito H, Tsuneto K, Kobayashi H.

  • Molecular structure and function analysis of bikunin on down-regulation of tumor necrosis factor-alpha expression in activated neutrophils. Cytokine. 42(2):191-7, 2008

    Kanayama S, Yamada Y, Onogi A, Shigetomi H, Ueda S, Tsuji Y, Haruta S, Kawaguchi R, Yoshida S, Sakata M, Sado T, Kitanaka T, Oi H, Yagyu T, Kobayashi H.

  • Ovarian endometrioma--risks factors of ovarian cancer development. Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol. 138(2):187-93, 2008

    Kobayashi H, Sumimoto K, Kitanaka T, Yamada Y, Sado T, Sakata M, Yoshida S, Kawaguchi R, Kanayama S, Shigetomi H, Haruta S, Tsuji Y, Ueda S, Terao T.

  • Bikunin suppresses expression of pro-inflammatory cytokines induced by lipopolysaccharide in neutrophils. J Endotoxin Res. 13(6):369-76, 2007

    Kanayama S, Yamada Y, Onogi A, Shigetomi H, Ueda S, Tsuji Y, Haruta S, Kawaguchi R, Yoshida S, Sakata M, Sado T, Kitanaka T, Oi H, Yagyu T, Kobayashi H.

  • Hepatocyte growth factor induces anoikis resistance by up-regulation of cyclooxygenase-2 expression in uterine endometrial cancer cells. Oncol Rep. 19(1):117-22, 2008

    Kanayama S, Yamada Y, Kawaguchi R, Tsuji Y, Haruta S, Kobayashi H.

  • Aging impairs the protective effect of magnesium supplementation on hypertension in spontaneously hypertensive rats. Magnes Res. 20(3):196-9, 2007

    Sado T, Oi H, Sakata M, Yoshida S, Kawaguchi R, Kanayama S, Shigetomi H, Haruta S, Tsuji Y, Ueda S, Kitanaka T, Yamada Y, Kobayashi H.

著書

  • 川口龍二,小林 浩:血栓止血の臨床―研修医のために[第2版] 5. 血栓性疾患 静脈血栓塞栓症の予防(産婦人科領域). 日本血栓止血学会誌 2019.2;30(1):76-80.

  • 川口龍二,小林 浩:産婦人科外来パーフェクトガイド-いまのトレンドを逃さずチェック!【症状編】代表的な症状からの疾患鑑別<婦人科外来>卵巣の腫大 臨床婦人科産科 2018.4;72(4):30-35

  • 川口龍二, 小林 浩:ガイドラインのすき間を埋める!臨床医マエストロの技 GQ27婦人科がん症例の血栓症対策のknacks and pitfallsは? 産婦人科の実際 2017.8;66(11):1521-1528

  • 小林 浩, 大井豪一, 古川直人, 吉田昭三, 川口龍二, 金山清二, 成瀬勝彦, 春田祥治, 棚瀬康仁, 重富洋志, 常見泰平, 赤坂珠理晃, 植栗千陽, 小池奈月. 産婦人科研修ハンドブック第2版. 小林 浩. 海馬書房. page23-24, page 147-150, page 245-246, page 247-254, page 262-263, page 290-301, page 351, 2014

  • 川口 龍二, 小林 浩. 【プロメテウス 婦人科がん最新医療】 婦人科がん治療における血栓症対策. 産婦人科の実際 62巻12号: 岡本愛光. 金原出版株式会社. page2060-2064, 2013

  • 森川 肇, 川口 龍二. 【周産期の栄養と食事】 産科編 妊娠中の栄養と食事 胎児のための栄養と食事. 周産期医学 35巻増刊: 東京医学社, page73-77, 2005

その他

  • 【シンポジウム】川口龍二:「妊娠中の婦人科腫瘍の取り扱い―画像診断が与えるインパクト―」妊娠中の婦人科腫瘍の取り扱いについて、臨床医の立場から 第38回日本画像医学会 東京 2019年3月8-9日

  • 【シンポジウム】川口龍二(座長):学術推進委員会(SPC)シンポジウム1 癌と血栓部会 「臨床データからみた癌患者における血栓研究のすすめ〜本邦での未検討領域を明確に〜」 第37回日本血栓止血学会学術集会 山梨 2015年5月21-23日

  • 【シンポジウム】川口龍二,小林 浩:婦人科腫瘍におけるがん関連血栓症の取り扱いについて 第26回肺塞栓症研究会 東京 2019年11月30日

  • 【シンポジウム】川口龍二、小林 浩.産婦人科領域における貯血式自己血輸血の現状と問題点 第62回日本輸血・細胞治療学会総会~EBMに基づく輸血・細胞治療~ 奈良 2014年5月15-17日

  • 【シンポジウム】川口龍二. [ 婦人科腫瘍と静脈血栓塞栓症 基礎から臨床まで ] SY2-1. 婦人科腫瘍における静脈血栓塞栓症のスクリーニングとリスク因子の解析. 第54回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 東京 2013年7月19-21日

  • 【シンポジウム】川口龍二. 当科における静脈血栓塞栓症の現状と対策についてー肺塞栓症による死亡患者ゼロをめざしてー. 第20回日本産婦人科・新生児血液学会 浜松 2010年6月25-26日

  • 【シンポジウム】川口龍二. [妊婦の血栓症] 産科領域における静脈血栓塞栓症(1)~PTEに対するt-PA使用経験を中心に~. 第18回日本産婦人科・新生児血液学会 福岡 2008年6月27-28日

  • 【シンポジウム】春田祥治, 山田嘉彦, 川口龍二, 大井豪一, 小林 浩. D-dimer と下肢エコーによる肺血栓塞栓症予防の試み. 第31回日本血栓止血学会学術集会 大阪 2008年11月20-22日

  • 【シンポジウム】川口龍二:当科における急性肺動脈血栓塞栓症の治療経験―産婦人科領域でのt-PAの使用例― 第31回日本外科系連合学会学術集会 金沢市 2006年6月22-23日

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。