新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

奈良県立医科大学 呼吸器内科学講座 准教授

日本内科学会 総合内科専門医・指導医 日本内科学会近畿支部 評議員 日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医・代議員・保険委員会委員・英文誌編集委員会委員・呼吸管理学術部会副部会長・呼吸管理学術部会プログラム委員・非がん性呼吸器疾患による呼吸不全に対する緩和ケア検討委員会委員 日本睡眠学会 認定専門医・評議員・睡眠医療・認定委員会委員・教育委員会・睡眠医療・技術セミナー作業部会副部会長・認定試験委員会委員・学会認定医療機関・認定委員会委員・国際交流委員会委員 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 呼吸ケア指導士・代議員・近畿支部監事 日本アレルギー学会 会員 日本肺癌学会 会員 日本臨床睡眠医学会 評議員 American Thoracic Society A member of Sleep and Respiratory Neurobiology(SRN))Assembly Planning Committee American College of Chest Physicians Fellow of the American College of Chest Physicians American Academy of Sleep Medicine 会員 Asian Pacific Society of Respirology 会員 World Sleep Society 会員

山内 基雄 やまうち もとお 先生

公開日
2020/08/25

奈良県立医科大学を卒業し、奈良県立医科大学呼吸器内科学講座に入局。米国オハイオ州Case Western Reserve Universityで睡眠時無呼吸症候群に関連した呼吸生理学を学び、現在は奈良県立医科大学呼吸器内科学講座准教授として、呼吸器疾患全般の診療を行っている。とりわけ、睡眠時無呼吸症候群やさまざまな病気に起因した慢性呼吸不全の呼吸管理に精通しており、患者さん1人ひとりの特徴を呼吸生理学から解釈してきめ細やかな診療を行うことに注力している。また研究活動では、睡眠時無呼吸症候群の日常診療と密接に関連した臨床研究を精力的に行っており、日本のみならず海外においても、睡眠関連呼吸障害領域のオピニオンリーダーの1人である。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 呼吸器内科

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医・指導医
日本内科学会近畿支部 評議員
日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医・代議員・保険委員会委員・英文誌編集委員会委員・呼吸管理学術部会副部会長・呼吸管理学術部会プログラム委員・非がん性呼吸器疾患による呼吸不全に対する緩和ケア検討委員会委員
日本睡眠学会 認定専門医・評議員・睡眠医療・認定委員会委員・教育委員会・睡眠医療・技術セミナー作業部会副部会長・認定試験委員会委員・学会認定医療機関・認定委員会委員・国際交流委員会委員
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 呼吸ケア指導士・代議員・近畿支部監事
日本アレルギー学会 会員
日本肺癌学会 会員
日本臨床睡眠医学会 評議員
American Thoracic Society A member of Sleep and Respiratory Neurobiology(SRN))Assembly Planning Committee
American College of Chest Physicians Fellow of the American College of Chest Physicians
American Academy of Sleep Medicine 会員
Asian Pacific Society of Respirology 会員
World Sleep Society 会員
  • 奈良県立医科大学 呼吸器内科学講座 准教授
  • Editorial Board of CHEST
  • Editorial Board of Sleep and Breathing
  • Editorial Board of Respiratory Investigation
  • 厚労科研「呼吸不全に関する調査研究」睡眠時無呼吸症候群(肺胞低換気症候群) 診療ガイドライン作成委員会委員
  • 奈良県結核対策推進協議会 委員
  • 身体障害者福祉法(呼吸機能障害) 指定医師

所属病院

奈良県立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 奈良県橿原市四条町840
  • 近鉄橿原線「八木西口駅」 徒歩10分 万葉まほろば線「畝傍駅」 徒歩11分
  • 0744-22-3051
奈良県立医科大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1995年 奈良県立医科大学医学部 卒業
1995年 奈良県立医科大学 呼吸器内科学講座 入局
2005年 Case Western Reserve University, Division of Pulmonary, Critical Care and Sleep Medicine, USA 留学
2008年 奈良県立医科大学 呼吸器内科学講座 助教
2010年 奈良県立医科大学 医学部 医学博士取得
2016年 奈良県立医科大学 呼吸器内科学講座 講師
2016年 奈良県立医科大学 呼吸器内科学講座 准教授

論文

  • Nerve stimulation for the treatment of obstructive sleep apnea. Sleep and Biological Rhythms. 2020. In press

    Yamauchi M, Satoh M, Kitahara T, Ota I, Strohl K.

  • Preoperative sleep disruption and postoperative functional disability in lung surgery patients: a prospective observational study. J Anesth 2019; 33:501-508

    Ida M, Onodera H, Yamauchi M, Kawaguchi M.

  • The effects of heated humidification to nasopharynx on nasal resistance and breathing pattern. PLoS One 2019; 14:e0210957

    Fujita Y, Yamauchi M*, Uyama H, Oda H, Igaki M, Yoshikawa M, Kimura H.

  • Relationship Between Intermittent Hypoxia and Type 2 Diabetes in Sleep Apnea Syndrome. Int J Mol Sci 2019; 20

    Ota H, Fujita Y, Yamauchi M, Muro S, Kimura H, Takasawa S.

  • The effects of arousal accompanying an apneic event on blood pressure and sympathetic nerve activity in severe obstructive sleep apnea. Sleep Breath 2018; 22:149-155

    Uyama H, Yamauchi M*, Fujita Y, Yoshikawa M, Ohnishi Y, Kimura H.

  • Insights since FDA Approval of Hypoglossal Nerve Stimulation for the Treatment of Obstructive Sleep Apnea. Curr Sleep Med Rep 2017; 3:133-141

    Strohl M, Yamauchi M, Peng Z, Strohl KP.

  • Prevalence of chronic obstructive pulmonary disease in independent community-dwelling older adults: The Fujiwara-kyo study. Geriatr Gerontol Int 2017; 17:2421-2426

    Yoshikawa M, Yamamoto Y, Tomoda K, Fujita Y, Yamauchi M, Osa T, Uyama H, Okamoto N, Kurumatani N, Kimura H.

  • Variability of breathing during wakefulness while using CPAP predicts adherence. Respirology 2017; 22:386-393

    Fujita Y, Yamauchi M*, Uyama H, Kumamoto M, Koyama N, Yoshikawa M, Strohl KP, Kimura H.

  • C57BL/6J mouse apolipoprotein A2 gene is deterministic for apnea. Respir Physiol Neurobiol 2017; 235:88-94

    Gillombardo CB, Darrah R, Dick TE, Moore M, Kong N, Decker MJ, Han F, Yamauchi M, Dutschmann M, Azzam S, Strohl KP.

  • Adaptive Servo-Ventilation for Central Sleep Apnea in Heart Failure. N Engl J Med 2016; 374:689

    Yamauchi M, Combs D, Parthasarathy S.

  • Origins of and implementation concepts for upper airway stimulation therapy for obstructive sleep apnea. Respir Investig 2016; 54:241-249

    Strohl KP, Baskin J, Lance C, Ponsky D, Weidenbecher M, Strohl M, Yamauchi M.

  • Nonrapid Eye Movement-Predominant Obstructive Sleep Apnea: Detection and Mechanism. J Clin Sleep Med 2015; 11:987-993

    Yamauchi M*, Fujita Y, Kumamoto M, Yoshikawa M, Ohnishi Y, Nakano H, Strohl KP, Kimura H.

  • Keep the airway open and let the brain sleep. Am J Respir Crit Care Med 2014; 190:1207-1209

    Decker M, Yamauchi M, Strohl KP.

  • Mini Nutritional Assessment Short-Form predicts exacerbation frequency in patients with chronic obstructive pulmonary disease. Respirology 2014; 19:1198-1203

    Yoshikawa M, Fujita Y, Yamamoto Y, Yamauchi M, Tomoda K, Koyama N, Kimura H.

  • Effects of environment light during sleep on autonomic functions of heart rate and breathing. Sleep Breath 2014; 18:829-835

    Yamauchi M*, Jacono FJ, Fujita Y, Kumamoto M, Yoshikawa M, Campanaro CK, Loparo KA, Strohl KP, Kimura H.

  • The Impact of Obstructive Sleep Apnea and Nasal CPAP on Circulating Adiponectin Levels. Lung 2014; 192:289-295

    Yoshikawa M, Yamauchi M, Fujita Y, Koyama N, Fukuoka A, Tamaki S, Yamamoto Y, Tomoda K, Kimura H.

  • Distribution of bone mineral content is associated with body weight and exercise capacity in patients with chronic obstructive pulmonary disease. Respiration 2014; 87:158-164

    Yamamoto Y, Yoshikawa M, Tomoda K, Fujita Y, Yamauchi M, Fukuoka A, Tamaki S, Koyama N, Kimura H.

  • Breathing irregularity during wakefulness associates with CPAP acceptance in sleep apnea. Sleep Breath 2013;17:845-852.

    Yamauchi M*, Jacono FJ, Fujita Y, Yoshikawa M, Ohnishi Y, Nakano H, Campanaro CK, Loparo KA, Strohl KP, Kimura H.

  • Identification of novel mouse genes conferring posthypoxic pauses. J Appl Physiol 2012; 113:167-174

    Gillombardo CB, Yamauchi M, Adams MD, Dostal J, Chai S, Moore MW, Donovan LM, Han F, Strohl KP.

  • Differences in Breathing Patterning During Wakefulness in Patients With Mixed Apnea-Dominant vs Obstructive-Dominant Sleep Apnea. Chest 2011; 140:54-61

    Yamauchi M*, Tamaki S, Yoshikawa M, Ohnishi Y, Nakano H, Jacono FJ, Loparo KA, Strohl KP, Kimura H.

  • Mouse models of apnea: strain differences in apnea expression and its pharmacologic and genetic modification. Adv Exp Med Biol 2010; 669:303-307

    Yamauchi M*, Kimura H, Strohl KP. *Corresponding author

  • Production of inflammatory mediators by monocytes in patients with obstructive sleep apnea syndrome. Intern Med 2009; 48:1255-1262

    Tamaki S, Yamauchi M, Fukuoka A, Makinodan K, Koyama N, Tomoda K, Yoshikawa M, Kimura H.

  • Nocturnal hypoxic stress activates invasive ability of monocytes in patients with obstructive sleep apnoea syndrome. Respirology 2009; 14:689-694

    Tamaki S, Yamauchi M, Fukuoka A, Makinodan K, Koyama N, Tomoda K, Yoshikawa M, Kimura H.

  • Post-sigh breathing behavior and spontaneous pauses in the C57BL/6J (B6) mouse. Respir Physiol Neurobiol 2008; 162:117-125

    Yamauchi M*, Ocak H, Dostal J, Jacono FJ, Loparo KA, Strohl KP. *Corresponding author

  • Post-hypoxic unstable breathing in the C57BL/6J mouse: effects of acetazolamide. Adv Exp Med Biol 2008; 605:75-79

    Yamauchi M*, Dostal J, Strohl KP. *Corresponding author

  • Effects of buspirone on posthypoxic ventilatory behavior in the C57BL/6J and A/J mouse strains. J Appl Physiol 2008; 105:518-526

    Yamauchi M*, Dostal J, Kimura H, Strohl KP. *Corresponding author

  • Oxidative stress in obstructive sleep apnea: putative pathways to the cardiovascular complications. Antioxid Redox Signal 2008; 10:755-768

    Yamauchi M*, Kimura H. *Corresponding author

  • Effect of serum leptin levels on hypercapnic ventilatory response in obstructive sleep apnea. Respiration 2008; 75:257-264

    Makinodan K, Yoshikawa M, Fukuoka A, Tamaki S, Koyama N, Yamauchi M, Tomoda K, Hamada K, Kimura H.

  • Acetazolamide protects against posthypoxic unstable breathing in the C57BL/6J mouse. J Appl Physiol 2007; 103:1263-1268

    Yamauchi M*, Dostal J, Strohl KP. *Corresponding author

  • Loop Gain and Sleep Disordered Breathing Current Respiratory Medicine Reviews 2007; 3:85-92

    Strohl KP, Yamauchi M, Dick TE.

  • Evidence for activation of nuclear factor kappaB in obstructive sleep apnea. Sleep Breath 2006; 10:189-193

    Yamauchi M*, Tamaki S, Tomoda K, Yoshikawa M, Fukuoka A, Makinodan K, Koyama N, Suzuki T, Kimura H. *Corresponding author

  • Oxidative stress in obstructive sleep apnea. Chest 2005; 127:1674-1679

    Yamauchi M*, Nakano H, Maekawa J, Okamoto Y, Ohnishi Y, Suzuki T, Kimura H. *Corresponding author

  • Obstructive sleep apnea and carotid-artery intima-media thickness. Sleep 2004; 27:129-133

    Suzuki T, Nakano H, Maekawa J, Okamoto Y, Ohnishi Y, Yamauchi M, Kimura H.

著書

  • Ramsey R, Khanna A, Yamauchi M. Clinical Evaluations of the Patient. In: Strohl KP, ed. Competencies in Sleep Medicine -An Assessment Guide-: Springer New York, 2014; 109-127

  • Yamauchi M*, Strohl KP. A 20-year-old man with morning headache, excessive daytime sleepiness, heavy snoring, and apnea during sleep. In: Basner RC, ed. Case Studies in Polysomnography Interpretation: Cambridge University Press, 137, 2012;

  • Yamauchi M*, Han F, Strohl KP. Apnea and irregular breathing in animal models: a physiogenomic approach. In: Genetic Basis for Respiratory Control Disorders. Edited by Gaultier C. New York: Springer, p. 137-151, 2007.

  • 藤田幸男, 山内基雄. 睡眠時無呼吸症候群 睡眠時無呼吸症候群の診断. 日本内科学会雑誌. 東京: 日本内科学会, 2020; 1066-1072

  • 山内基雄. 耳鼻咽喉科医が知っておくべき睡眠学ーCPAP療法の代替治療としての舌下神経刺激療法ー. Journal of Otolaryngology, Head and Neck Surgery. 東京: 東京医学社, 2020; 853-856

  • 山内基雄. 睡眠時無呼吸症候群の最前線 植込み型舌下神経刺激療法. 日本医師会雑誌. 東京: 日本医師会, 2020; 281

  • 藤本和賀代, 和奏 川, 麻由美 本, 絵美 安, 山内基雄, 才脇直樹. 呼吸周期を計測可能なセンシングウェアの開発. ヒューマンインタフェース学会論文誌 2020

  • 山内基雄. 人工呼吸管理のすべてー睡眠時無呼吸に対する呼吸管理ー. In: 富井啓介, ed. 呼吸器内科. 東京: 科学評論社, 2020; 393-397

  • 山内基雄. 臨床PSG視察判定の有用性 ―中枢性無呼吸・チェーンストークス呼吸の判定に迷うとき―. 睡眠医療. 東京: ライフ・サイエンス, 2019; 475-480

  • 山内基雄. 睡眠時無呼吸症候群に対する舌下神経刺激療法. 循環器内科. 東京: 科学評論社, 2019; 758-762

  • 山内基雄. 内科サブスペシャルティから総合的に考える代謝内分泌疾患 睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病 原因か結果か?(呼吸器). 日本内科学会雑誌. 東京: 日本内科学会, 2019; 688-693

  • 山内基雄. 睡眠呼吸障害の現状と治療・管理の進歩 CPAPの代替治療 ー新規治療としての植込み型舌下神経刺激療法ー. 医学のあゆみ: 医歯薬出版株式会社, 2019; 655-658

  • 山内基雄. リアルワールドの睡眠呼吸障害診断―実臨床に活かす睡眠検査前のSAS 疑診テクニック―  呼吸機能検査. 睡眠医療. 東京: ライフ・サイエンス, 2018; 579-583

  • 山内基雄. アンチテーゼとしての難治性呼吸器疾患の個別化医療 閉塞性睡眠時無呼吸症候群のフェノタイプに対応した個別化治療への道. THE LUNG perspectives メディカルビュー社, 2018; 160-164

  • 山内基雄, 木村弘. MAP 眼で見る睡眠時無呼吸症候群. 診断と治療のABC. 大阪: 最新医学社, 2017; 7-11

  • 藤田幸男,山内基雄,木村弘. 睡眠時無呼吸症候群コラム 睡眠時無呼吸症候群の病因-中枢性無呼吸と閉塞性無呼吸-. 診断と治療のABC. 2017; 153-154

  • 山内基雄, 木村弘. 併存内分泌疾患に対する治療の重要性(甲状腺機能低下症・先端巨大症). 診断と治療のABC. 大阪: 最新医学社, 2017; 188-191

  • 山内基雄. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群の多様性と個別化治療への道 -Diversity of Obstructive Sleep Apnea -Road Ahead to Personalized Therapy-. 日本補綴歯科学会誌 Ann Jpn Prosthodont Soc 2016; 8:140-144

  • 山内基雄. 電気をつけっぱなしで眠るとOSASになる!?. In: 宮崎総一郎, 北浜邦夫, 堀忠雄, eds. 睡眠のトリビア2 東京: 中外医学社, 2016; 108-110

  • 山内基雄. SAS up-to-date 発症メカニズム. 呼吸器内科. 東京: 科学評論社, 2015; 178-182

  • 山内基雄. 陽圧呼吸療法のタイトレーションおよびそのフォローアップ. In: 日本睡眠学会, ed. 改訂版 臨床睡眠検査マニュアル 東京: ライフ・サイエンス, 2015; 228-231

  • 山内基雄. 睡眠呼吸モニター Sleep and Breath Monitoring. In: 日本呼吸器学会, ed. 新・呼吸器専門医テキスト. 東京: 南江堂, 2015; 160-161

  • 山内基雄, 木村弘. 睡眠時無呼吸での疑問点. In: 日本呼吸器学会肺生理専門委員会, ed. Q&A パルスオキシメータ ハンドブック. 東京: 日本呼吸器学会, 2014; 30-31

  • 山内基雄. CSASの発症メカニズムと症状 - 中枢性無呼吸って閉塞性無呼吸とどう違うの?-. In: 栂博久, 櫻井滋, eds. 睡眠障害 知る 診る 治す. 東京: メジカルビュー社, 2014; 100-101

  • 山内基雄. <Ⅰ.睡眠科学研究の動向> 3.睡眠時無呼吸症候群に関連する呼吸生理学的研究の動向. 睡眠医療. 東京: ライフ・サイエンス, 2013; 433-439

  • 山内基雄. 患者本来の生理的な呼吸パターンの差が、CPAP機器との親和性(アクセプタンス)に影響を及ぼすと聞きましたが、具体的にはどのような現象でしょうか?. 睡眠医療. 東京: ライフ・サイエンス, 2013; 548-550

  • 山内基雄, 木村弘. 睡眠時無呼吸症候群(SAS). 日本肥満学会編 生活習慣病改善指導士ハンドブック. 大阪: 株式会社 コネット, 2013; 108-111

  • 山内基雄. 睡眠医療Q&A 高血圧と睡眠時無呼吸症候群(SAS)の間にはどのような関係があるのでしょうか? 睡眠医療. 東京: ライフ・サイエンス, 2012; 634-636

  • 山内基雄. Intermittent hypoxiaと糖尿病. In: 佐藤誠, ed. 月刊糖尿病. 東京: 株式会社 医学出版, 2012; 69-73

  • 山内基雄, 泉崎雅彦, 木村弘. 呼吸の制御. In: 3学会(日本胸部外科学会・日本呼吸器学会・日本麻酔科学会)合同呼吸療法認定士認定委員会, ed. 新・呼吸療法テキスト. 東京: アトムズ, 2012; 16-20

  • 山内基雄, 木村弘. 睡眠呼吸障害の呼吸調節, 呼吸異常(呼吸パターンを含む)の最近の話題. 睡眠医療. 東京: ライフ・サイエンス, 2012; 9-13

  • 山内基雄, 木村弘. 睡眠呼吸障害と全身性疾患 閉塞性睡眠時無呼吸症候群の病態生理と診断. 綜合臨床. 大阪: 永井書店, 2011; 1647-1651

  • 山内基雄, 木村弘. 酸化ストレス、脂質異常症、耐糖能異常. In: 井上雄一, 山城義広, eds. 睡眠呼吸障害 Update 2011. 東京: ライフ・サイエンス, 2011; 83-87

  • 山内基雄, 吉川雅則, 木村弘. 「呼吸不全を来す難治性呼吸器疾患克服への取り込み」原発性肺胞低換気症候群・肥満低換気症候群. 呼吸と循環. 東京: 医学書院, 2011; 145-148

  • 山内基雄, 木村弘. 睡眠時無呼吸症候群-研究と臨床の新時代- 睡眠時無呼吸症候群-歴史的展開と研究の最先端-. THE LUNG perspectives メディカルビュー社, 2010; 223-225

  • 山内基雄, 木村弘. 睡眠時無呼吸症候群. In: 孝英 泉, ed. 今日の診療のために ガイドライン外来診療2010、東京: 日経メディカル開発, 2010; 415-417

  • 山内基雄, 木村弘. 睡眠時無呼吸症候群の最新の話題 睡眠時無呼吸症候群の発生機序. 日本胸部臨床、東京: 克誠堂出版株式会社, 2010; 584-591

  • 山内基雄, 木村弘. 内分泌疾患と睡眠呼吸障害. 睡眠時無呼吸症候群の臨床 up to date 2009: モダンフィジシャン, 2009; 1149-1151

  • 山内基雄, 木村弘. 睡眠時無呼吸の薬物療法と新薬の展開. 睡眠時無呼吸ー最近の進歩と展望ー: 最新医学社, 2009; 89-93

  • 山内基雄, 木村弘. 睡眠呼吸障害の病態生理. 睡眠呼吸障害: 呼吸器科, 2005; 306-311

  • 山内基雄, 木村弘. 睡眠呼吸障害の評価と意義. 慢性閉塞性肺疾患の新しい診断的アプローチ: 現代医療, 2002; 119-122

特許

  • 呼吸監視装置及び呼吸監視方法 patent.newsln.jp/p/2015085191 特開2015-085191 (P2015-085191A) 公開日:2015/05/07. 出願人: 公立大学法人奈良県立医科大学 . 発明者: 山内基雄 被験者の病態・病状及び呼吸動態を正しく評価するための呼吸監視装置を提供する。 IPC分類: A61B 関連技術: 生体の呼吸・聴力・形態・血液特性等の測定

その他

  • 【受賞】2012年 第17回 日本睡眠学会研究奨励賞

  • 【学術集会】2013年 日本睡眠学会第38回定期学術集会 Best presentation award

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師