新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

奈良県立医科大学附属病院 玉井進記念四肢外傷センター 准教授

日本整形外科学会 整形外科専門医・指導医 日本手外科学会 手外科専門医 日本形成外科学会 会員 日本骨折治療学会 会員 日本肘関節学会 会員

河村 健二 かわむら けんじ 先生

公開日
2020/04/07

奈良県立医科大学整形外科と米国ミシガン大学形成外科で手の外科とマイクロサージャリーの研鑽を積む。2016年からは奈良県立医科大学玉井進記念四肢外傷センター准教授に就任し、マイクロサージャリーを駆使した四肢外傷治療の臨床と研究で活躍している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科
  • 河村先生の骨髄炎に関する得意な領域
    • 遊離複合組織移植術
  • 河村先生の手根管症候群に関する得意な領域
    • 関節鏡下手根管開放術
  • 【診療科】手の外科
  • 【疾患】切断指
  • 【治療法】再接着、皮弁移植術
  • 【疾患】腕神経叢損傷
  • 【治療法】神経移行術、筋肉移植術
  • 【疾患】偽関節
  • 【治療法】血管柄付き骨移植術

資格・学会・役職

日本整形外科学会 整形外科専門医・指導医
日本手外科学会 手外科専門医
日本形成外科学会 会員
日本骨折治療学会 会員
日本肘関節学会 会員
  • 奈良県立医科大学附属病院 玉井進記念四肢外傷センター 准教授
  • 日本マイクロサージャリー学会 評議員
  • 中部日本整形外科災害外科学会 評議員
  • 中部日本手外科研究会 運営委員
  • 近畿手外科研究会 世話人
  • 米国手外科学会
  • 国際手外科学会
  • 日本手外科学会 代議員

所属病院

奈良県立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 奈良県橿原市四条町840
  • 近鉄橿原線「八木西口駅」 徒歩10分 万葉まほろば線「畝傍駅」 徒歩11分
  • 0744-22-3051
奈良県立医科大学附属病院

来歴等

略歴

1999年 奈良県立医科大学医学部 卒業
1999年 奈良県立医科大学整形外科 臨床研修医
2005年 米国ミシガン大学形成外科 研究員
2006年 奈良県立医科大学院卒業 医学博士取得
2007年 奈良県立医科大学救急医学 助教
2010年 市立奈良病院四肢外傷センター 医長
2016年 奈良県立医科大学玉井進記念四肢外傷センター 准教授

論文

  • Clinical application of free soleus and peroneal perforator flaps. Plast Reconstr Surg. 2005;115(1):114-9.

    Kawamura K, et al.

  • Coverage of great toe defects after wrap-around flap transfer with a free soleus perforator flap. J Reconstr Microsurg. 2005;21(4):225-9.

    Kawamura K, el.

  • Anatomy of Y-shaped configurations in the subscapular arterial system and clinical application to harvesting flow-through flaps. Plast Reconstr Surg. 2005;116(4):1082-9.

    Kawamura K, et al.

  • Plexiform schwannoma of the ulnar nerve. Scand J Plast Reconstr Surg Hand Surg. 2005;39(1):120-2.

    Kawamura K, et al.

  • Pisiform and hamate coalition: case report and review of literature. Hand Surg. 2005;10(1):101-4.

    Kawamura K, et al.

  • Experimental study of vascularized tissue engineered bone grafts. Plast Reconstr Surg. 2006;117(5):1471-9.

    Kawamura K, et al.

  • Fixation choices for closed simple unstable oblique phalangeal and metacarpal fractures. Hand Clin. 2006;22(3):287-95.

    Kawamura K, et al.

  • Management of wrist injuries. Plast Reconstr Surg. 2007;120(5):73e-89e.

    Kawamura K, et al.

  • Restoration of elbow function with pedicled latissimus dorsi myocutaneous flap transfer. J Shoulder Elbow Surg. 2007;16(1):84-90.

    Kawamura K, et al.

  • Long-term outcomes of flap transfer for treatment of intractable venous stasis ulcers in the lower extremity. J Reconstr Microsurg. 2007;23(4):175- 9.

    Kawamura K, et al.

  • Treatment of scaphoid fractures and nonunions. J Hand Surg Am. 2008;33(6):988-97.

    Kawamura K, et al.

  • Constriction band syndrome. Hand Clin. 2009;25(2):257-64.

    Kawamura K, et al.

  • Vascularized scapular grafting for treatment of osteonecrosis of the humeral head. J Reconstr Microsurg. 2008;24(8):559-64.

    Kawamura K, et al.

  • Wrist arthrodesis with vascularized fibular grafting. J Reconstr Microsurg. 2009;25(8):501-5.

    Kawamura K, et al.

  • Floating distal interphalangeal joint injury: case report. J Hand Surg Am. 2010;35(9):1463-5.

    Kawamura K, et al.

  • Septic arthritis of the wrist caused by Mycobacterium intracellulare: a case report. Case Reports Plast Surg Hand Surg. 2016;3(1):79-82.

    Kawamura K, et al.

  • Salvage of an osteocutaneous fibula flap with a variant perforator of skin paddle in lower leg reconstruction. J Reconstr Microsurg Open 2017;2(2):e90-e93.

    Kawamura K, et al.

  • Free peroneal artery perforator-based flap for soft tissue reconstruction of the finger. J Reconstr Microsurg Open 2017;2(2):e136-e139.

    Kawamura K, et al.

著書

  • 【共著】今日の治療指針 四肢血管・神経損傷、医学書院 2020年

  • 【共著】整形外科Surgical Technique Books 6 舟状骨新鮮骨折 、メディカ出版、2019年

  • 【共著】今日の治療指針 切断肢・指再接着、医学書院 2018年

  • 【共著】OS NEXUS No.3 手前腕の軟部組織欠損、メジカルビュー社、2015年

  • 【共著】整形外科手術イラストレイテッド上腕・肘・前腕の手術 正中神経麻痺に対する 機能再建術、中山書店、2015年

  • 【共著】Orthoplastic Surgery-四肢再建手術の実際- 手関節周囲の血管柄付き骨移植、 克誠堂出版、2013年

  • 【共著】OS NOW Instruction 26 多発外傷における軟部組織損傷のダメージコントロール オルソペディックス、メジカルビュー社、2013年

  • 【共著】OS NOW Instruction 23 皮弁-有茎皮弁, 遊離皮弁-、メジカルビュー社、2012 年

  • 【共著】骨折プレート治療マイスター 橈骨遠位端骨折、メジカルビュー社、2012年

  • 【共著】Hand and Upper Extremity Reconstruction; Surgical procedures for the distal radius and distal radioulnar joint、Elsevier、2009年

  • 【共著】Plastic Surgery: indication and practice; Wrist fractures、Elsevier、2009年

  • 【共著】Master Techniques in Orthopaedic Surgery, Soft Tissue Surgery; Pedicled and free latissimus flap for elbow and forearm coverage、Lippincott Williams & Wilkins、2009年

その他

  • 【受賞】2005年 第104回中部日本整形外科災害外科学会奨励賞

  • 【受賞】2012年 第29回中部日本手外科研究会 Best young investigator’s award

  • 【受賞】2013年 日本マイクロサージャリー学会Traveling Fellow選出

  • 【受賞】2013年 日本マイクロサージャリー学会40周年記念学術集会 優秀演題賞

  • 【受賞】2014年 第40回日本骨折治療学会賞

  • 【受賞】2018年 アジア太平洋整形外科学会Young Ambassador選出

  • 【受賞】2018年 米国手外科学会Harold E. Kleinert Traveling Fellow選出

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。