新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

奈良県立医科大学脳神経外科学 助教

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医・脳神経外科指導医 日本脊髄外科学会 脊髄外科認定医・脊髄外科指導医 日本脳卒中学会 脳卒中専門医 日本脳卒中の外科学会 技術認定医 低侵襲・内視鏡脊髄神経外科研究会 世話人

竹島 靖浩 たけしま やすひろ 先生

公開日
2020/07/22

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経外科
  • 【疾患名】キアリ奇形
  • 【得意な領域・分野・研究】 医用3次元融合画像を用いた手術シミュレーションの研究 、脳静脈虚血の病態研究 、低侵襲脊椎脊髄手術の研究

資格・学会・役職

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医・脳神経外科指導医
日本脊髄外科学会 脊髄外科認定医・脊髄外科指導医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医
日本脳卒中の外科学会 技術認定医
低侵襲・内視鏡脊髄神経外科研究会 世話人
  • 奈良県立医科大学脳神経外科学 助教

所属病院

奈良県立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 奈良県橿原市四条町840
  • 近鉄橿原線「八木西口駅」 徒歩10分 万葉まほろば線「畝傍駅」 徒歩11分
  • 0744-22-3051
奈良県立医科大学附属病院

来歴等

略歴

2002年 奈良県立医科大学医学部 卒業
2008年 奈良県立医科大学大学院 卒業
2009年 奈良県立医科大学脳神経外科学 助教

論文

  • Fasibility of adjunct facial motor evoked potential monitoring to reduce the number of false-positive results during cervical spine surgery. J Neurosurg Spine [Epub ahead of print]

    Matsuoka R, Takeshima Y, Hayashi H, et al.

  • Sequential Enlargement of Posterior Fossa After Dura plasty for Chiari Malformation. World Neurosurg X. 2019 2:100004.

    Takeshima Y, Matsuda R, Nishimura F, et al.

  • Favorable Long-Term Outcomes for Positional Vertebral Artery Occlusion with Treatment Strategy Prioritizing Spinal Fusion Surgery. World Neurosurg. 2018 114:e792-e799.

    Takeshima Y, Nishimura F, Nakagawa I, et al.

  • Surgical Outcome of Laminoplasty for Cervical Spondylotic Myelopathy in an Elderly Population - Potentiality for Effective Early Surgical Intervention: A Meta-analysis. Neurol Med Chir (Tokyo) 2017;57(7):366-373.

    Takeshima Y, Matsuoka R, Nakagawa I, et al.

  • 医用3次元融合画像を用いた脊椎脊髄疾患の手術シミュレーション. 脊髄外科 2019;33(3):275−281.

    竹島靖浩,小西賢五,松岡龍太ら.

  • Bow hunter’s stroke. 脊椎脊髄 2019;32(6):621−625

    中瀬裕之,竹島靖浩.

  • 脳神経外科領域の手術支援画像を用いた術前シミュレーション. 映像情報メディカル 2018;50:74−79.

    井上健,小西賢五,竹島靖浩.

  • Bow hunter’s strokeと頭位性椎骨動脈閉塞症:その概念と診断・治療. 脊椎脊髄 2016;29:1105−1110.

    竹島靖浩,中瀬裕之.

  • 頸椎変性疾患に対する頸椎椎弓形成術. 脳神経外科速報 2014;24:422−429.

    竹島靖浩,中瀬裕之.

  • Visualization of Regional Cerebral Blood Flow Dynamics during Cortical Venous Occlusion using Laser Speckle Contrast Imaging in a Rat Model. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2015;24(10):2200-6.

    Takeshima Y, Miyake H, Nakagawa I, et al.

  • Neuroprotection with intraventricular brain-derived neurotrophic factor in rat venous occlusion model. Neurosurgery. 2011;68(5):1334-41.

    Takeshima Y, Nakamura M, Miyake H, et al.

  • Additional Assessment of Developed Occipital Sinus Using Intraoperative Indocyanine Green Videoangiography for a Safe Foramen Magnum Decompression-Technical Case Report. Operative Neurosurg (Hagerstown) [Epub ahead of print]

    Omoto K, Takeshima Y, Nishimura F, et al.

  • C2 extradural schwannoma compressing the dominant internal jugular vein: a case report. Acta Neurochir(Wien) 2020;162(5):1181-1185.

    Nakajima T, Takeshima Y, Kim TK, et al.

  • Overshunting-Associated Myelopathy Treated with Endoscopic Third Ventriculostomy. World Neurosurg 2020;134:133-136.

    Ko Y, Takeshima Y, Nakagawa I, et al.

  • Posterior atlantoaxial fusion using a C2 transverse foramen-penetrating screw: A technical note. Surg Neurol Int. 2017;8:262.

    Takeshima Y, Shigematsu H, Konishi K, et al.

  • Thoracic Ossification of Ligamentum Flavum Manifesting Holocord Syringomyelia: Case Report Acta Neurochir (Wien) 2018;160(4):881-884.

    Takamura Y, Takeshima Y, Matsuoka R, et al.

  • Multiple Osseous Loose Bodies Associated with Lumbar Isthmic Spondylolisthesis. World Neurosurg. 2016;95:623.e1-623.e4.

    Takeshima Y, Hanakita J, Takahashi T, et al.

  • Indocyanine Green (ICG) Videoangiography-Guided Dissection of the Sylvian Fissure on the Transsylvian Approach: Technical Note. World Neurosurg. 2016 Mar;87:45-7.

    Motoyama Y, Gurung P, Takeshima Y, et al.

  • Visualization of vascular structure of spinal hemangioblastoma using intraoperative indocyanine green videoangiography and temporary feeder occlusion. Eur Spine J. 2015;24 Suppl 4:S585-9.

    Takeshima Y, Tanaka Y, Hironaka Y, et al.

  • Rheumatoid arthritis-induced lateral atlantoaxial subluxation with multiple vertebrobasilar infarctions. Spine (Phila Pa 1976). 2015;40(3):E186-9.

    Takeshima Y, Matsuda R, Hironaka Y, et al.

  • Fusion surgery for recurrent cerebellar infarctions due to bilateral atlantoaxial rotational vertebral artery occlusion. Spine (Phila Pa 1976). 2014;39(14):E860-3.

    Takeshima Y, Nishimura F, Park YS, et al.

  • A case of cauda equina cavernous angioma coexisting with multiple cerebral cavernous angiomas. Br J Neurosurg. 2014;28(4):544-6.

    Takeshima Y, Marutani A, Tamura K, et al.

  • Post-ischemic administration of vascular endothelial growth factor inhibitor in a rat model of cerebral venous infarction. Neurol Med Chir (Tokyo). 2013;53(3):135-40.

    Miyake H, Nakagawa I, Takeshima Y, et al.

  • An unusual case of primary central nervous system germinoma with meningeal dissemination. Childs Nerv Syst. 2012;28(12):2173-6.

    Takeshima Y, Yamada S, Motoyama Y, et al.

  • Subarachnoid hemorrhage in a case of segmental arterial mediolysis with coexisting intracranial and intraabdominal aneurysms. J Neurosurg. 2012;116(5):948-51.

    Matsuda R, Hironaka Y, Takeshima Y, et al.

  • Hemodialysis-related upper cervical extradural amyloidoma presenting with intractable radiculopathy. Eur Spine J. 2012;21 Suppl 4(Suppl 4):S463-6.

    Takeshima Y, Kotsugi M, Park YS, et al.

著書

  • 【共著】プライム脳神経外科3 脳・脊髄動静脈奇形と頭蓋内・脊髄硬膜動静脈瘻(監修:木内博之、斉藤延人, 編集:中瀬裕之), 脊髄硬膜外動静脈瘻の治療. 三輪書店, 2019

  • 【共著】疾患・術式別脳神経外科手術合併症の回避・対処法Q&A156(監修 吉村紳一、編集 吉本幸司). 高位誤認の予防法は?・頸椎手術における食道・咽頭損傷の予防法は?・頸椎手術における反回神経麻痺と嚥下障害の予防法は?, メディカ出版, 2019

  • 【共著】明日からできる!術中神経モニタリング(監修:川口昌彦,中瀬裕之), 脊髄腫瘍.真興交易,2017

  • 【共著】術中神経モニタリングバイブル(編:川口昌彦,中瀬裕之), 脊椎脊髄手術での神経モニタリング; 脊髄腫瘍摘出術・頸椎前方除圧固定術, 羊土社, 2014

その他

  • 【受賞】2020年 第27回中島佐一学術研究奨励賞

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師