新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

奈良県立医科大学 消化器・総合外科教室 講師

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・消化器内視鏡指導医 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域) 日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本ヘルニア学会 評議員 近畿外科学会 評議員

久下 博之 くげ ひろゆき 先生

公開日
2020/09/25

1996年卒業後多くの病院で研鑽を積み、現在奈良県立医科大学消化器・総合外科に勤務している。大腸がん・炎症性腸疾患治療、大腸内視鏡を専門とし、患者さんの体の負担を軽減する腹腔鏡手術・ロボット支援下手術を得意とする。骨盤内臓全摘術など骨盤外科拡大手術に対する腹腔鏡手術や経肛門的直腸間膜切除術(TaTME)を積極導入している。炎症性腸疾患新規治療法の探求を研究テーマとし、新規知見の発信に尽力している。患者さんに安心安全な高度な医療を提供することを自身の目標としている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 久下先生の大腸がんに関する得意な領域
    • 外科的治療(腹腔鏡手術,ロボット支援下手術,経肛門的手術:TaTME)
    • 化学療法
    • 骨盤外科手術
  • 久下先生の潰瘍性大腸炎に関する得意な領域
    • 内科的治療
    • 外科的治療(腹腔鏡手術)
  • 久下先生のクローン病に関する得意な領域
    • 内科的治療
    • 外科的治療(腹腔鏡手術)
  • 久下先生の大腸ポリープに関する得意な領域
    • 内視鏡的治療(粘膜下層剥離術ESDを含む)
  • 久下先生の痔瘻に関する得意な領域
    • 外科的治療
  • 久下先生の鼠径ヘルニアに関する得意な領域
    • 外科的治療(主な術式すべて対応可能)
  • 久下先生の腹壁ヘルニアに関する得意な領域
    • 外科的治療(主な術式すべて対応可能)
  • 【疾患】肛門疾患(痔核,裂孔)【治療法】外科的治療
  • 【得意な領域・分野・研究(MBTコンソーシアム連携用)】肛門病変検体を用いたT細胞不活化によるクローン病新規免疫療法探求

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・消化器内視鏡指導医
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)
日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本ヘルニア学会 評議員
近畿外科学会 評議員
  • 奈良県立医科大学 消化器・総合外科教室 講師
  • 医学博士
  • DaVinci コンソールサージャン
  • 緩和ケア研修会 修了
  • 臨床研修指導医講習会 修了

所属病院

奈良県立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 奈良県橿原市四条町840
  • 近鉄橿原線「八木西口駅」 徒歩10分 万葉まほろば線「畝傍駅」 徒歩11分
  • 0744-22-3051
奈良県立医科大学附属病院

来歴等

略歴

1996年 奈良県立医科大学 卒業
1996年 奈良県立医科大学付属病院 臨床研修医(第1外科)
2006年 星ヶ丘厚生年金病院 外科 医長
2006年 奈良県立医科大学 医学博士取得
2010年 健生会土庫病院大腸肛門病センター 外科 医員
2017年 奈良県立医科大学 消化器・総合外科 学内講師
2018年 奈良県立医科大学 消化器・総合外科 講師

論文

  • Learning curve for laparoscopic transabdominal preperitoneal repair (TAPP): A single surgeon experience of consecutive 105 procedures. Asian Journal of Endoscopic Surgery Apr;13(2):205-210 2020 doi: 10.1111/ases.12724. Epub 2019 Jul 7.

    Hiroyuki Kuge, Hideki Uchida, Kentaro Yamaoka, Takashi Yokoo, Shusaku Yoshikawa

  • Genetic Modification of Hepatocytes Towards Hepatocyte Transplantation and Liver Tissue Engineering.Cell Transplantation Vol.15(1) 2006 pp1-12

    Hiroyuki Kuge, Kazuo Ohashi, Takashi Yokoyama, Hiromichi Kanehiro, Michiyoshi Hisanaga, Fumikazu Koyama, Ginny L Bumgardner, Kenichiro Kosai, Yoshiyuki Nakajima

  • Reconstruction of an extensive chest wall defect using an external oblique myocutaneous flap following resection of an advanced breast carcinoma: Report of a case.Breast Cancer Vol.13 No.4 p364-368 October 2006

    Hiroyuki Kuge, Yukiyasu Kuzumoto, Toshihiro Morita

  • Characteristics of Five-year Survivors After Liver Resection for Colorectal Liver Metastases in Modern Chemotherapy.Anticancer Res. 2020 Feb;40(2):1107-1116. doi: 10.21873/anticanres.14050.

    Nakamoto T, Hokuto D, Nomi T, Yoshikawa T, Kamitani N, Matsuo Y, Obara S, Kuge H, Koyama F, Sho M.

  • Adult hepatocytes direct liver organogenesis through non-parenchymal cell recruitment in the kidney. Journal of Hepatology. 2018 Apr;68(4): 744-753.doi: 10.1016/j.jhep.2017.12.016. Epub 2017 Dec 26.

    Utoh R, Komori J, Kuge H, Tatsumi K, Yamada M, Hirohashi S, Tsutsumi M, Amanuma T, Yoshioka A, Nakajima Y1 Wake K, Okano T, Lagasse E, Ohashi K

  • Multicenter prospective study for clinical and endoscopic efficacies of leukocytapheresis therapy in patients with ulcerative colitis. Scand J Gastroenterol. 2013 Apr;48(4):412-8. doi: 10.3109/00365521.2012.763175. Epub 2013 Jan 28.

    Okuyama Y1, Andoh A, Nishishita M, Fukunaga K, Kamikozuru K, Yokoyama Y, Ueno Y, Tanaka S, Kuge H, Yoshikawa S, Sugahara A, Anami E, Munetomo Y, Watanabe C, Fujiyama Y, Matsumoto T

  • Engineering functional two- and three-dimensional liver systems in vivo using hepatic tissue sheets. Nature Medicine. 2007 Jul;13(7):880-5. Epub 2007 Jun 17.

    Ohashi K, Yokoyama T, Yamato M, Kuge H, Kanehiro H, Tsutsumi M, Amanuma T, Iwata H, Yang J, Okano T, Nakajima Y.

  • In Vivo Engineering of Metabolically Active Hepatic Tissues in a Neovascularized Subcutaneous Cavity. American Journal of Transplantation Volume 6, Issue 1, Date: January 2006, Pages: 50-59

    T. Yokoyama, K. Ohashi, H. Kuge, H. Kanehiro, H. Iwata, M. Yamato, Y. Nakajima

  • Stability and repeat regeneration potential of the engineered liver tissues under the kidney capsule in mice. Cell Transplantation. 2005;14(9):621-7

    Ohashi K, Kay MA, Yokoyama T, Kuge H, Kanehiro H, Hisanaga M, Ko S, Nakajima Y.

  • Liver tissue engineering at extrahepatic sites in mice as a potential new therapy for genetic liver diseases.Hepatology. 2005 Jan;41(1):132-40

    Ohashi K, Waugh JM, Dake MD, Yokoyama T, Kuge H, Nakajima Y, Yamanouchi M, Naka H, Yoshioka A, Kay MA.

  • 成人鼠径部ヘルニアに対する組織縫合法(Tissue to tissue herniorrhaphy)の治療成績 日本ヘルニア学会雑誌 Vol.4 No.1 p15-19 2018年

    久下博之,吉川周作,増田勉,内田秀樹,横谷倫世,山岡健太郎,稲垣水美,横尾貴史,稲次直樹

  • 腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(TAPP法)総手術時間からみた高難度症例の検討 日本内視鏡外科学会雑誌 22巻3号 p487-493 2017年

    久下博之,横尾貴史,山岡健太郎,内田秀樹,吉川周作

  • 休薬により寛解した直腸肛門部メトトレキサート(MTX)関連リンパ増殖性疾患(MTX-LPD)の1例 日本大腸肛門病学会雑誌 70巻5号 310-315 2017年

    久下博之,吉川周作,増田勉,内田秀樹,横谷倫世,山岡健太郎,稲垣水美,横尾貴史,稲次直樹,宮沢善夫

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師