新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

奈良県立医科大学附属病院 中央内視鏡部 病院教授

日本内科学会 認定内科医 日本消化器病学会 消化器病専門医・近畿支部 評議員 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・消化器内視鏡指導医 日本肝臓学会 肝臓専門医

山尾 純一 やまお じゅんいち 先生

公開日
2020/09/25

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器内科
  • 【疾患名】薬剤性消化管障害
  • 【得意な領域・分野・研究(MBTコンソーシアム連携用) 】消化器内視鏡

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 消化器病専門医・近畿支部 評議員
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・消化器内視鏡指導医
日本肝臓学会 肝臓専門医
  • 奈良県立医科大学附属病院 中央内視鏡部 病院教授

所属病院

奈良県立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 奈良県橿原市四条町840
  • 近鉄橿原線「八木西口駅」 徒歩10分 万葉まほろば線「畝傍駅」 徒歩11分
  • 0744-22-3051
奈良県立医科大学附属病院

来歴等

略歴

1981年 奈良県立医科大学 卒業
1989年 奈良県立医科大学 第三内科 助手
1999年 医学博士取得
1999年 奈良県立医科大学 第三内科 講師
2011年 奈良県立医科大学 中央内視鏡部 病院教授

論文

  • 1)Gut Dysbiosis Associated With Clinical Prognosis of Patients With Primary Biliary Cholangitis Hepatol Res Apr 28. doi: 10.1111/hepr.13509. 2020

  • 2)A Case of Isolated Pancreatic Sarcoidosis Diagnosed by Endoscopic Ultrasound-guided Fine-needle Aspiration Intern Med. Mar 12. doi: 10.2169/internalmedicine.4034-19. Online ahead of print. 2020

  • 3)奈良県における対策型胃がん内視鏡検診実施体制の課題. Gastroenterological Endoscopy. 62(2)204-209. 2020

  • 4)Treatment of long-segment Barrett's adanocarcinoma by complete circular endoscopic submucosal dissection: a case report. BMC Gastroenterol. 18(1):16.2018

  • 5)【EUSの現状と将来】診断 EUS-FNA検体における液状化検体細胞診(liquid-based cytology:LBC) (解説/特集) 肝・胆・膵.8(3).443-448. 2020

  • 6)ヒストアクリルにて良好な治療効果を得たアルコール性肝硬変患者に発症した上行結腸静脈瘤破裂の1例. 日本消化器病学会雑誌115:1087-1093.2018

  • 7)Gastric granular cell tumor in a youth excised by endoscopic submucosal dissection: A case report and literature review  Acta Gastrotenterol Belg. 80:317-319 2017.

  • 8)Gastric adenocarcinoma of fundic gland type (chief cell predominant type) with unique endoscopic appearance curatively treated by endoscopic submucosal resection. Acta Gastro-Enterologica Belgica. 336-339.2015

  • 9)Efficacy and Safety of 1-week Helicobacter Pylori Eradication Therapy and 7-week Rebamipide Treatment After Endoscopic Submucosal Dissection of Early Gastric Cancer in Comparison With 8-week PPI Standard Treatment: A Randomized, Controlled, Prospective, Multicenter Study Gastric cancer 18(3):612-7. 2015

  • 10)Inpact of a taransparent hood on the performance and therapeutic result of endoscopic injection Sclerotherapy. 奈良医学雑誌.  65(4.5.6):51-62.2014

  • 11)高齢化社会におけるNSAIDs消化管障害 COX-2選択性NSAIDsによる上部消化管障害のリスクファクター 消化器内科.59(2):123-130.2014

  • 12)消化器病専門医研修カリキュラム改訂:上部消化管.日本消化器病学会雑誌110(5):801-0.2013

  • 13)診断的治療のために胃粘膜下層剥離術(ESD)を施行した胃脂肪腫の1例.日本消化器内視鏡学会雑誌 59(9):3141-3147.2012

  • 14)当科における耐術能不良な食道がん症例に対する集学的治療の現状 特に高齢者治療の観点から Journal of Nara Medical Association 63(3-4)47-53.2012

  • 15)特集 攻略!NSAIDs潰瘍.日経メディカル(528):50-54.2011

  • 16)腹膜刺激症状により発症した魚骨による回腸穿孔の一例.Journal of Nara Medical Association62(1-2)43-48 2011

  • 17)胃転移巣の免疫染色にて診断した原発性肺腺癌の1例.Journal of Nara Medical Association61(5-6)175-183.2010

  • 18)【もう一歩進んだ経鼻内視鏡】調査リポート 僻地診療所における経鼻内視鏡導入がもたらす影響.消化器 内視鏡 22(5)868-872.2010

  • 19)Risk Factors for the Development of Gastric Mucosal Lesions in Rheumatoid Arthritis Patients Receiving Long-Term Nonsteroidal Anti-Inflammatory Drug Therapy and the Efficacy of Famotidine Obtained From the FORCE Study. Mod Rheumatol 19(6):629-36. 2009

  • 20)Up-to-date Information on Gastric Mucosal Lesions From Long-Term NSAID Therapy in Orthopedic outpatients: A Study Using Logistic Regression Analysis . J orthop sci 12(4):341-6.2007

  • 21)Endoscopic Extraction of Biliary Ascariasis by Using a Wire-Guided Basket, Without a Sphincterotomy Gastrointestinal Endosc 65(2):327.2007 

  • 22)NSAIDs長期服用患者の胃粘膜傷害に対するFamotidine(20mg/日)の治療効果 Rebamipideを対照とした 多施設前向き無作為化群間比較試験:FORCE study.Therapeutic Research 2007 ;28:741-50.

  • 23)Assessing the efficacy of famotidine and rebamipide in the treatment of gastric mucosal lesions in patients receiving long-term NSAID therapy (FORCE – Famotidine Or Rebamipide in Comparison by Endoscopy Gastroenterol, 41(12):1176-1182, 2006

  • 24)NSAIDs長期服用患者における胃粘膜傷害の発症状況に関する疫学調査.Therapeutic Research 27:1211-7.2006

  • 25)Postmarketing Surveillance of Rabeprazole in Upper Gastrointestinal Peptic Lesions in Japanese Patients With Coexisting Hepatic Disorders. Curr Ther Res Clin Exp. 67(1):1-20.2006

著書

  • 薬剤性消化管傷害―NSAIDs・アスピリンをめぐるエビデンスとプラクティス/南江堂/2009 Ⅴ 本邦におけるNSAIDs、アスピリン消化管傷害のエビデンス 3 今日のNSAIDs潰瘍―奈良県立医科大学から

その他

  • 【受賞】1993年度 高齢消化器病研究会 奨励賞

  • 【受賞】1994年度 高齢消化器病研究会 奨励賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師