新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

奈良県立医科大学 放射線・核医学科 准教授

日本癌治療学会 会員 日本膵臓学会 会員 日本脈管学会 認定脈管専門医 日本血管内治療学会 会員 日本医学放射線学会 放射線科専門医・代議員 日本IVR学会 IVR専門医・理事 Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe(CIRSE) 会員

田中 利洋 たなか としひろ 先生

公開日
2020/08/28

インターベンショナル・ラジオロジー(画像下治療)の技術を用いた悪性腫瘍(がん)に対する低侵襲治療を専門とする。2020年度からは日本IVR学会理事に就任。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 放射線科
  • 田中先生の肝がんに関する得意な領域
    • 血管塞栓術
    • マイクロ波・ラジオ波凝固療法
    • 動注療法
  • 田中先生の膵臓がんに関する得意な領域
    • 血管塞栓術
    • マイクロ波・ラジオ波凝固療法
    • 動注療法
  • 田中先生の転移性肝がんに関する得意な領域
    • 血管塞栓術
    • マイクロ波・ラジオ波凝固療法
    • 動注療法
  • 【得意な領域・分野・研究】インターベンショナル・ラジオロジー(画像下治療)、新規デバイス開発
  • 【疾患名】肝臓がん、膵臓がん、転移性肝がん、内臓動脈瘤、子宮筋腫、慢性運動器疼痛、など【治療法】血管造影、CT、超音波を用いた各種画像下治療

資格・学会・役職

日本癌治療学会 会員
日本膵臓学会 会員
日本脈管学会 認定脈管専門医
日本血管内治療学会 会員
日本医学放射線学会 放射線科専門医・代議員
日本IVR学会 IVR専門医・理事
Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe(CIRSE) 会員
  • 奈良県立医科大学 放射線・核医学科 准教授

所属病院

奈良県立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 奈良県橿原市四条町840
  • 近鉄橿原線「八木西口駅」 徒歩10分 万葉まほろば線「畝傍駅」 徒歩11分
  • 0744-22-3051
奈良県立医科大学附属病院

来歴等

略歴

1996年 奈良県立医科大学 臨床研修医 卒業
1998年 愛知県がんセンター レジデント
2000年 奈良県立医科大学 放射線医学 助教
2009年 ドイツ、アーヘン大学 応用医療工学部 客員研究員(〜2011年)
2014年 奈良県立医科大学放射線科 講師
2015年 奈良県立医科大学放射線科 准教授

論文

  • Use of a Glass Membrane Pumping Emulsification Device Improves Systemic and Tumor Pharmacokinetics in Rabbit VX2 Liver Tumor in Transarterial Chemoembolization. J Vasc Interv Radiol. 2020 Feb;31(2):347-351.

    Masada T, Tanaka T (corresponding author), et al.

  • Drug Release Property of Lipiodol Emulsion Formed by Glass Membrane Emulsification Device for Transarterial Chemoembolization. Cardiovasc Intervent Radiol. 2020 Jan;43(1):135-139.

    Tanaka T,et al.

  • Selective TACE with irinotecan-loaded 40 μm microspheres and FOLFIRI for colorectal liver metastases: phase I dose escalation pharmacokinetic study. BMC Cancer. 2019 Aug 1;19(1):758.

    Tanaka T,et al.

  • Safety and Prognosis of Transarterial Chemoembolization for Octogenarians with Hepatocellular Carcinoma. Cardiovasc Intervent Radiol. 2019 Oct;42(10):1413-1419.

    Cheng HM, Tanaka T(corresponding author),et al.

  • Development of Repeatable Microcatheter Access Port for Intra-arterial Therapy of Liver Cancer. Cardiovasc Intervent Radiol. 2019 Feb;42(2):298-303.

    Fukuoka Y, Tanaka T(corresponding author),et al.

  • Superabsorbent Polymer Microspheres Prepared with Hypertonic Saline to Reduce Microsphere Expansion. Cardiovasc Intervent Radiol. 2018 Sep;41(9):1412-1418.

    Sato T, Tanaka T(corresponding author),et al.

  • Development of pumping emulsification device with glass membrane to form ideal lipiodol emulsion in transarterial chemoembolization. Eur Radiol. 2018 May;28(5):2203-2207.

    Tanaka T,et al.

  • Techniques to Form a Suitable Lipiodol-Epirubicin Emulsion by Using 3-Way Stopcock Methods in Transarterial Chemoembolization for Liver Tumor. J Vasc Interv Radiol. 2017 Oct;28(10):1461-1466.

    Masada T, Tanaka T(corresponding author),et al.

  • Pharmacokinetics and Histopathological Findings of Chemoembolization Using Cisplatin Powder Mixed with Degradable Starch Microspheres in a Rabbit Liver Tumor Model. Cardiovasc Intervent Radiol. 2017 Mar;40(3):438-444.

    Sato T, Tanaka T(corresponding author),et al.

  • Adjuvant Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy After Resection for Pancreatic Cancer Using Coaxial Catheter-Port System Compared with Conventional System. Cardiovasc Intervent Radiol. 2016 Jun;39(6):831-9.

    Hashimoto A, Tanaka T(corresponding author),et al.

  • Compatibility of an Ultraselective Microcatheter and Epirubicin Loaded 300-500-μm DC Bead in Ex Vivo Study. Cardiovasc Intervent Radiol. 2015 Oct;38(5):1284-7.

    Fukuoka Y, Tanaka T(corresponding author),et al.

  • Current role of hybrid CT/angiography system compared with C-arm cone beam CT for interventional oncology. Br J Radiol. 2014 Sep;87(1041):20140126.

    Tanaka T,et al.

  • Pharmacokinetics and antitumor efficacy of chemoembolization using 40 µm irinotecan-loaded microspheres in a rabbit liver tumor model. J Vasc Interv Radiol. 2014 Jul;25(7):1037-1044.e2.

    Tanaka T,et al.

  • An early-stage, non-hypervascular HCC successfully treated by superselective, bland transarterial embolization using 40-μm microspheres. Anticancer Res. 2014 Apr;34(4):1947-51.

    Tanaka T,et al.

  • Coils versus gelatin particles with or without intraarterial antibiotics for partial splenic embolization: a comparative evaluation. J Vasc Interv Radiol. 2014 Jun;25(6):852-8.

    Masada T, Tanaka T(corresponding author),et al.

  • Repeated bland-TAE using small microspheres injected via an implantable port-catheter system for liver metastases: an initial experience. Cardiovasc Intervent Radiol. 2014 Apr;37(2):493-7.

    Tanaka T,et al.

  • Splenic Vein Embolization Using Coil Anchors and Prophylactic Occlusion of a Hepatofugal Collateral for Hepatic Encephalopathy due to Splenorenal Shunt: Technical Note and Literature Review. Case Rep Radiol. 2013;2013:160653.

    Inoue M, Tanaka T(corresponding author),et al.

  • Superselective particle embolization enhances efficacy of radiofrequency ablation: effects of particle size and sequence of action. Cardiovasc Intervent Radiol. 2013 Jun;36(3):773-82.

    Tanaka T,et al.

  • Unresectable pancreatic cancer: arterial embolization to achieve a single blood supply for intraarterial infusion of 5-fluorouracil and full-dose IV gemcitabine. AJR Am J Roentgenol. 2012 Jun;198(6):1445-52.

    Tanaka T,et al.

  • Intra-arterial chemoinfusion prior to chemoradiotherapy with full-dose systemic gemcitabine for management of locally advanced pancreatic cancer. Anticancer Res. 2011 Nov;31(11):3909-12.

    Tanaka T,et al.

  • Microwave ablation compared with radiofrequency ablation for breast tissue in an ex vivo bovine udder model. Cardiovasc Intervent Radiol. 2012 Aug;35(4):914-20.

    Tanaka T,et al.

  • Direct current combined with bipolar radiofrequency ablation: an ex vivo feasibility study. Cardiovasc Intervent Radiol. 2011 Jun;34(3):631-6.

    Tanaka T,et al.

  • Pull-through technique for recanalization of occluded portosystemic shunts (TIPS): technical note and review of the literature. Cardiovasc Intervent Radiol. 2011 Apr;34(2):406-12.

    Tanaka T,et al.

  • Pharmacokinetic evaluation of pancreatic arterial infusion chemotherapy after unification of the blood supply in an animal model. J Vasc Interv Radiol. 2010 Jan;21(1):116-21.

    Tanaka T,et al.

  • Optimization of direct current-enhanced radiofrequency ablation: an ex vivo study. Cardiovasc Intervent Radiol. 2010 Oct;33(5):1028-32.

    Tanaka T,et al.

  • A novel interventional radiology technique for arterial infusion chemotherapy against advanced pancreatic cancer. AJR Am J Roentgenol. 2009 Apr;192(4):W168-77.

    Tanaka T,et al.

  • Early detection of therapeutic response to hepatic arterial infusion chemotherapy of liver metastases from colorectal cancer using diffusion-weighted MR imaging. Cardiovasc Intervent Radiol. 2009 Jul;32(4):638-46.

    Marugami N, Tanaka T(corresponding author),et al.

  • Arterial infusion of 5-fluorouracil combined with concurrent radiotherapy for unresectable pancreatic cancer: results from a pilot study. AJR Am J Roentgenol. 2007 Aug;189(2):421-8.

    Tanaka T,et al.

  • Catheter position for adequate intra-arterial chemotherapy for advanced pancreatic cancer: evaluation with CT during arterial injection of contrast material. J Vasc Interv Radiol. 2004 Oct;15(10):1089-97.

    Tanaka T,et al.

  • Radiologic placement of side-hole catheter with tip fixation for hepatic arterial infusion chemotherapy. J Vasc Interv Radiol. 2003 Jan;14(1):63-8.

    Tanaka T,et al.

著書

  • 大須賀慶梧、田中利洋. Beads TACE/TAE、日本肝臓学会編 肝癌診療マニュアル第4版、医学書院 2020年 141-143頁

  • 田中利洋、宮山士朗、村上卓道. Beads TACEとcomventional TACEをどう使い分けるか、日本肝臓学会編 肝癌診療マニュアル第4版、医学書院 2020年 144-146頁

  • 田中利洋、吉川公彦. Interventional Radiology、大西武雄監修 放射線医学の事典、朝倉書店 2019年 2020-222頁

  • 田中利洋、吉川公彦. Interventional Radiology (IVR)、放射線医科学-生体と放射線・電磁波・超音波、 医療科学社、2016年 126-129頁

  • 田中利洋、吉川公彦. コイル総論、荒井保明、中島康雄、田島寛之編 塞栓物質を使いこなす 適応と塞栓術の実際、メジカルビュー社 2016年 136~147頁

  • 吉川公彦、穴井 洋、田中利洋. IVR 日本臨床腫瘍学会監修 入門腫瘍内科学 改訂第2版, 篠原出版社, 2015年114~117頁

  • 田中利洋. 経皮的胆嚢ドレナージ術、 吉岡哲也編 図説胆道IVR経皮インターベンションのすべて、メジカルビュー社、2015年 62~67頁

  • Tanaka T. Hybrid Interventional CT/Angio System. In: Andreas H. Mahnken, James Rick, editors. MR-Guided Interventions in Radiology 2nd Edition, Springer 2013 p.515-529.

  • 田中利洋、阪口 浩、穴井 洋. TAE併用によるRFA  大崎住夫編 肝癌ラジオ波凝固療法の実践テクニック, 中山書店 2008年110-111頁

  • 田中利洋、阪口 浩. 血流改変術とカテーテル留置, リザーバー研究会監修 リザーバー療法, 南江堂 2003年 192-193頁

特許

  • 特許第6261150号 「ヒューバー針用抜針器及びその製造方法」

  • 特許第6406706号 「シリンジ回転装置」

その他

  • 【受賞】平成26年(2014): 膵臓病研究財団研究奨励賞受賞

  • 【受賞】平成26年(2014): The 10% best-rated scientific papers at CIRSE 2014

  • 【受賞】平成24年(2012): 中島佐一学術研究奨励賞受賞

  • 【受賞】平成24年(2012): The 10% best-rated scientific papers at CIRSE 2012

  • 【受賞】平成23年(2011): 第15回リザーバー研究会推薦研究賞

  • 【受賞】平成23年(2011): 膵臓病研究財団研究奨励賞受賞

  • 【受賞】平成20年(2008): The 10th International Symposium on IR, Certificate of Merit

  • 【受賞】平成20年(2008): 第12回リザーバー研究会推薦研究賞

  • 【受賞】平成20年(2008): 第11回リザーバー研究会推薦研究賞

  • 【受賞】平成19年(2007): 日本インターベンショナル・ラジオロジー学会、最優秀論文賞2007

  • 【受賞】平成17年(2005): 奈良県医師会学術奨励賞

  • 【受賞】平成15年(2003): 第4回リザーバー研究会推薦研究賞

  • 【受賞】平成15年(2003): 第4回リザーバー研究会推薦研究賞

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師