新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

奈良県立医科大学 歯科口腔外科 講師

日本口腔外科学会 口腔外科専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医(歯科口腔外科) 国際口腔顎顔面外科専門医認定機構 国際口腔顎顔面外科専門医 日本口腔科学会 認定医 日本病理学会 口腔病理専門医・病理専門医研修指導医

柳生 貴裕 やぎゅう たかひろ 先生

公開日
2020/10/15

専門は口腔がん。癌研究と再生医療技術を用いた治療法の開発を主な研究テーマとしている。生活指導、薬物療法から外科的治療まで幅広く手がけ、口腔がんになる可能性が高い粘膜疾患の早期発見にも力をいれている。診療のモットーは“自分自身や大切な家族が受けたい医療を提供する”。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 口腔外科
  • 【疾患名】口腔粘膜疾患
  • 【得意な領域】口腔がんの病態解明、顎骨壊死の発症機序の解明、再生医療技術(Drug Delivery Systemなど)を応用した顎骨疾患新規治療法の開発

資格・学会・役職

日本口腔外科学会 口腔外科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医(歯科口腔外科)
国際口腔顎顔面外科専門医認定機構 国際口腔顎顔面外科専門医
日本口腔科学会 認定医
日本病理学会 口腔病理専門医・病理専門医研修指導医
  • 奈良県立医科大学 歯科口腔外科 講師
  • 歯科医師 臨床研修指導歯科医
  • 博士(医学)
  • 死体解剖資格

所属病院

奈良県立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 奈良県橿原市四条町840
  • 近鉄橿原線「八木西口駅」 徒歩8分 万葉まほろば線「畝傍駅」 徒歩10分
  • 0744-22-3051
奈良県立医科大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

2003年 九州大学歯学部  卒業
2003年 奈良県立医科大学附属病院臨床研修歯科医師
2009年 奈良県立医科大学大学院医学研究科 博士課程修了
2009年 奈良県立医科大学附属病院 病理診断科医員
2011年 奈良県立医科大学附属病院 麻酔科医員
2012年 奈良県立医科大学附属病院 口腔外科診療助教
2014年 奈良県立医科大学 口腔外科助教
2020年 奈良県立医科大学 口腔外科講師

論文

  • 1.Relationship Between EGFR Expression in Oral Cancer Cell Lines and Cetuximab Antibody-dependent Cell-mediated Cytotoxicity. Anticancer Res. 39. 1275-1282. 2019

    Nakamura H, Tamaki S, Yagyuu T, Yamakawa N, Hatake K, Kirita T.

  • 2.Giant Schwannoma of the tongue accompanied by difficulty in closing the mouth and dysarthria: A case report. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 31. 264-268. 2019

    Shimomura-Kurihara M, Yamamoto K, Shimomura S, Horita S, Yagyuu T, Shimomura T, Kirita T.

  • 3.Prevention of tooth extraction-triggered bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaws with basic fibroblast growth factor: An experimental study in rats. PLoS One. 14. e0211928. 2019

    Imada M, Yagyuu T, Ueyama Y, Maeda M, Yamamoto K, Kurokawa S, Jo J, Tabata Y, Tanaka Y, Kirita T.

  • 4.Risks of post-extraction bleeding after receiving direct oral anticoagulants or warfarin: a retrospective cohort study. BMJ Open. 7. e015952. 2017

    Yagyuu T, Kawakami M, Ueyama Y, Imada M, Kurihara M, Matsusue Y, Imai Y, Yamamoto K, Kirita T.

  • 5.Programmed death ligand 1 (PD-L1) expression and tumor microenvironment: Implications for patients with oral precancerous lesions. Oral Oncology. 68. 36-43. 2017

    Yagyuu T, Kinta T, Hatakeyama K, Imada M, Kurihara M, Matsusue Y, Yamamoto K, Obayashi C, Kirita T.

  • 6.A Foreign Body Granuloma of the Buccal Mucosa Induced by Honeybee Sting. Case Reports in Dentistry. 2017. 4. 2017

    Yamamoto K, Nakayama Y, Matsusue Y, Kurihara M, Yagyuu T, Kirita T.

  • 7.Maxillofacial bone regeneration with osteogenic matrix cell sheets: An experimental study in rats. Arch Oral Biol. 72. 138-145. 2016

    Ueyama Y, Yagyuu T, Maeda M, Imada M, Akahane M, Kawate K, Tanaka Y, Kirita T.

  • 8. Unique and reliable rat model for the assessment of cell therapy: bone union in the rat mandibular symphysis using bone marrow stromal cells. J Tissue Eng Regen M. 9. 276-285. 2015

    Yagyuu T, Kirita T, Hattori K, Tadokoro M, Ohgushi H.

  • 9.Multivariate analyses of Ki-67, cytokeratin 13 and cytokeratin 17 in diagnosis and prognosis of oral precancerous lesions. J Oral Pathol Med. 44. 523-531. 2015

    Yagyuu T, Obayashi C, Ueyama Yoshihiro, Takano M, Tanaka Y, Kawaguchi M, Takeda M, Kasai T, Kirita T.

  • 10.Preoperative concurrent chemoradiotherapy for stages Ⅱ-Ⅳ oral squamous cell carcinoma: a retrospective analysis and the future possibility of this treatment strategy. International Journal of Oral & Maxillofacial Surgery. 41. 421-428. 2012

    Kirita T, Yamanaka Y, Imai Y, Yamakawa N, Aoki K, Nakagawa Y, Yagyuu T, Hasegawa M.

  • 11. Lymphomatoid gastropathy: a distinct clinicopathologic entity of self-limited pseudomalignant NK-cell proliferation. Blood. 116. 5631-5637. 2010

    Takeuchi K, Yokoyama M, Ishizawa S, Terui Y, Nomura K, Marutsuka K, Nunomura M, Fukushima N, Yagyuu T, Nakamine H, Akiyama F, Hoshi K, Matsue K, Hatake K, Oshimi K.

  • 12. Hard tissue-forming potential of stem/progenitor cells in human dental follicle and dental papilla. Archives of Oral Biology. 55. 68-76. 2010

    Yagyuu T, Ikeda E, Ohgushi H, Tadokoro M, Hirose M, Maeda M, Inagake K, Kirita T.

  • 13. Multipotent cells from the human third molar:feasibility of cell-based therapy for liver disease. Differentiation. 76. 495-505. 2008

    Ikeda E, Yagi K, Kojima M, Yagyuu T, Ohshima A, Sobajima S, Tadokoro M, Katsube Y, Isoda K, Kondoh M, Kawase M, Go MJ, Adachi H, Yokota Y, Kirita T, Ohgushi H.

  • 14.Regression of a Multilocular Keratocystic Odontogenic Tumour without Treatment. Asian J Oral Maxillofac Surg. 20. 37-40. 2008

    Yamamoto K, Matsusue Y, Shiotani H, Nogami S, Yagyuu T, Kirita T.

  • 15.Recurrence of Keratocystic Odontogenic Tumor: Clinicopathological Features and Immunohistochemical Study of the Hedgehog Signaling Pathway. Pathobiology. 75. 171-176. 2008

    Yagyuu T, Kirita T, Sasahira T, Moriwaka Y, Yamamoto K, Kuniyasu H.

  • 16.Peripheral Calcifying Cystic Odontogenic Tumor of the Maxilla. Hospital Dentistry and Oral-Maxillofacial Surgery. 19. 53-56. 2007

    Yamamoto K, Matsusue Y, Yagyuu T, Komatsu Y, Aoki K, Kirita T.

著書

  • 口腔外科ハンドマニュアル/クインテッセンス出版/2019年 

特許

  • 柳生貴裕、桐田忠昭、他/2018年1月18日/特開2019-123696

その他

  • 【受賞】2006年 ゴールドリボン賞(第51回日本口腔外科学会総会・学術大会)

  • 【受賞】2014年 優秀ポスター賞(第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会)

  • 【受賞】2015年 Outstanding Oral Presentation Award (1st China-Japan joint Conference on Oral Maxillofacial Surgery)

  • 【受賞】2015年 優秀ポスター賞(第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会)

  • 【受賞】2016年 優秀ポスター発表賞(第61回日本口腔外科学会総会・学術大会)

  • 【受賞】2016年 学会賞優秀ポスター賞(第70回日本口腔科学会学術集会)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師