新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

奈良県立医科大学 消化器・総合外科 教授

日本外科学会 指導医・外科専門医・外科認定医・代議員・Surgery Today Editorial Board 日本消化器外科学会 消化器外科指導医・消化器外科専門医・消化器外科認定医・評議員 日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医・理事・評議員・JHBPS Editorial Board 日本消化器病学会 指導医・消化器病専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本内視鏡外科学会 評議員 日本消化器病学会 近畿支部 評議員 日本臨床外科学会 評議員 日本癌治療学会 代議員 日本膵臓学会 評議員 十二指腸癌診療ガイドライン作成委員会 委員長

庄 雅之 しょう まさゆき 先生

公開日
2020/08/19

1991年奈良県立医科大学卒業、同年より外科医として研修を開始。1999年から3年半、米国Harvard大学に留学。2016年奈良県立医科大学消化器・総合外科教授に就任。肝胆膵領域、特に膵がんを専門として、関連診療科・部署との緊密な連携の下、化学療法、放射線治療、IVRを含む集学的治療を実践している。患者さんのご希望に沿って、あらゆる可能性を追求しつつ、最善かつ最先端の治療を行うことを目標としている。また学会活動、医学教育活動などを通じて、少しでも社会に貢献できるように精一杯尽力していきたい。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 外科
  • 庄先生の膵臓がんに関する得意な領域
    • 手術(腹腔鏡手術)
    • 化学療法
    • 放射線療法
    • IVR療法
    • 集学的治療
  • 【疾患】胆道癌【治療法】手術、化学療法、集学的治療
  • 【疾患】肝癌【治療法】手術、化学療法、集学的治療
  • 【疾患】消化器癌一般【治療法】手術、化学療法、集学的治療
  • 【得意な領域・分野・研究】肝胆膵疾患の手術および治療、癌化学療法、腫瘍免疫研究

資格・学会・役職

日本外科学会 指導医・外科専門医・外科認定医・代議員・Surgery Today Editorial Board
日本消化器外科学会 消化器外科指導医・消化器外科専門医・消化器外科認定医・評議員
日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医・理事・評議員・JHBPS Editorial Board
日本消化器病学会 指導医・消化器病専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本内視鏡外科学会 評議員
日本消化器病学会 近畿支部 評議員
日本臨床外科学会 評議員
日本癌治療学会 代議員
日本膵臓学会 評議員
十二指腸癌診療ガイドライン作成委員会 委員長
  • 奈良県立医科大学 消化器・総合外科 教授

所属病院

奈良県立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 奈良県橿原市四条町840
  • 近鉄橿原線「八木西口駅」 徒歩10分 万葉まほろば線「畝傍駅」 徒歩11分
  • 0744-22-3051
奈良県立医科大学附属病院

来歴等

略歴

1991年 奈良県立医科大学 卒業
1991年 奈良県立医科大学第一外科 医員
1999年 米国Harvard Medical School, Children’s Hospital(〜2002年) Research Fellow 留学
2003年 奈良県立医科大学消化器・総合外科 助手
2010年 奈良県立医科大学消化器・総合外科 講師
2012年 奈良県立医科大学消化器・総合外科 准教授
2016年 奈良県立医科大学消化器・総合外科 教授
2020年 奈良県立医科大学附属病院 副院長

論文

  • Potential role of the PD-L1 expression and tumor-infiltrating lymphocytes on neuroblastoma. Pediatr Surg Int. 2020 Feb;36(2):137-143

    Zuo S, Sho M, Sawai T, Kanehiro H, Maeda K, Yoshida M, Tsukada R, Nomura M, Okuyama H.

  • Significance of Herpesvirus Entry Mediator Expression in Human Colorectal Liver Metastasis. Ann Surg Oncol. 2019 Nov;26(12):3982-3989.

    Sasaki Y, Hokuto D, Inoue T, Nomi T, Yoshikawa T, Matsuo Y, Koyama F, Sho M.

  • Significance of the inflammation-based prognostic score in recurrent pancreatic cancer. Pancreatology. 2019 Jul;19(5):722-728.

    Nakagawa K, Sho M, Akahori T, Nagai M, Nakamura K, Takagi T, Tanaka T, Nishiofuku H, Ohbayashi C, Kichikawa K, Ikeda N.

  • A Comparison Between Plastic and Metallic Biliary Stent Placement in Patients Receiving Preoperative Neoadjuvant Chemoradiotherapy for Resectable Pancreatic Cancer. World J Surg. 2019 Feb;43(2):642-648.

    Nakamura K, Sho M, Akahori T, Nagai M, Nishiwada S, Nakagawa K, Tanaka T, Kichikawa K, Tamamoto T, Hasegawa M, Mitoro A, Yoshiji H, Ikeda N.

  • Risk Factors for Late-Onset Gastrointestinal Hemorrhage After Pancreatoduodenectomy for Pancreatic Cancer. World J Surg. 2019 Feb;43(2):626-633.

    Nagai M, Sho M, Akahori T, Nishiwada S, Nakagawa K, Nakamura K, Tanaka T, Nishiofuku H, Kichikawa K, Ikeda N.

  • Phase II Study of the Triple Combination Chemotherapy of SOXIRI (S-1/Oxaliplatin/Irinotecan) in Patients with Unresectable Pancreatic Ductal Adenocarcinoma. Oncologist. 2019 Jun;24(6):749-e224.

    Akahori T, Sho M, Yanagimoto H, Satoi S, Nagai M, Nishiwada S, Nakagawa K, Nakamura K, Yamamoto T, Hirooka S, Yamaki S, Ikeda N.

  • Prognostic factors for actual long-term survival in the era of multidisciplinary treatment for pancreatic ductal adenocarcinoma. Langenbecks Arch Surg. 2018 Sep;403(6):693-700.

    Nakagawa K, Akahori T, Nishiwada S, Nagai M, Nakamura K, Tanaka T, Tamamoto T, Ohbayashi C, Hasegawa M, Kichikawa K, Ikeda N, Sho M.

  • Pseudosarcomatous myofibroblastic proliferation of the gallbladder mimicking early carcinoma. Pathol Int. 2016 Aug;66(8):478-80.

    Sho M, Hatakeyama K, Obara S, Kunishige T, Takano M, Kasai T, Ohbayashi C, Nakajima Y.

  • Prognosis after surgical treatment for pancreatic cancer in patients aged 80 years or older: a multicenter study. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2016 Mar;23(3):188-97.

    Sho M, Murakami Y, Kawai M, Motoi F, Satoi S, Matsumoto I, Honda G, Uemura K, Yanagimoto H, Kurata M, Akahori T, Kinoshita S, Nagai M, Nishiwada S, Fukumoto T, Unno M, Yamaue H, Nakajima Y.

  • Central Pancreatectomy with Double Pancreaticojejunostomy. J Am Coll Surg. 2015 Aug;221(2):e15-9.

    Sho M, Akahori T, Nagai M, Satoi S, Yanagimoto H, Kinoshita S, Yamamoto T, Ikeda N, Kwon AH, Nakajima Y.

  • Optimal indication of neoadjuvant chemoradiotherapy for pancreatic cancer. Langenbecks Arch Surg. 2015 May;400(4):477-85.

    Sho M, Akahori T, Tanaka T, Kinoshita S, Nagai M, Nishiwada S, Tamamoto T, Nishiofuku H, Ohbayashi C, Hasegawa M, Kichikawa K, Nakajima Y.

  • Importance of resectability status in neoadjuvant treatment for pancreatic cancer. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2015 Jul;22(7):563-70.

    Sho M, Akahori T, Tanaka T, Kinoshita S, Nagai M, Tamamoto T, Ohbayashi C, Hasegawa M, Kichikawa K, Nakajima Y.

  • Postoperative prognosis of pancreatic cancer with para-aortic lymph node metastasis: a multicenter study on 822 patients. J Gastroenterol. 2015 Jun;50(6):694-702.

    Sho M, Murakami Y, Motoi F, Satoi S, Matsumoto I, Kawai M, Honda G, Uemura K, Yanagimoto H, Kurata M, Fukumoto T, Akahori T, Kinoshita S, Nagai M, Nishiwada S, Unno M, Yamaue H, Nakajima Y.

  • Pathological and clinical impact of neoadjuvant chemoradiotherapy using full-dose gemcitabine and concurrent radiation for resectable pancreatic cancer. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2013 Feb;20(2):197-205.

    Sho M, Akahori T, Tanaka T, Kinoshita S, Tamamoto T, Nomi T, Yamato I, Hokuto D, Yasuda S, Kawaguchi C, Nishiofuku H, Marugami N, Enomonoto Y, Kasai T, Hasegawa M, Kichikawa K, Nakajima Y.

  • Novel postoperative adjuvant strategy prevents early hepatic recurrence after resection of pancreatic cancer. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2011 Mar;18(2):235-9; discussion 239-40.

    Sho M, Tanaka T, Yamada T, Nomi T, Akahori T, Doh J, Yamato I, Hokuto D, Nishiofuku H, Marugami N, Kanehiro H, Kichikawa K, Nakajima Y.

  • Clinical significance and therapeutic potential of the programmed death-1 ligand/programmed death-1 pathway in human pancreatic cancer. Clin Cancer Res. 2007 Apr 1;13(7):2151-7.

    Nomi T, Sho M, Akahori T, Hamada K, Kubo A, Kanehiro H, Nakamura S, Enomoto K, Yagita H, Azuma M, Nakajima Y.

  • Clinical significance of programmed death-1 ligand-1 and programmed death-1 ligand-2 expression in human esophageal cancer. Clin Cancer Res. 2005 Apr 15;11(8):2947-53.

    Ohigashi Y, Sho M, Yamada Y, Tsurui Y, Hamada K, Ikeda N, Mizuno T, Yoriki R, Kashizuka H, Yane K, Tsushima F, Otsuki N, Yagita H, Azuma M, Nakajima Y.

  • Function of the vascular endothelial growth factor receptors Flt-1 and Flk-1/KDR in the alloimmune response in vivo. Transplantation. 2005 Sep 27;80(6):717-22.

    Sho M, Akashi S, Kanehiro H, Hamada K, Kashizuka H, Ikeda N, Nomi T, Kuzumoto Y, Tsurui Y, Yoshiji H, Wu Y, Hicklin DJ, Briscoe DM, Nakajima Y.

  • Requirements for induction and maintenance of peripheral tolerance in stringent allograft models. Proc Natl Acad Sci U S A. 2005 Sep 13;102(37):13230-5.

    Sho M, Kishimoto K, Harada H, Livak M, Sanchez-Fueyo A, Yamada A, Zheng XX, Strom TB, Basadonna GP, Sayegh MH, Rothstein DM.

  • CD45RB-targeting strategies for promoting long- term allograft survival and preventingchronic allograft vasculopathy. Transplantation. 2003 Apr 27;75(8):1142-6.

    Sho M, Harada H, Rothstein DM, Sayegh MH.

  • New insights into the interactions between T-cell costimulatory blockade and conventional immunosuppressive drugs. Ann Surg. 2002 Nov;236(5):667-75.

    Sho M, Sandner SE, Najafian N, Salama AD, Dong V, Yamada A, Kishimoto K, Harada H, Schmitt I, Sayegh MH.

  • Physiological mechanisms of regulating alloimmunity: cytokines, CTLA-4, CD25+ cells, and the alloreactive T cell clone size. J Immunol. 2002 Oct 1;169(7):3744-51.

    Sho M, Yamada A, Najafian N, Salama AD, Harada H, Sandner SE, Sanchez-Fueyo A, Zheng XX, Strom TB, Sayegh MH.

  • Physiologic regulation of alloimmune responses in vivo: the role of CTLA4 and TH1/TH2 cytokines. Transplant Proc. 2001 Nov- Dec;33(7-8):3826-8.

    Sho M, Salama AD, Yamada A, Najafian N, Sayegh MH.

  • Immunologic targets for currently available immunosuppressive agents: what is the optimal approach for children? Semin Nephrol. 2001 Sep;21(5):508-20.

    Sho M, Samsonov DV, Briscoe DM.

  • Simultaneous inoculation of donor lymphocyte subsets with transplantation in a rat cardiac allograft model. Transplant Proc. 1998 Nov;30(7):3876-8.

    Sho M, Nakajima Y, Hisanaga M, Kanehiro H, Kin T, Ohyama T, Nishio K, Nagao M, Ikeda N, Kanokogi H, Yamada T, Nakano H.

  • Transmembrane 4 superfamily as a prognostic factor in pancreatic cancer. Int J Cancer. 1998 Oct 23;79(5):509-16.

    Sho M, Adachi M, Taki T, Hashida H, Konishi T, Huang CL, Ikeda N, Nakajima Y, Kanehiro H, Hisanaga M, Nakano H, Miyake M.

  • A new evaluation of pancreatic function after pancreatoduodenectomy using secretin magnetic resonance cholangiopancreatography. Am J Surg. 1998 Sep;176(3):279-82.

    Sho M, Nakajima Y, Kanehiro H, Hisanaga M, Nishio K, Nagao M, Tatekawa Y, Ikeda N, Kanokogi H, Yamada T, Hirohashi S, Hirohashi R, Uchida H, Nakano H.

  • Pattern of recurrence after resection for intraductal papillary mucinous tumors of the pancreas. World J Surg. 1998 Aug;22(8):874-8.

    Sho M, Nakajima Y, Kanehiro H, Hisanaga M, Nishio K, Nagao M, Ikeda N, Kanokogi H, Yamada T, Nakano H.

その他

  • 【研究受賞歴】2001年  Young Investigator Award (American Transplant Congress, USA, 2001)

  • 【研究受賞歴】2002年  Young Investigator Award (American Transplant Congress, USA, 2002)

  • 【研究受賞歴】2003年  International Young Investigator Award (American Transplant Congress, USA, 2003)

  • 【研究受賞歴】2004年  German Surgical Society Guest Scholarship

  • 【研究受賞歴】2004年  膵臓病研究財団 研究奨励賞

  • 【研究受賞歴】2004年  上原記念生命科学財団研究奨励

  • 【研究受賞歴】2004年  大和証券ヘルス財団 調査研究助成

  • 【研究受賞歴】2004年  腎性貧血治療研究会 研究奨励賞

  • 【研究受賞歴】2004年  内藤記念若手研究者海外派遣助成

  • 【研究受賞歴】2005年  International Young Investigator Award (American Transplant Congress, USA, 2005)

  • 【研究受賞歴】2005年  中島佐一学術研究奨励賞

  • 【研究受賞歴】2005年  がん研究振興財団 研究助成

  • 【研究受賞歴】2006年  AACR Scholar-in-Training Award (American Association for Cancer Research, 97 th Meeting)

  • 【研究受賞歴】2006年  膵臓病研究財団 研究奨励賞

  • 【研究受賞歴】2006年  母子保健協会 小児医学研究助成

  • 【研究受賞歴】2006年  金原一郎記念医学振興財団 第20回研究交流助成

  • 【研究受賞歴】2007年  AACR Scholar-in-Training Award (American Association for Cancer Research, 98 th Meeting)

  • 【研究受賞歴】2007年  腎不全病態研究助成(2007-2010年)

  • 【研究受賞歴】2008年  AACR Scholar-in-Training Award (American Association for Cancer Research, 99 th Meeting)

  • 【研究受賞歴】2008年  American College of Surgeons, International Guest Scholarship

  • 【研究受賞歴】2009年  第47回日本癌治療学会学術集会 優秀演題賞

  • 【研究受賞歴】2009年  日本消化器病学会 研究助成

  • 【研究受賞歴】2009年  武田科学振興財団 医学系研究奨励研究助成

  • 【研究受賞歴】2009年  がん集学的治療研究財団 第30回一般研究助成

  • 【研究受賞歴】2009年  財団法人中山がん研究所 第2回中山がん研究所消化器疾患研究助成

  • 【研究受賞歴】2009年  喫煙科学研究財団研究助成(2009-2010年)

  • 【研究受賞歴】2010年  第22回日本肝胆膵外科学会 理事長賞

  • 【研究受賞歴】2012年  第24回日本肝胆膵外科学会 理事長賞

  • 【研究受賞歴】2013年  PanCAN Clinical Research Award

  • 【研究受賞歴】2013年  財団法人三井生命厚生事業団 第46回医学研究助成

  • 【研究受賞歴】2014年  第52回日本癌治療学会学術集会 最優秀演題賞

  • 【研究受賞歴】2014年  第52回日本癌治療学会学術集会 優秀演題賞

  • 【研究受賞歴】2014年  奈良県立医科大学特別共同研究助成(2014-2015年)

  • 【研究受賞歴】2014年  奈良県対ガン協会 がん研究助成(2014-2016年)

  • 【研究受賞歴】2015年  第27回日本肝胆膵外科学会 理事長賞

  • 【研究受賞歴】2015年  奈良県立医科大学 平成26年度FD活動表彰

  • 【研究受賞歴】2017年  上原記念生命科学財団研究助成

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師