新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

奈良県立医科大学附属病院 前院長

日本麻酔科学会 麻酔科指導医・麻酔科専門医

古家 仁 ふるや ひとし 先生

1976年より麻酔科医師としてキャリアをはじめる。国立循環器病研究センター開設時より麻酔業務に携わり、1995年奈良県立医科大学麻酔科学教授に就任。心臓血管麻酔の専門家として臨床・研究を教育、指導し、日本麻酔科学会、日本心臓血管麻酔学会等の学会長、理事、監事などを歴任し、現在同学会等の名誉会員を務める。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 麻酔科
  • 麻酔科
  • ペインクリニック

資格・学会・役職

日本麻酔科学会 麻酔科指導医・麻酔科専門医
  • 奈良県立医科大学附属病院 前院長
  • 医学博士 取得
  • 日本心臓血管麻酔学会 認定専門医

所属病院

奈良県立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 奈良県橿原市四条町840
  • 近鉄橿原線「八木西口駅」 徒歩10分 万葉まほろば線「畝傍駅」 徒歩11分
  • 0744-22-3051
奈良県立医科大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1975年 大阪医科大学医学部 卒業
1975年 大阪大学医学部附属病院第二外科 研修医
1976年 同上麻酔科 研修医
1976年 大阪逓信病院麻酔科 医員
1977年 国立循環器病研究センター麻酔科 厚生技官
1985年 奈良県立医科大学麻酔科学教室 助教授
1995年 奈良県立医科大学麻酔科学教室 教授
2012年 奈良県立医科大学附属病院 病院長

論文

Effects of anesthetics on early postoperative cognitive outcome and intraoperative cerebral oxygen balance in patients undergoing lung surgery: a randomized clinical trial. Egawa J, Inoue S, Nishiwada T, Tojo T, Kimura M, Kawaguchi T, Taniguchi S, Furuya H, Kawaguchi M. Can J Anaesth. 2016 Oct;63(10):1161-9.

Improving the safety and quality of surgical patient care: what can we learn from quality management of industries? Kawaguchi M, Tanaka Y, Furuya H. J Anesth. 2015 Aug;29(4):485-6.

Effects of morphine and fentanyl on 5-fluorouracil sensitivity in human colon cancer HCT116 cells. Nomura Y, Kawaraguchi Y, Sugimoto H, Furuya H, Kawaguchi M. J Anesth. 2014 Apr;28(2):298-301.

Asymptomatic and symptomatic postoperative visual dysfunction after cardiovascular surgery with cardiopulmonary bypass: a small-sized prospective observational study. Hayashi H, Kawaguchi M, Okamoto M, Hasuwa K, Matsuura T, Taniguchi S, Furuya H.
J Cardiothorac Vasc Anesth. 2013 Oct;27(5):884-9.

Effects of diazepam and flumazenil on forebrain ischaemia in a rat model of benzodiazepine tolerance. Iwata M, Inoue S, Kawaguchi M, Furuya H. Br J Anaesth. 2012 Dec;109(6):935-42.

Anesthetic considerations for masticatory muscle tendon-aponeurosis hyperplasia: a report of 24 cases. Yamamoto I, Inoue S, Kawaguchi M, Kawakami T, Kirita T, Furuya H. Anesth Prog. 2012 Summer;59(2):87-9.

Evaluation of the neuroprotective effect of minocycline in a rabbit spinal cord ischemia model. Watanabe K, Kawaguchi M, Kitagawa K, Inoue S, Konishi N, Furuya H. J Cardiothorac Vasc Anesth. 2012 Dec;26(6):1034-8.

Comparison between computed tomography-myelography and radioisotope-cisternography findings in whiplash-associated disorders suspected to be caused by traumatic cerebrospinal fluid leak. Hashizume K, Watanabe K, Kawaguchi M, Fujiwara A, Furuya H. Spine (Phila Pa 1976). 2012 May 20;37(12):E721-6.

Changes in intraocular pressure during prone spine surgery under propofol and sevoflurane anesthesia. Sugata A, Hayashi H, Kawaguchi M, Hasuwa K, Nomura Y, Furuya H. J Neurosurg Anesthesiol. 2012 Apr;24(2):152-6.

A case of posterior reversible encephalopathy syndrome after emergence from anesthesia. Inoue S, Kawaguchi M, Furuya H. J Anesth. 2012 Feb;26(1):111-4.

著書

麻酔科医の一生、ライフスタイル.麻酔科研修ノート、診断と治療社、2010
EBM によるペインクリニック領域の漢方の使い方、ライフ・サイエンス、2009
麻酔の現状と展望-研修医と指導医のための質問、総合医学社、2009
標準麻酔科学 第5版、医学書院、2006 標準麻酔科学 第4版、医学書院、2002
消化器外科のすべて、メディカル出版、2011年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師