【疾患啓発タイアップ】

子宮がんには2種類ある! 子宮体がん・子宮頸がんの違いと割合

公開日 2017 年 11 月 28 日 | 更新日 2017 年 11 月 30 日

子宮がんには2種類ある! 子宮体がん・子宮頸がんの違いと割合
金村 昌徳 先生

独立行政法人 国立病院機構 大阪南医療センター

金村 昌徳 先生

目次

子宮がんとは、女性特有の臓器である子宮に生じるがんのことです。子宮がんは子宮のどこにがんができるかによって大きく2つの種類があり、それによって原因、症状、治療方法が大きく異なります。また時代の変遷とともにそれぞれのがんに罹患する方の比率が変化していることもわかってきています。

今回は子宮がんの種類とその比率について国立病院機構大阪南医療センター産婦人科医長の金村昌徳先生にお話を伺いました。

子宮がんとは

子宮

子宮とは

子宮とは女性の内性器の1つで、筋肉でできた洋ナシ型の袋のような臓器です。子宮は妊娠時に胎児を守り発育する役目を持ちます。そのために受精卵を受け入れる準備として子宮内膜の増殖と剥離を繰り返す「月経」を起こすことも1つの特徴です。

女性特有の臓器に生じるがん

子宮がんとは上記のような女性特有の臓器である子宮に生じる悪性腫瘍(がん)です。子宮がんには大別して2つの種類があり、それぞれにがんが発生する原因や症状、治療方法が異なります。

子宮がんには2つの種類がある

子宮がんには、がんのできる部位によって2つの種類があります。

<子宮がんの種類>

子宮

ここではそれぞれの子宮がんについて説明いたします。

子宮体がん

子宮体がんは胎児の育つ子宮の袋状になった部分のなかにできたがんのことを指します。この部分は「子宮内膜」と呼ばれ、月経のもとになる場所としても知られています。子宮体がんにできるがんのうち、およそ90%はエストロゲンという女性ホルモンに依存して発生・進行するといわれています。詳しくは記事2『子宮体がんの症状と原因—どんな人がなりやすい?』をご覧ください。

子宮頸がん

子宮頸がんは子宮の出入り口部分にできたがんのことを指します。子宮頚部は子宮の下部に位置し、膣とつながっています。子宮頸がんはヒトパピローマウイルスの感染が原因であるということが明らかになっています。詳しくは記事4『子宮頸がんには初期症状がない?症状・原因・治療計画を専門医が解説』をご覧ください。

子宮体がん、子宮頸がんの割合

女性

およそ6対4、特に子宮体がんが増加中

子宮体がんと子宮頸がんの現在の比率はおよそ6:4です。現在子宮がんの罹患数は年間約25,200例です。このうち詳細が明らかになっているものだけでも、子宮体がん約13,600例、子宮頸がんは約10,900例※といわれています。

地域がん登録全国推計値2012年より

実は1970年頃まで子宮体がんよりも子宮頸がんのほうが、罹患数が多いことで知られていました。しかし近年は特にエストロゲンに依存したタイプの子宮体がんの罹患率が急激に上昇しているため、比率が徐々に逆転してきています。また、同じくエストロゲンに依存して発生・進行することがわかっている乳がんも時代の変化とともに罹患率が上昇しています。

 

 

関連記事

「子宮頸がん」
のページへ