【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 862608dc e0d2 4da3 8c47 4a71ab4c4d0e
子宮体がんとは?原因・症状・治療ー再発リスクはあるのか?
子宮がんには2つの種類があります。なかでも子宮体がんは子宮内膜に生じるがんのことで、そのほとんどが「エストロゲン」という女性ホルモンに依存して発生・進行しているといわれています。また近年、子宮体...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

子宮体がんとは?原因・症状・治療ー再発リスクはあるのか?

公開日 2017 年 11 月 30 日 | 更新日 2018 年 08 月 28 日

子宮体がんとは?原因・症状・治療ー再発リスクはあるのか?
金村 昌徳 先生

独立行政法人 国立病院機構 大阪南医療センター

金村 昌徳 先生

目次

子宮がんには2つの種類があります。なかでも子宮体がんは子宮内膜に生じるがんのことで、そのほとんどが「エストロゲン」という女性ホルモンに依存して発生・進行しているといわれています。また近年、子宮体がんに罹患する患者さんが増加していることを受け、非常に注目されている疾患であるといえます。

今回は子宮体がんのタイプ、原因、症状などについて国立病院機構大阪南医療センター産婦人科医長の金村昌徳先生にお話を伺いました。

子宮体がんとは

子宮体がんとは、女性特有の臓器である子宮の袋状になった部分に生じるがんのことです。この部分を子宮内膜といい、月経が起きる元にもなっています。子宮体がんは近年罹患者が増加していることでも知られています。

子宮体がんに罹患しやすいのは?

50〜60歳代女性

閉経後の女性に多い

子宮体がんは閉経後の女性が罹患しやすいがんで、50〜60歳代が罹患のピークといわれています。子宮頸がんと比較すると進行が早いことが多いのが特徴です。

子宮体がんのタイプ

子宮体がんにはその発生・進行によってタイプ1・タイプ2と2つのタイプがあります。

タイプ1

子宮体がんのおよそ90%がタイプ1に属します。タイプ1の子宮体がんは女性ホルモンである「エストロゲン」に大きく依存して発生・進行していくタイプを指します。エストロゲンは卵巣から分泌されるホルモンで、女性らしい体の形成や骨形成、自律神経調整などの役割を持っています。また、エストロゲンには子宮内膜を増殖させる作用があり、このエストロゲンによる刺激が長期間持続すると、子宮内膜増殖症という前がん病変(がん一歩手前の状態)を引き起こし、最終的にがんが発生してしまうことがあります。

エストロゲンに依存した子宮体がんは特徴として閉経前後の女性に多く、早期から不正出血などの症状が現れやすいことが知られています。

タイプ2

一方で子宮体がんのおよそ10%、エストロゲンに依存しない子宮体がんを総称してタイプ2といいます。タイプ2に分類されるがんは、ホルモンの依存などがなく突然発生するものが多く、抗がん剤が効きにくい漿液性腺(しょうえきせいせん)がん※や明細胞腺がんなどの特殊ながんも含まれます。

※漿液性腺がん……漿液という体液を産出するがん。卵巣・子宮に多い。

これらのがんは閉経後の方に多く、特にご高齢の方に罹患しやすい特徴があります。タイプ1の子宮体がんと比較すると進行が早く、抗がん剤なども効きにくいことが多いため治療が難しいといわれています。

子宮体がんの原因は?

多くがエストロゲンの過剰分泌による

子宮体がんの原因は現在のところはっきりと明らかになっていません。しかし、エストロゲンに依存するタイプ1の子宮体がんの場合には、エストロゲンを多く分泌しやすい環境下で生活していると罹患のリスクが高まるといわれています。エストロゲンを分泌しやすい状態としてよく知られているのは「肥満」です。

肥満とエストロゲンには強い結びつきがあります。具体的なメカニズムとしては、脂肪細胞から分泌されるアロマターゼという酵素が体内の男性ホルモン「アンドロゲン」をエストロゲンに変換してしまいます。つまり肥満化すると脂肪細胞が増殖することになり、通常より多くのエストロゲンが分泌されてしまうことになります。

一方でエストロゲンの分泌量を抑えるホルモンとしてプロゲステロンがあります。プロゲステロンは排卵後の卵の殻のようなものである「黄体」から分泌されるホルモンです。月経は子宮内膜を増殖させるエストロゲンと、それを阻止するプロゲステロンとのバランスによって起こります。肥満によってエストロゲンの分泌量が増加する一方で、いくら肥満化が進んでもプロゲステロンの分泌は排卵後におきるだけで一定であるために、体内のエストロゲンが過剰になってしまうのです。

そのため特に食事の欧米化が進み肥満化が進んだ昨今では、子宮体がんの患者数が飛躍的に増加しているといわれています。糖尿病や高血圧症に罹患している方が子宮体がんに罹患しやすい背景もこの肥満化が問題となっています。

また授乳期間中は排卵が抑制され、エストロゲンの分泌が抑えられることがわかっています。そのため未産、不妊など出産、授乳経験のない方はエストロゲンに暴露する期間が出産を経験している方よりも長く、タイプ1の子宮体がんに罹患しやすいというデータもあります。

子宮体がんの症状

トイレ

月経以外の不正出血が目印

子宮体がんの初期症状としてあげられるのが月経以外の不正出血です。子宮体がんは子宮頸がんと比較すると症状が早期に出やすく、サインがわかりやすいといわれています。

特に子宮体がんは閉経後の女性に多いがんでもあるため、不正出血にも気づきやすいはずです。もし不正出血がみられた場合には、まず産婦人科を受診されることをおすすめします。

おりものの変化から発覚することも

子宮体がんのほとんどは、このような不正出血をきっかけに産婦人科を受診することで発覚します。また、ときにおりものの匂い、色合いなどが気になって受診され、子宮体がんが発覚することもあります。おりものの異変は膣炎が原因であることがほとんどですが、まれにがんがひそんでいることもあります。

子宮体がんは検診ではみつかりにくい?

また子宮体がんには子宮頸がんと同様に検診がありますが、実は子宮体がんの検診でがんを発見できる確率は子宮頸がん検診に比べてそこまで高くないといわれています。子宮体がんの検診は、子宮の入口から細い専用の器具を挿入し、子宮内膜の細胞をこすり取って検査を行います。しかし、この際にがんのある部を的確に採取できるとも限りません。そのため万一がんがあったとしても、その病変が早期で小さければ小さいだけ、検診で発見できる確率が低くなります。

子宮体がんの治療-それぞれの適応と再発リスクについて方法は?

子宮体がんの治療-それぞれの適応と再発リスクについて方法には下記のような手段があります。

<子宮体がんの治療-それぞれの適応と再発リスクについて>

  • 手術治療
  • 放射線治療
  • 抗がん剤治療
  • ホルモン療法

子宮体がんの治療-それぞれの適応と再発リスクについて方法は、がんがどこまで広がっているかによって決定されます。がんがどこまで広がっているかを示す段階を「ステージ」あるいは「病期」と呼びます。

子宮体がんの治療-それぞれの適応と再発リスクについて計画

手術

基本的には術後にステージを診断

子宮体がんのステージは手術後に判断されます。これは、手術で子宮を摘出して初めてがんの広がりが明らかになるからです。そのため遠隔転移が多く、手術がどうしても難しい場合を除いて、基本的に手術を行います。

1995年大阪医科大学医学部卒業。2015年より独立行政法人 国立病院機構 大阪南医療センター産婦人科医長に就任。

関連記事