新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

奈良県立医科大学 整形外科 講師

日本整形外科学会 整形外科専門医・認定脊椎脊髄病医・認定運動器リハビリテーション医 日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医 日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医 日本臨床神経生理学会 会員

重松 英樹 しげまつ ひでき 先生

公開日
2020/04/03

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科
  • 脊椎外科
  • 【疾患】小児側弯症 【治療法】矯正固定術、脊髄モニタリング

資格・学会・役職

日本整形外科学会 整形外科専門医・認定脊椎脊髄病医・認定運動器リハビリテーション医
日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医
日本臨床神経生理学会 会員
  • 奈良県立医科大学 整形外科 講師
  • 日本脊椎脊髄病学会 評議員・広報委員
  • 中部日本整形外科災害外科学会 評議員
  • 日本側弯症学会 評議員・国際委員

所属病院

奈良県立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 奈良県橿原市四条町840
  • 近鉄橿原線「八木西口駅」 徒歩10分 万葉まほろば線「畝傍駅」 徒歩11分
  • 0744-22-3051
奈良県立医科大学附属病院

来歴等

略歴

2000年 奈良県立医科大学附属病院 臨床研修医 整形外科
2001年 奈良県立三室病院 臨床研修医 麻酔科
2001年 済生会富田林病院 整形外科
2003年 三重県厚生連松阪中央病院 整形外科
2009年 大和高田市立病院 整形外科
2011年 香港大学 整形外科 留学
2012年 奈良県立医科大学 整形外科 医員
2012年 奈良県立医科大学 整形外科 診療助教
2013年 奈良県立医科大学 整形外科 助教
2015年 奈良県立医科大学 整形外科 学内講師
2020年 奈良県立医科大学 整形外科 講師

論文

  • 一般市民における「ロコチェック」と転倒の関連.臨床整形外科 52巻6 号 2017年

    重松 英樹 岩田 栄一朗 田中 誠人 奥田 哲教 増田 佳亮 森本 安彦 田中 康仁

  • 腰部脊柱管狭窄症を持つ高齢者へのロコモチェックを用いた評価:一般高齢者との比 較.臨床整形外科 52巻9号 2017年

    重松 英樹 岩田 栄一朗 田中 誠人 奥田 哲教 増田 佳亮 森本 安彦 田中 康仁

  • 特発性側彎症への装具治療成績―奈良県立医科大学側弯外来データから―.臨床整形外科 53巻8号 2018年

    重松 英樹  田中 誠人 川崎 佐智子 増田 佳亮 山本 雄介 奥田 哲教 岩田 栄一朗 小泉宗久 田中 康仁

  • 運動習慣はロコモティブシンドロームと関係するか?.臨床整形外科 54巻6号 2019年

    重松 英樹 宗本 充 田中 誠人 川崎 佐智子 増田 佳亮 須賀 佑磨 山本 雄介 田中 康仁

  • 術中の脊髄モニタリング波形消失の対応について 対応フローチャートとチェックリ ストの効果.Journal of Spine Research 10巻2 号 2019年

    重松 英樹, 川口 昌彦, 田中 誠人, 林 浩伸, 高谷 恒範, 岩田 栄一朗, 奥田 哲教, 増田 佳亮, 川崎 佐智子, 山本 雄介, 田中 康仁

  • Increased Segmental Range of Motion is Correlated with Spondylolisthesis in the Cervical Spine after Laminoplasty.Spine 42(7) 2017

    Shigematsu H, Kura T, Iwata E, Okuda A, Morimoto Y, Masuda K, Tanaka Y.

  • Preventing Fusion Mass Shift Avoids Postoperative Distal Curve Adding-on in Adolescent Idiopathic Scoliosis.Luk CORR 475(5)2017

    Shigematsu H., Jason Pui Yin Cheung,Kin-Cheung Mak,Mauro Bruzzone, Keith D.K.

  • Post-tetanic transcranial motor evoked potentials augments the amplitude of compound muscle action potentials recorded from innervated and non-innervated muscles.The spine J 18(5) 2017

    Shigematsu H.,Kawaguchi M.,Hayashi H.,Takatani T.,Iwata E.,Tanaka M., Okuda A.,Morimoto Y.,Masuda K.,Tanaka Y.,Tanaka Y.

  • Loco-check presents a useful tool to determine health-related quality of life in elderly people with lumbar spinal stenosis.Journal of Orthopaedic science Dec 24 2018

    Shigematsu H, Tanaka M. Kawasaki S. Iwata E. Masuda K. Morimoto Y. Yamamoto Y. Tanaka Y.

  • Affirmative answers on loco-check as a predictor of health-related quality of life and locomotive syndrome progression in the elderly: a cross-sectional study.Modern Rheumatology Jun 13 2019

    Shigematsu H., Tanaka M., Munemoto M. Kawasaki S. Iwata E. Okuda A., Masuda K., Suga Y., Yamamoto Y., Tanaka Y.

  • 【選出】第10回日本脊椎脊髄病学会 Asia traveling Fellowship選出

その他

  • 【受賞】平成20年 日本整形外科基礎学術集会 優秀ポスター賞

  • 【受賞】平成21年 奈良県立医科大学整形外科学教室同門会奨励賞

  • 【選出】2011年 AO spine travelling fellowship 選出

  • 【選出】2017年 APOA-SICOT travelling fellowship選出

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師