新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

金沢医科大学病理診断科 教授

日本病理学会 病理専門医・病理指導医 日本臨床細胞学会 細胞診専門医・教育研修指導医

山田 壮亮 やまだ そうすけ 先生

公開日
2020/08/13

日本病理学会 病理専門医、日本臨床細胞学会 細胞診専門医。
産業医科大学医学部医学科 卒業、産業医科大学 助教、鹿児島大学 講師を経て、2017年に金沢医科大学臨床病理学教授に就任。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 病理診断科
  • 【得意な領域】病理組織診断・細胞診断・病理解剖・病理診断コンサルト等

資格・学会・役職

日本病理学会 病理専門医・病理指導医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医・教育研修指導医
  • 金沢医科大学病理診断科 教授
  • 産業医科大学 産業医学基本講座 修了認定
  • 死体解剖資格 認定
  • 有機溶剤作業主任者 技能講習 修了
  • 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者技能講習 修了
  • 第11回 産業医科大学病院 臨床研修指導医 講習会 修了
  • 麻薬研究者 免許

所属病院

金沢医科大学病院

  • 内科 精神科 神経内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 小児科 外科 整形外科 形成外科 脳神経外科 呼吸器外科 心臓血管外科 小児外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻いんこう科 リハビリテーション科 内視鏡内科 放射線科 病理診断科 歯科 矯正歯科 小児歯科 麻酔科 救急科 腫瘍内科 血液・リウマチ膠原病科
  • 石川県河北郡内灘町大学1丁目1
  • 北陸鉄道浅野川線「内灘駅」 医科大学病院行き、総合公園行き バス JR北陸本線(米原~金沢)「金沢駅」 特急・急行バスあり(金沢医科大学病院経由) 車25分
  • 076-286-3511
金沢医科大学病院

来歴等

略歴

1995年 ラ・サール高等学校 卒業
2002年 産業医科大学医学部医学科 卒業
2002年 産業医科大学病院 産業医学修練医(胸部外科臨床研修医)
2008年 産業医科大学大学院 医学研究科 生体適応系生体機構部門 博士課程 修了
2008年 産業医科大学(医学部第二病理学) 助教
2011年 産業医科大学(医学部第二病理学) 講師
2015年 Institute of Pathology, Medical University of Graz, Austria & Institute of Molecular Biosciences, University of Graz, Austria 留学
2016年 鹿児島大学(大学院医歯学総合研究科病理学) 講師
2017年 金沢医科大学(臨床病理学) 教授

論文

  • The Association of Peroxiredoxin 4 with the Initiation and Progression of Hepatocellular Carcinoma. (2019 30(10): 1271-1284.)

    Antioxid Redox Signal, Guo X, Noguchi H, Ishii N, Homma T, Hamada T, Hiraki T, Zhang J, Matsuo K, Yokoyama S, Ishibashi H, Fukushige T, Kanekura T, Fujii J,Uramoto H, Tanimoto A, Yamada S.

  • Acupuncture on ST36, CV4 and KI1 Suppresses the Progression of Methionine- and Choline-Deficient Diet-Induced Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Mice. (2019, 9(12): pii: E299.)

    Metabolites, Meng X, Guo X, Zhang J, Moriya J, Kobayashi J, Yamaguchi R,Yamada S.

  • The impact of PRDX4 and the EGFR mutation status on cellular proliferation in lung adenocarcinoma. (2019; 16(9): 1199-1206.)

    Int J Med Sci, Mizutani K, Guo X, Shioya A, Zhang J, Zheng J, Kurose N,Ishibashi H, Motono N, Uramoto H, Yamada S.

  • The potential role of follicular helper T cells in idiopathic multicentric Castleman disease with and without TAFRO syndrome. (2019, 215(10): 152563.)

    Pathol Res Pract, Kurose N, Guo X, Shioya A, Mizutani KI, Kumagai M, Fujimoto S, Kawabata H, Masaki Y, Takai K, Aoki S, Nakamura S, Yamada S.

  • An extranodal histopathological analysis of idiopathic multicentric Castleman disease with and without TAFRO syndrome. (2019, 215(3): 410-413.)

    Pathol Res Pract, Kurose N, Mizutani KI, Kumagai M, Shioya A, Guo X, NakadaS, Fujimoto S, Kawabata H, Masaki Y, Takai K, Aoki S, Kojima M, Nakamura S,Kida M, Yamada S.

  • The Combination of Weak Expression of PRDX4 and Very High MIB-1 Labelling Index Independently Predicts Shorter Disease-free Survival in Stage I Lung Adenocarcinoma. (2018, 15(10): 1025-1034.)

    Int J Med Sci, Shioya A, Guo X, Motono N, Mizuguchi S, Kurose N, Nakada S,Aikawa A, Ikeda Y, Uramoto H, Yamada S.

  • Protective Effects of Peroxiredoxin 4 (PRDX4) on Cholestatic Liver Injury. (2018, 19(9). pii: E2509.)

    Int J Mol Sci, Zhang J, Guo X, Hamada T, Yokoyama S, Nakamura Y, Zheng J,Kurose N, Ishigaki Y, Uramoto H, Tanimoto A, Yamada S.

  • The clinicopathological comparison among nodal cases of idiopathic multicentric Castleman disease with and without TAFRO syndrome. (2018, 77: 130-138..)

    Hum Pathol, Kurose N, Futatsuya C, Mizutani KI, Kumagai M, Shioya A, Guo X,Aikawa A, Nakada S, Fujimoto S, Kawabata H, Masaki Y, Takai K, Aoki S, KojimaM, Nakamura S, Yamada S.

  • Its critical in vivo roles in animal models of metabolic syndrome ranging from atherosclerosis to nonalcoholic fatty liver disease. (2018,68(2): 91-101)

    Pathol Int, Yamada S, Guo X,Peroxiredoxin 4 (PRDX4)

  • Overexpression of Peroxiredoxin 4 Affects Intestinal Function in a Dietary Mouse Model of Nonalcoholic Fatty Liver Disease. (2016, 11(4): e0152549)

    PLoS One, Nawata A, Noguchi H, Mazaki Y, Kurahashi T, Izumi H, Wang KY, GuoX, Uramoto H, Kohno K, Taniguchi H, Tanaka Y, Fujii J, Sasaguri Y, Tanimoto A,Nakayama T, Yamada S,

  • Peroxiredoxin 4 protects against nonalcoholic steatohepatitis and type 2 diabetes in a nongenetic mouse model. (2013, 19(17): 1983–1998.)

    Antioxid Redox Signal, Nabeshima A, Yamada S, Guo X, Tanimoto A, Wang KY,Shimajiri S, Kimura S, Tasaki T, Noguchi H, Kitada S, Watanabe T, Fujii J, KohnoK, Sasaguri Y.

  • Overexpression of peroxiredoxin 4 attenuates atherosclerosis in apolipoprotein E knockout mice. (2012, 17(10):1362–1375.)

    Antioxid Redox Signal, Guo X, Yamada S, Tanimoto A, Ding Y, Wang KY,Shimajiri S, Murata Y, Kimura S, Tasaki T, Nabeshima A, Watanabe T, Kohno K,Sasaguri Y.

  • Overexpression of peroxiredoxin 4 protects against high-dose streptozotocin- induced diabetes by suppressing oxidative stress and cytokines in transgenic mice. (2010, 13(10): 1477–1490.)

    Antioxid Redox Signal, Ding Y, Yamada S (Equal contribution), Wang KY, Shimajiri S, Guo X, Tanimoto A, Murata Y, Kitajima S, Watanabe T, Izumi H, Kohno K,Sasaguri Y.

著書

  • An Autopsy Case of Congenital Pulmonary Lymphangiectasis Masquerading as Pulmonary Interstitial Emphysema. Congenital Anomalies - Case Studies and Mechanisms. InTech, Rijeka, Croatia. 2012年.

  • 頭蓋内平滑筋腫 & 頭蓋内平滑筋肉腫 – 神経症候群(第2版)III~その他の神経疾患を含 めて~, 別冊日本臨床. 日本臨床社, 大阪. 2014年.

  • マウスモデルおよび細胞培養と実験的粥状動脈硬化症. 粥状動脈硬化症. アトムス, 東京 . 2016年.

  • カラーで学べる病理学(第5版), ヌーヴェルヒロカワ, 東京, 2019年.

その他

  • 【対応可能な言語】日本語、英語、中国語(少々)

  • 【受賞】2013年 11月  第59回日本病理学会秋期特別総会 優秀賞受賞

  • 【受賞】2014年 4 月 第103回日本病理学会総会 学術奨励賞受賞

  • 【受賞】2017年 7月 第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会 優秀ポスター賞受賞

  • 【受賞】2017年 11月 第63回日本病理学会秋期特別総会 学術研究賞 (A演説) 受賞

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師