新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

奈良県立医科大学病院 脳神経内科 教授

日本内科学会 総合内科専門医・指導医・評議員 日本神経学会 神経内科専門医・指導医・代議員 日本脳卒中学会 脳卒中専門医・脳卒中指導医・評議員 日本認知症学会 認知症専門医・指導医 日本頭痛学会 認定頭痛専門医・指導医・代議員 日本神経病理学会 神経病理認定医・指導医・代議員 日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医 日本脳血管・認知症学会 理事・評議員 日本神経感染症学会 監事・評議員 日本末梢神経学会 監事・評議員 日本脳サプリメント学会 理事 日本神経治療学会 評議員 World Muscle Society Active member

杉江 和馬 すぎえ かずま 先生

公開日
2020/07/22

1995年に奈良県立医科大学を卒業後、脳神経内科の修練を積み、国立精神・神経医療研究センターへ留学。2017年に奈良県立医科大学教授に就任。研究では、筋炎や筋ジストロフィー、Danon病をはじめとするオートファジー関連の筋疾患の研究を展開。臨床では、脳卒中・認知症・頭痛症の指導医・専門医を有し、パーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症など神経難病の診療や地域医療、末梢神経・筋病理解析、遺伝性疾患診療など、臨床神経学全般に精通する。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経内科
  • 筋疾患
  • 神経難病
  • 末梢神経疾患
  • 【得意な領域・分野・研究】骨格筋組織におけるオートファジー研究、骨格筋萎縮とサルコペニア、神経難病や認知症患者の在宅医療環境(呼吸・栄養・療養)

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医・指導医・評議員
日本神経学会 神経内科専門医・指導医・代議員
日本脳卒中学会 脳卒中専門医・脳卒中指導医・評議員
日本認知症学会 認知症専門医・指導医
日本頭痛学会 認定頭痛専門医・指導医・代議員
日本神経病理学会 神経病理認定医・指導医・代議員
日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医
日本脳血管・認知症学会 理事・評議員
日本神経感染症学会 監事・評議員
日本末梢神経学会 監事・評議員
日本脳サプリメント学会 理事
日本神経治療学会 評議員
World Muscle Society Active member
  • 奈良県立医科大学病院 脳神経内科 教授
  • 厚生労働省 自己貪食空胞性ミオパチー調査研究班 研究代表者
  • 厚生労働省 希少難治性筋疾患に関する調査研究班 分担研究者

所属病院

奈良県立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 奈良県橿原市四条町840
  • 近鉄橿原線「八木西口駅」 徒歩10分 万葉まほろば線「畝傍駅」 徒歩11分
  • 0744-22-3051
奈良県立医科大学附属病院

来歴等

略歴

1995年 奈良県立医科大学医学部 卒業
2001年 奈良県立医科大学大学院 卒業 医学博士取得
2001年 国立精神・神経医療研究センター神経研究所 研究員
2003年 りんくう総合医療センター脳神経内科 副医長
2004年 奈良県立医科大学脳神経内科 助手
2006年 奈良県立医科大学脳神経内科 講師
2014年 奈良県立医科大学脳神経内科 准教授
2017年 奈良県立医科大学脳神経内科 教授

論文

  • Quantitative associations between objective sleep measures and early-morning mobility in Parkinson's disease: cross-sectional analysis of the PHASE study. Sleep. 2020;43:zsz203

    Kataoka H, Saeki K, Sugie K, et al.

  • Objective sleep measures between patients with Parkinson's disease and community-based older adults. Sleep Med. 2020;68:110-114.

    Kataoka H, Saeki K, Sugie K, et al.

  • A juvenile sporadic amyotrophic lateral sclerosis case with P525L mutation in the FUS gene: A rare co-occurrence of autism spectrum disorder and tremor. J Neurol Sci. 2019 Mar 15;398:67-68.

    Eura N, Sugie K, Suzuki N, et al.

  • Spinal segmental myoclonus in both legs associated with antibodies to glycine receptors. Neurol Clin Pract. 2019;9: 176-177.

    Nanaura H, Kataoka H, Sugie K, et al.

  • A Nationwide Survey on Danon Disease in Japan. Int J Mol Sci. 2018;19:E3507

    Sugie K, Komaki H, Eura N, et al.

  • Small-Vessel Vasculopathy Due to Aberrant Autophagy in LAMP-2 Deficiency. Sci Rep. 2018;8:3326.

    Nguyen HT, Noguchi S, Sugie K, et al.

  • Six-month cultured cerebral organoids from human ES cells contain matured neural cells. Neurosci Lett. 2018;670:75-82

    Matsui TK, Matsubayashi M, Sugie K, et al.

  • Does istradefylline really have a dystonic mechanism? J Neurol Sci. 2018;388:233-234

    Kataoka H, Sugie K.

  • Up-regulation of POMC and CART mRNAs by intermittent hypoxia via GATA transcription factors in human neuronal cells. Int J Biochem Cell Biol. 2018;95:100-107

    Shobatake R, Takasawa K, Sugie K, et al.

  • Pathomechanisms of anti-cytosolic 5'-nucleotidase 1A autoantibodies in sporadic inclusion body myositis. Ann Neurol. 2017;81:512-525

    Tawara N, Yamashita S, Sugie K , et al.

  • Unilateral arm and contralateral leg amyotrophy in FSHD: unusual presentation. Neurology. 2012;79:e46.

    Sugie K , Hayashi YK, Goto K, et al.

  • Hemiatrophy as a clinical presentation in facioscapulohumeral muscular dystrophy. Neurology. 2009;73:e24.

    Sugie K, Hayashi YK, Kin T, et al.

  • Primary collagen VI deficiency is the second most common congenital muscular dystrophy in Japan. Neurology. 2007;69:1035-42.

    Okada M, Kawahara G, Noguchi S, Sugie K , et al.

  • A new congenital form of X-linked autophagic vacuolar myopathy. Neurology. 2005;65:1132-4.

    Yan C, Tanaka M, Sugie K , et al.

  • Autophagic vacuoles with sarcolemmal features delineate Danon disease and related myopathies. J Neuropathol Exp Neurol. 2005:64:513-522.

    Sugie K , Noguchi S, Kozuka Y, et al.

  • Fukutin-related protein gene mutated in the original kindred limb-girdle MD 2I. Neurology. 2003;60:1341-4.

    Driss A, Noguchi S, Amouri R, Kefi M, Sasaki T, Sugie K , et al.

  • Distal myopathy with rimmed vacuoles is allelic to hereditary inclusion body myopathy. Neurology. 2002;59:1689-93.

    Nishino I, Noguchi S, Murayama K, Driss A, Sugie K , et al.

  • Ullrich disease due to deficiency of collagen VI in the sarcolemma. Neurology. 2004;62:620-623.

    Ishikawa H, Sugie K, Murayama K, et al.

  • Characterization of Danon disease in a male patient and his affected mother. Neuromuscul Disord. 2003;13:708-11.

    Sugie K, Koori T, Yamamoto A, et al.

  • A novel form of autophagic vacuolar myopathy with late-onset and multiorgan involvement. Neurology. 2003;61:128-131.

    Kaneda D, Sugie K, Yamamoto A, et al.

  • Clinicopathological features of genetically confirmed Danon disease. Neurology. 2002:58:1773-1778.

    Sugie K, Yamamoto A, Murayama K, et al.

  • Ullrich disease: collagen VI deficiency: EM suggests a new basis for muscular weakness. Neurology. 2002;59:920-923.

    Ishikawa H, Sugie K, Murayama K, et al.

  • Hereditary motor and sensory neuropathy with minifascicle formation in a patient with 46XY pure gonadal dysgenesis: a new clinical entity. Ann Neurol. 2002:51:385-388.

    Sugie K, Futamura N, Suzumura A, et al.

著書

  • Lysosomal Membrane Disorders: LAMP-2 Deficiency/Rosenberg’s Molecular and Genetic Basis of Neurological and Psychiatric Disease/Elsevier/2020(印刷中)

  • 筋疾患・筋痙攣とミオグロビン尿症/内科学第12版/朝倉書店/2020(印刷中)

  • 自己貪食空胞性ミオパチーとオートファジー/Annual Review 神経 2017/中外医学社/2017年

  • Danon病/骨格筋症候群(下)/日本臨床社/2015 年

  • 過剰自己貪食を伴うX連鎖性ミオパチー/骨格筋症候群(下)/日本臨床社/2015 年

  • ライソゾーム膜の異常:ダノン病/神経症候群/日本臨床社/2014 年

特許

  • 杉江和馬・森英一朗・松井健・江浦信之/脳幹オルガノイドの作製方法/2019年6月5日/特願2019-105186

その他

  • 【受賞】2007年 かなえ医薬振興財団 研究助成金 受賞

  • 【受賞】2014年 中島佐一学術研究奨励賞 研究助成金 受賞

  • 【受賞】2015年 World Muscle Society Congress Fellowship Award受賞

  • 【受賞】2019年 先進医薬研究振興財団 研究助成金 受賞

  • 【受賞】2019年 ブリストル・マイヤーズ・スクイブ 研究助成金 受賞

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師