新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

金沢医科大学 産科婦人科 准教授

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医 日本周産期・新生児医学会 周産期(母体・胎児)専門医 日本臨床細胞学会 細胞診専門医・教育研修指導医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

高倉 正博 たかくら まさひろ 先生

公開日
2020/07/21

1993年より産婦人科としてのキャリアをスタートさせる。婦人科腫瘍(子宮体がん、子宮頸がん、卵巣がん)を専門とし、手術、化学療法を中心とした集学的治療を行いつつ、良性疾患に対する小侵襲手術にも力を注いでいる。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 産科
  • 婦人科
  • 高倉先生の子宮体がんに関する得意な領域
    • 腹腔鏡手術
    • 妊孕性温存療法
  • 高倉先生の子宮頸がんに関する得意な領域
    • 広汎子宮全摘術(開腹)
  • 高倉先生の卵巣がんに関する得意な領域
    • 腫瘍減量術
    • 化学療法
  • 高倉先生の子宮脱に関する得意な領域
    • 腹腔鏡手術(腹腔鏡下仙骨腟固定術)
    • 経腟的手術
  • 高倉先生の子宮筋腫に関する得意な領域
    • ロボット手術
    • 腹腔鏡手術

資格・学会・役職

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医
日本周産期・新生児医学会 周産期(母体・胎児)専門医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医・教育研修指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 金沢医科大学 産科婦人科 准教授

所属病院

金沢医科大学病院

  • 内科 精神科 神経内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 小児科 外科 整形外科 形成外科 脳神経外科 呼吸器外科 心臓血管外科 小児外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻いんこう科 リハビリテーション科 内視鏡内科 放射線科 病理診断科 歯科 矯正歯科 小児歯科 麻酔科 救急科 腫瘍内科 血液・リウマチ膠原病科
  • 石川県河北郡内灘町大学1丁目1
  • 北陸鉄道浅野川線「内灘駅」 医科大学病院行き、総合公園行き バス JR北陸本線(米原~金沢)「金沢駅」 特急・急行バスあり(金沢医科大学病院経由) 車25分
  • 076-286-3511
金沢医科大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1993年 金沢大学医学部 卒業
1999年 金沢大学産科婦人科 助手
2001年 北陸中央病院産婦人科 医長
2002年 金沢大学 医学博士取得
2003年 米国テキサス大学サウスウエスタンメディカルセンター細胞生物学部 リサーチフェロー
2005年 金沢大学産科婦人科 助手
2014年 金沢大学周産母子センター 准教授
2017年 金沢医科大学産科婦人科 准教授

論文

  • Detection of CTCs in cervical cancer using a conditionally replicative adenovirus targeting telomerase-positive cells. Cancer Sci. 2018: 109: 231-240

    Takakura M, Matsumoto T, Nakamura M, Mizumoto Y, Myojyo S, Yamazaki R, Iwadare J, Bono Y, Orisaka S, Obata T, Izuka T, Kagami K, Nakayama K, Hayakawa H, Sakurai F, Mizuguchi H, Urata Y, Fujiwara T, Kyo S, Sasagawa T, Fujiwara H.

  • Exosomal transfer of functional small RNAs mediates cancer-stroma communication in human endometrium. Cancer Med. 5: 304-14, 2016

    Maida Y, Takakura M, Nishiuchi T, Yoshimoto T, Kyo S.

  • 末梢血中がん細胞の検出とその意義 産婦人科の実際 62: 297-305, 2013

    高倉正博 藤原俊義 京哲

  • Circulating tumour cells detected by a novel adenovirus-mediated system may be a potent therapeutic marker in gynaecological cancers. Br J Cancer. 107(3):448-54, 2012

    Takakura M, Kyo S, Nakamura M, Maida Y, Mizumoto Y, Bono Y, Zhang X, Hashimoto Y, Urata Y, Fujiwara T, Inoue M.

  • Intraperitoneal administration of telomerase-specific oncolytic adenovirus sensitizes ovarian cancer cells to cisplatin and affects survival in a xenograft model with peritoneal dissemination. Cancer Gene Ther. 17(1):11-9, 2010

    Takakura M, Nakamura M, Kyo S, Hashimoto M, Mori N, Ikoma T, Mizumoto Y, Fujiwara T, Urata Y, Inoue M.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師