新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

奈良県立医科大学 放射線・核医学科 学内講師

日本医学放射線学会 会員 日本IVR学会 代議員 日本脈管学会 評議員 日本下肢救済・足病学会 会員 日本心臓血管内視鏡学会 会員 日本血管外科学会 会員

市橋 成夫 いちはし しげお 先生

公開日
2020/07/15

京都府立医科大学を卒業し同附属病院で研修の後、滋賀県・岡山県で画像診断とIVR全般の修練を積む。そ後、奈良県立医科大学附属病院で放射線科医、IVR医として臨床・教育・研究を行っている。2013年から2015年にかけて、米国ニューヨーク州オルバニーメディカルセンター、ドイツRWTHアーヘン大学に留学し、最新の大動脈瘤ステントグラフト治療や末梢動脈ステント治療について学んできた。安全かつ奈良県民の皆様に寄り添った医療を提供できるよう、日々精進している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 放射線科
  • 市橋先生の大動脈瘤に関する得意な領域
    • 大動脈ステントグラフト治療
    • 血管内治療 (EVT、ステント留置術)
    • IVR
  • 【疾患名】大動脈解離
  • 【疾患名】閉塞性動脈硬化症 (下肢動脈や腎動脈など動脈硬化全般))
  • 【疾患名】重症下肢虚血
  • 【疾患名】透析シャント不全
  • 【治療方法】大動脈ステントグラフト治療
  • 【治療方法】血管内治療 (EVT、ステント留置術)
  • 【治療方法】IVR
  • 【得意な領域・分野・研究】大動脈、末梢動脈イメージング、ABI測定による大動脈瘤検出

資格・学会・役職

日本医学放射線学会 会員
日本IVR学会 代議員
日本脈管学会 評議員
日本下肢救済・足病学会 会員
日本心臓血管内視鏡学会 会員
日本血管外科学会 会員
  • 奈良県立医科大学 放射線・核医学科 学内講師

所属病院

奈良県立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 奈良県橿原市四条町840
  • 近鉄橿原線「八木西口駅」 徒歩10分 万葉まほろば線「畝傍駅」 徒歩11分
  • 0744-22-3051
奈良県立医科大学附属病院

来歴等

略歴

2003年 京都府立医科大学附属病院放射線科 医員
2005年 済生会滋賀県病院放射線科 医員
2006年 倉敷中央病院 医員
2009年 奈良県立医科大学放射線科 医員
2012年 奈良県立医科大学放射線科 助教
2013年 ドイツRWTHアーヘン大学Applied Medical Engineering部門 研究員
2018年 奈良県立医科大学放射線科 学内講師

論文

  • Simplified Endovascular Deep Venous Arterialization for Non-option CLI Patients by Percutaneous Direct Needle Puncture of Tibial Artery and Vein Under Ultrasound Guidance (AV Spear Technique). Cardiovasc Intervent Radiol. 2020 Feb;43(2):339-343.

    Ichihashi S, Shimohara Y, Bolstad F, Iwakoshi S, Kichikawa K.

  • Multicentre randomised controlled trial to evaluate the efficacy of pre-emptive inferior mesenteric artery embolisation during endovascular aortic aneurysm repair on aneurysm sac change: protocol of Clarify IMA study. BMJ Open. 2020 Feb 16;10(2):e031758.

    Ichihashi S, Takahara M, Fujimura N, Nagatomi S, Iwakoshi S, Bolstad F, Kichikawa K.

  • Balloon-oriented puncture for creating an access for endovascular aortic aneurysm repair in a case of iliac and femoral artery occlusion. CVIR Endovasc. 2020 May 11;3(1):25.

    Ichihashi S, Nagatomi S, Iwakoshi S, Inagaki M, Bolstad F, Kichikawa K.

  • Management of Renal Arteries in Conjunction with Thoracic Endovascular Aortic Repair for Complicated Stanford Type B Aortic Dissection: The Japanese Multicenter Study (J-Predictive Study). Radiology. 2020 Feb;294(2):455-463.

    Iwakoshi S, Dake MD, Irie Y, Katada Y, Sakaguchi S, Hongo N, Oji K, Fukuda T, Matsuda H, Kawasaki R, Taniguchi T, Motoki M, Hagihara M, Kurimoto Y, Morikage N, Nishimaki H, Sueyoshi E, Inoue K, Shimizu H, Ideta I, Higashigawa T, Ikeda O, Miyamoto N, Nakai M, Nakai T, Ichihashi S, Inoue T, Inoue T, Yamaguchi M, Tanaka R, Kichikawa K.

  • Vessel calcification as a risk factor for in-stent restenosis in complex femoropopliteal artery lesions after Zilver PTX paclitaxel-coated stent placement. J Endovasc Ther. 2019

    Ichihashi S, Shibata T, Fujimura N, Nagatomi S, Yamamoto H, Kyuragi R, Adachi A, Iwakoshi S, Bolstad F, Saeki K, Obayashi K, Kichikawa K.

  • Measuring the greater curvature length of virtual stent graft can provide accurate prediction of stent graft position for thoracic endovascular aortic repair. J Vasc Surg. 2018 Oct 24. pii: S0741-5214(18)32106-2. doi: 10.1016/j.jvs.2018.07.068.

    Iwakoshi S, Ichihashi S, Inoue T, Inoue T, Sakuragi F, Sakaguchi S, Kichikawa K.

  • Zilver PTX Post-market Surveillance Study of Paclitaxel-Eluting Stents for Treating Femoropopliteal Artery Disease in Japan: 2-Year Results. Cardiovasc Intervent Radiol. 2018 Nov 8. doi: 10.1007/s00270-018- 2110-1.

    Kichikawa K, Ichihashi S, Yokoi H, Ohki T, Nakamura M, Komori K, Nanto S, O'Leary EE, Lottes AE, Snyder SA, Dake MD.

  • Bio-based covered stents: the potential of biologically-derived membranes. Tissue Eng Part B Rev. 2018 Oct 12. doi: 10.1089/ten.TEB.2018.0207. [Epub ahead of print]

    Ichihashi S, Fernández-Colino A, Wolf F, Rojas González DMM, Kichikawa K, Jockenhoevel S, Schmitz-Rode T, Mela P.

  • Contemporary critical limb ischemia: Asian multidisciplinary consensus statement on the collaboration between endovascular therapy and wound care. Cardiovasc Interv Ther. 2018 Apr 13. doi: 10.1007/s12928-018-0523-z. [Epub ahead of print]

    Kawarada O, Zen K, Hozawa K, Ayabe S, Huang HL, Choi D, Kim SH, Kim J, Kato T, Tsubakimoto Y, Nakama T, Ichihashi S, Fujimura N, Higashimori A, Fujihara M, Sato T, Yan BP, Pang SY, Wongwanit C, Leong YP, Chua B, George RK, Yokoi Y, Motomura H, Obara H.

  • Preliminary Evaluation of Aortic Aneurysm Screening Using Oscillometric Device Equipped With Novel Algorithm Analyzing Pulse Wave Transfer. Circ J. 2017; 82: 334-339.

    Ichihashi S, Hashimoto T, Iwakoshi S, Obayashi K, Saeki K, Kichikawa K.

  • In Vitro Quantification of Luminal Denudation After Crimping and Balloon Dilatation of Endothelialized Covered Stents. Cardiovasc Intervent Radiol. 2017; 40: 1229-1236.

    Ichihashi S, Wolf F, Schmitz-Rode T, Kichikawa K, Jockenhoevel S, Mela P.

  • Combination of pulse volume recording (PVR) parameters and ankle-brachial index (ABI) improves diagnostic accuracy for peripheral arterial disease compared with ABI alone. Hypertens Res. 2016; 39: 430-4.

    Hashimoto T, Ichihashi S, Iwakoshi S, Kichikawa K.

  • Clinical outcomes of thoracic endovascular aneurysm repair using commercially available fenestrated stent graft (Najuta endograft). J Vasc Surg. 2015; 62: 1473-8.

    Iwakoshi S, Ichihashi S, Itoh H, Tabayashi N, Sakaguchi S, Yoshida T, Nakao Y, Kichikawa K.

  • Intravascular ultrasound assessment of acute expansion of the balloon-expandable stent in heavy calcified iliac artery lesions or in lesions resistant to dilation by a self-expanding stent. Ann Vasc Surg. 2014; 28: 1449-55.

    Ichihashi S, Higashiura W, Itoh H, Sakaguchi S, Kichikawa K.

  • Validation study of automated oscillometric measurement of the ankle-brachial index for lower arterial occlusive disease by comparison with computed tomography angiography. Hypertens Res. 2014; 37: 591-4.

    Ichihashi S, Hashimoto T, Iwakoshi S, Kichikawa K.

  • A decade of outcomes and predictors of sac enlargement after endovascular abdominal aortic aneurysm repair using zenith endografts in a Japanese population. J Vasc Interv Radiol. 2014; 25: 694-701.

    Iwakoshi S, Ichihashi S, Higashiura W, Itoh H, Sakaguchi S, Tabayashi N, Uchida H, Kichikawa K.

  • Technique of percutaneous direct needle puncture of calcified plaque in the superficial femoral artery or tibial artery to facilitate balloon catheter passage and balloon dilation of calcified lesions. J Vasc Interv Radiol. 2014; 25: 784-8.

    Ichihashi S, Sato T, Iwakoshi S, Itoh H, Kichikawa K.

  • Diagnosis and treatment of endoleak after thoracic endovascular aortic repair or endovascular aortic repair. Nihon Geka Gakkai Zasshi. 2014; 115: 84-9.

    Kichikawa K, Iwakoshi S, Ito H, Ichihashi S.

  • Role of the latest endovascular technology in the treatment of intermittent claudication. Ther Clin Risk Manag. 2014; 10: 467-74.

    Ichihashi S, Kichikawa K.

  • Iliac Artery Stent Placement Relieves Claudication in Patients with Iliac and Superficial Femoral Artery Lesions. Cardiovasc Intervent Radiol. 2013; 36: 623-8

    Ichihashi S, Higashiura W, Itoh H, Sakaguchi S, Kichikawa K.

  • Preliminary experience with superparamagnetic iron oxide-enhanced dynamic magnetic resonance imaging and comparison with contrast-enhanced computed tomography in endoleak detection after endovascular aneurysm repair. J Vasc Surg. 2013; 58: 66-72.

    Ichihashi S, Marugami N, Tanaka T, Iwakoshi S, Kurumatani N, Kitano S, Nogi A, Kichikawa K.

  • Catheter-based bailout techniques for an interrupted deployment of the excluder endograft due to broken deployment string. Ann Vasc Surg. 2013; 27: 801.e1-4.

    Ichihashi S, Higashiura W, Itoh H, Tabayashi N, Sakaguchi S, Kichikawa K.

  • Technical tips and procedural steps in endovascular aortic aneurysm repair with concomitant recanalization of iliac artery occlusions. SpringerPlus 2013; 2: 605.

    Uchiyamada JS, Ichihashi S, Iwakoshi S, Itoh H, Tabayashi N, Kichikawa K.

  • Fracture and Collapse of Balloon-Expandable Stents in the Bilateral Common Iliac Arteries Due to Shiatsu Massage. Cardiovasc Intervent Radiol. 2012; 35: 1500-4.

    Ichihashi S, Higashiura W, Itoh H, Sakaguchi S, Kichikawa K.

  • Long-term outcomes for systematic primary stent placement in complex iliac artery occlusive disease classified according to Trans-Atlantic Inter-Society Consensus (TASC)-II. J Vasc Surg. 2011; 53: 992-9.

    Ichihashi S, Higashiura W, Itoh H, Sakaguchi S, Nishimine K, Kichikawa K.

著書

  • 【共著】カラー口絵6.画像検査 d)大動脈・末梢血管,市橋成夫、吉川公彦、動脈硬化診療のす べて、金原出版株式会社、2019年16頁

  • 【共著】Ⅲ章検査法(検体、画像)3.画像検査 B.CT 岸田勇人、市橋成夫、吉川公彦、新臨 床静脈学、株式会社メジカルビュー社、2019年73~72頁

  • 【共著】第11章 血管内治療B.末梢血管2.バルーン血管形成術(含ステント治療),市橋成夫、吉 川公彦,臨床脈管学,日本医学出版、2017年182~186頁

  • 【共著】第29章 特殊な病態C.ステント内再狭窄・破損,市橋成夫、吉川公彦、,臨床脈管学,日 本医学出版、2017年345~346頁

  • 【共著】第1章6 エンドリークの診断 エンドリークの鑑別、市橋成夫、岩越真一、吉川公 彦、ステントグラフトの大技小技、メジカルビュー社、2017年75~77頁

  • 【共著】第1章 腹部 1 標準治療 EVARの標準的治療、吉川公彦、岩越真一、市橋成夫ス テントグラフトの大技小技、メジカルビュー社、2017年2~7頁

  • 【共著】第4章 管理・治療Endovascular aortic repair(EVAR)1.総論一般、吉川公彦、岩越真一 、市橋成夫、伊藤博文、阪口昇二、新しい診断と治療のABC 42/循環器6大動脈瘤・大 動脈解離改訂第2版、株式会社最新医学社、2013年209~221頁

  • 【共著】画像診断の進歩、吉川公彦、平井都始子、市橋成夫、伊藤博文、北野 悟、東浦 渉、 標準血管外科学Ⅳ日本血管外科学会教育セミナーテキスト、株式会社メディカルトリ ビューン、2013年44~49頁

  • 【共著】第VI章術中術後の追加手技 脚カニレーションと腎動脈カニュレーション1.脚カニュ レーション2.腎動脈カニュレーション、東浦 渉、市橋成夫、吉川公彦、腹部大動脈 瘤ステントグラフト内挿術マスターガイド2011年、101~104頁

特許

  • 特開2018-102670 上下肢の脈波波形から腹部大動脈瘤(AAA)を検出する原理 今村 美貴, 澤野井 幸哉, 小椋 敏彦, 宇津野 秀夫, 吉川 公彦, 市橋 成夫, 岩越 真一

その他

  • 【受賞】2011 Best Paper Awards: Japanese Society of Interventional Radiology

  • 【受賞】2017 中島佐一学術研究奨励賞

  • 【受賞】2017 第17回血圧脈波研究会最優秀演題

  • 【受賞】2019 日本医学放射線学会栗林研究奨励賞

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師