新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

奈良県立医科大学 手の外科学講座 教授

日本肘関節学会 会員 日本マイクロサージャリー学会 会員 中部日本整形災害外科学会 評議員 アメリカ手の外科学会 メンバー 国際手関節外科ワークショップ メンバー

面川 庄平 おもかわ しょうへい 先生

公開日
2020/08/12

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科
  • 【得意な領域】手外科、肘関節外科、マイクロサージャリー
  • 【疾患名】変形性手関節症【治療法】関節鏡視下手術
  • 【疾患名】手根骨壊死【治療法】血管柄付き組織移植術
  • 【疾患名】絞扼性神経障害【治療法】神経内視鏡手術
  • 【疾患名】指切断【治療法】顕微鏡下手術             
  • 【疾患名】手指関節症【治療法】人工関節置換術

資格・学会・役職

日本肘関節学会 会員
日本マイクロサージャリー学会 会員
中部日本整形災害外科学会 評議員
アメリカ手の外科学会 メンバー
国際手関節外科ワークショップ メンバー
  • 奈良県立医科大学 手の外科学講座 教授
  • 日本整形外科学会 代議員、橈骨遠位端骨折ガイドライン委員歴任
  • 日本手外科学会 理事(編集委員会担当)、機能評価委員長 国際委員、用語委員歴任

所属病院

奈良県立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 奈良県橿原市四条町840
  • 近鉄橿原線「八木西口駅」 徒歩10分 万葉まほろば線「畝傍駅」 徒歩11分
  • 0744-22-3051
奈良県立医科大学附属病院

来歴等

略歴

1985年 奈良県立医科大学 卒業
1985年 奈良県立医科大学 研究生(整形外科学)
1987年 町立吉野病院 医員(整形外科)
1988年 天理市立病院 医員(整形外科)
1990年 国立奈良病院 臨床研修医(整形外科)
1991年 奈良国保中央病院(旧大三輪病院) 医員(整形外科)
1995年 アメリカウエストバージニア大学 リサーチフェロー(整形外科)
1996年 医真会八尾総合病院 整形外科 医長(1996年同部長 2009年副院長兼任)
1998年 アメリカウエストバージニア大学 リサーチフェロー(整形外科)
2005年 奈良県立医科大学 整形外科 非常勤講師 (2010年4月 臨床教授兼任)
2010年 奈良県立医科大学 整形外科 講師
2011年 奈良県立医科大学 整形外科 准教授
2015年 奈良県立医科大学 寄附講座 手の外科学講座 教授

論文

  • Dorsal Intercarpal Ligament Preserving Arthrotomy and Capsulodesis for Scapholunate Dissociation. Tech Hand Up Extrem Surg. 2019. doi: 10.1097/BTH.0000000000000273. [Epub ahead of print]

    Omokawa S, Ono H, Suzuki D, Shimizu T, Kawamura K, Tanaka Y.

  • Effect of Soft Tissue Injury and Ulnar Angulation on Radial Head Instability in a Bado Type I Monteggia Fracture Model. Medicine, accepted and in press.

    Hayami N, Omokawa S, Iida A, Kira T, Moritomo H, Mahakkanukrauh P, Kraisarin J, Shimizu T, Kawamura K, Tanaka Y.

  • Favoured treatments for fingertip defects and finger amputation distal to the distal interphalangeal joint in my unit and in Japan. J Hand Surg Eur Vol. 2019:1753193419871664. doi: 10.1177/1753193419871664. [Epub ahead of print]

    Omokawa S.

  • Dorsal Intercarpal Ligament Preserving Arthrotomy and Capsulodesis for Scapholunate Dissociation. Accepted and in press. Techniques in Hand and Upper Extremity Surgery.

    Omokawa S, Ono H, Suzuki S, Shimizu T, Kawamura K, Tanaka Y.

  • Tamai Zone 1 Fingertip Amputation: Reconstruction Using a Digital Artery Flap Compared With Microsurgical Replantation. J Hand Surg Am. 2019 10. pii: S0363-5023(18)30438-6.

    Nakanishi A, Omokawa S, Kawamura K, Iida A, Kaji D, Tanaka Y.

  • A microsurgery training model using konjac flour noodles. Microsurgery. 2019 doi: 10.1002/micr.30463.

    Shimizu T, Yoshida A, Omokawa S, Tanaka Y.

  • Comparison of Five Years Clinical and Radiological Outcomes between Progressive and Non-Progressive Wrist Osteoarthritis after Volar Locking Plate Fixation of Distal Radius Fractures. J Hand Surg Asian Pac Vol. 2019 24:30-35.

    Katayama T, Ono H, Omokawa S.

  • Reverse vascularized bone graft of the lateral distal humerus for non-union of the radial neck fracture: anatomical study and case report. J Plast Surg Hand Surg. 2019 53:20-24.

    Nakanishi A, Kawamura K, Omokawa S, Shimizu T, Nakanishi Y, Iida A, Sananpanich K, Mahakkanukrauh P, Tanaka Y.

  • Scaphoid motion of the wrist with scapho-trapezio-trapezoidal osteoarthritis. Curr Rheumatol Rev. 2019 Jan 15. doi: 10.2174/1573397115666190115125430. [Epub ahead of print]

    Iida A, Omokawa S, Moritomo H, Wollstein R.

  • Predictors of Hand Dexterity after Single-Digit Replantation. J Reconstr Microsurg. 2019 Mar;35(3):194-197. doi: 10.1055/s-0038-1669446.

    Nakanishi A, Kawamura K, Omokawa S, Shimizu T, Iida A, Tanaka Y.

著書

  • Omokawa S, Shimizu, T. Kawamura K, Onishi T: Distal radioulnar joint instability in distal radius fractures. Distal Radius Fractures and Carpal Instabilities. FESSH-IFSSH 2019 Instructional Book. Edited by Francisco del Pinal, Thieme Medical and Scientific Publishers.

  • Iida A, Omokawa S, Moritomo H, Omori S, Kataoka T, Aoki M, Wada T, Fujimiya M, Tanaka Y. Effect of wrist position on distal radioulnar joint stability: a biomechanical study. J Orthop Res. 2014 32(10):1247-51Edited by Yao J. Mosby. St. Louis, Year Book of Hand and Upper Limb Surgery 2015, E-Book.

  • Fujitani R, Omokawa S, Akahane M, Iida A, Ono H, Tanaka Y. Predictors of distal radioulnar joint instability in distal radius fractures. Year Book Hand and Upper Extremity Edited by Yao J, Adams J, Isaacs J, Ritt M. Mosby. St. Louis, 174-175, 2013.

  • Omokawa S, Mizumoto S, Fukui A: New flaps in the hand. Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery. Edited by Susumu Tamai. Springer-Verlag Tokyo Berlin Heidelberg 2003.

  • Tang JB, Ryu J, Omokawa S: Biomechanical evaluation of wrist motor tendons after fractures of the distal radius. Year Book of Hand Surgery. Edited by Amadio PC and Hentz VR. Mosby. St. Louis, 170-171, 2000.

  • Omokawa S, Ryu J, Tang JB: Anatomical basis for a fasciocutaneous flap from the hypothenar eminence of the hand: Year Book of Plastic, Reconstructive, and Aesthetic Surgery. Edited by Miller SH. Mosby. St. Louis, 241-2, 1998.

特許

  • Transplantation use tendon extraction devise (Yasuaki Nakanishi, Shohei Omokawa, et al./May, 2020/120536-019US1)

その他

  • 【受賞】第51回アメリカ手の外科学会、E・カプランアワード、ナシュビル、1996

  • 【受賞】第46回アメリカ整形外科基礎学会、NIRAアワードファイナリスト、オランド、2000

  • 【受賞】第4回日米手の外科トラベリングフェローとしてアメリカ訪問、2004

  • 【受賞】第74回アメリカ手の外科学会 Top 5 poster、ラスベガス、2019

  • 【受賞】JOS (Journal of Orthopedic Science) Best paper Award, 2013, 2019

  • 【受賞】マイクロサージャリー学会誌 最優秀論文賞、2013, 2017, 2019

  • 【受賞】第1,2回日本手外科学会奨励賞(津下健哉賞) 2018, 2019

  • 【受賞】第129, 131回中部日本整形外科災害外科学会奨励賞、2017, 2018

  • 【受賞】第29回中部手外科研究会 Best Presentation Award, 松本、2012

  • 【受賞】Year Book of Plastic, Reconstructive, and Aesthetic Surgery, 1998

  • 【受賞】Year Book of Hand and Upper Extremity, 2000, 2013, 2015.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師