新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

金沢医科大学病院 肝胆膵内科 名誉教授、金沢医科大学病院 再生医療センター センター長

日本消化器病学会 会員 日本消化器内視鏡学会 会員 日本内科学会 会員 日本肝臓学会 会員

堤 幹宏 つつみ みきひろ 先生

公開日
2020/05/01

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 肝臓病、消化器病一般、肝胆膵内科

資格・学会・役職

日本消化器病学会 会員
日本消化器内視鏡学会 会員
日本内科学会 会員
日本肝臓学会 会員
  • 金沢医科大学病院 肝胆膵内科 名誉教授
  • 金沢医科大学病院 再生医療センター センター長
  • 日本アルコール・アディクション医学会 評議員
  • 日本消化器病学会 北陸支部会評議員
  • 米国アルコール医学会 会員
  • 日本消化器病学会 総会・大会評議員

所属病院

金沢医科大学病院

  • 内科 精神科 神経内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 小児科 外科 整形外科 形成外科 脳神経外科 呼吸器外科 心臓血管外科 小児外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻いんこう科 リハビリテーション科 内視鏡内科 放射線科 病理診断科 歯科 矯正歯科 小児歯科 麻酔科 救急科 腫瘍内科 血液・リウマチ膠原病科
  • 石川県河北郡内灘町大学1丁目1
  • 北陸鉄道浅野川線「内灘駅」 医科大学病院行き、総合公園行き バス JR北陸本線(米原~金沢)「金沢駅」 特急・急行バスあり(金沢医科大学病院経由) 車25分
  • 076-286-3511
金沢医科大学病院

来歴等

略歴

1980年 金沢医科大学 医学部卒業
1982年 金沢医科大学 消化器内科学助手
1987年 米国Mount Sinai 医科大学 Research fellow
1989年 金沢医科大学 消化器内科講師
1995年 金沢医科大学 消化器内科助教授
2000年 金沢医科大学 医学情報学助教 併任
2005年 奈良県立医科大学 先端医学研究機構医療情報学分野教授
2009年 金沢医科大学 消化器機能治療学特任教授
2010年 金沢医科大学 肝胆膵内科科長
2015年 金沢医科大学 再生医療センター長
2016年 金沢医科大学 肝胆膵内科学主任教授
2016年 金沢医科大学 学長補佐

論文

  • Toxic AGEs (TAGE) theory in the pathogenesis of NAFLD and ALD,International Journal of Diabetes and Clinical Researsh, 2:1- 5, 2015年07月

    M.Takeuchi, A.Sakasai-Sakai, J.Takino, T.Takata, T.Ueda, M.Tsutsumi,

  • アルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝の鑑別,アルコールと医学生物学, 33:45- 49, 2015年03月

    湊 貴浩, 林 伸彦, 齊藤 隆, 松江泰弘, 平川祐希,中村彰伸, 道上洋二, 福村 敦, 利國信行, 尾崎一晶, 土島 睦, 堤 幹宏,

  • Elevated serum gamma-glutamyl transpeptidase levels and fatty liver strongly predict the presence of carotid plaque,Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 22:1051-1060, 2015年02月

    N.Toshikuni, T.Asaji, Y.Nakanishi, SY.Nagasawa, H.Uenishi, M.Tsutsumi,

  • アルコール性肝障害の病型―欧米との相違と問題点―,日本消化器病学会雑誌, 112:1623- 1629, 2015年

    堤 幹宏,

  • Serum osteopontin predicts degree of hepatic fibrosis and serves as a biomarker in patients with hepatitis C virus Infection,PLoS One, 10:e0118744-e0118744, 2015年

    Y.Matsue, M.Tsutsumi, N.Hayashi, T.Saito, M.Tsuchishima, N.Toshikuni, T.Arisawa, J.George,

  • Serum endocan as a survival predictor for patients with liver cirrhosis,Canadian Journal of Gastroenterology and Hepatology, 29:427-430, 2015年

    N.Toshikuni, K.Ozaki,J.George, M.Tsutsumi,

  • Imaging morphological changes of intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas was associated with its malignant transformation but not with development of pancreatic ductal adenocarcinoma, Pancreatology, 15:654-660, 2015年

    N.Kawada, H.Uehara, S.Nagata, M.Tsuchishima, M.Tsutsumi, Y.Tomita,

  • Involvement of the TAGE-RAGE system in non-alcoholic steatohepatitis: Novel treatment strategies.World journal of hepatology [electronic resource], 6:880-893, 2014年12月

    M.Takeuchi, J.Takino, A.Sakasai-Sakai, T.Takata, T.Ueda, M.Tsutsumi, H.Hyogo, S.Yamagishi,

  • アルコール性慢性肝炎の病態,日本アルコール・薬物医学会雑誌, 49:219-226, 2014年10月

    林 伸彦, 齊藤 隆, 角田真弘, 松江泰弘, 湊 貴浩, 福村 敦, 尾崎一晶, 土島 睦, 堤 幹宏,

  • Clinical differences between alcoholic liver disease and nonalcoholic fatty liver disease,World journal of gastroenterology : WJG., 20:8393- 8406, 2014年07月

    N.Toshikuni, M.Tsutsumi, T.Arisawa,

  • Nutrition and exercise in the management of liver cirrhosis, World journal of gastroenterology : WJG., 20:7286-7297, 2014年06月

    N.Toshikuni, T.Arisawa,M.Tsutsumi,

  • 飲酒により門脈域に浸潤したリンパ球表面マーカーの検討,アルコールと医学生物学, 32:45-49, 2014年04月

    齊藤 隆, 林 伸彦, 福村 敦, 尾崎 一晶, 土島 睦, 堤 幹宏,

  • 脂肪性肝疾患の成因と生活習慣病の関係における肥満の影響,アルコールと医学生物学, 32:84-90, 2014年04月

    利國信行, 福村 敦, 林 伸彦, 松江泰弘, 湊 貴浩, 齊藤 隆, 土島 睦, 有沢富康, 堤 幹宏

  • Hepatitis C-related liver cirrhosis - strategies for the prevention of hepatic decompensation,hepatocarcinogenesis,and mortality,World journal of gastroenterology : WJG., 20:2876-2887, 2014年03月

    N.Toshikuni, T.Arisawa, M.Tsutsumi,

  • Serum endocan as a novel prognostic biomarker in patients with hepatocellular carcinoma,Journal of Cancer [electronic resource], 5:221-230, 2014年

    K.Ozaki, N.Toshikuni, J.George, T.Minato, Y.Matsue, T.Arisawa, M.Tsutsumi,

  • Real-time image fusion for successful percutaneous radiofrequency ablation of hepatocellular carcinoma.Journal of ultrasound in medicine : official journal of the American Institute of Ultrasound in Medicine., 33:2005-2010, 2014年

    N.Toshikuni, M.Tsutsumi, Y.takuma, T.Arisawa,

  • Binge alcohol consumption aggravates oxidative stress and promotes pathogenesis of NASH from obesity-lnduced simple steatosis,Molecular medicine (Cambridge, Mass.), 20:490-502, 2014年

    T.Minato, M.Tsutsumi, M.Tsuchishima, N.Hayashi, T.Saito, Y.Matsue, N.Toshikuni, T.Arisawa, J.George,

  • 臨床パラメータを用いたアルコール性肝疾患と非アルコール性脂肪肝疾患の判別法,消化器内科, 57:728-732, 2013年12月

    利國信行, 福村 敦,林 伸彦, 土島 睦, 有沢富康, 堤 幹宏

  • Chronic ingestion of ethanol induces hepatocellular carcinoma in mice without additional hepatic insult.Digestive diseases and sciences., 58:1923-1933, 2013年07月

    M.Tsuchishima, J.George, H.Shiroeda, T.Arisawa, T.Takegami, M.Tsutsumi

  • Acetaldehyde-derived advanced glycation end-products promote alcoholic liver disease.PloS one, 8:e70034;1-14, 2013年07月

    N.Hayashi, J.George, M.Takeuchi, A.Fukumura, N.Toshikuni, T.Arisawa, M.Tsutsumi,

  • Irsogladine maleate for the treatment of recurrent aphthous stomatitis in hepatitis C virus patients on pegylated-interferon and ribavirin: a pilot study.Journal of gastroenterology and hepatology., 28:1015-1018, 2013年06月

    N.Hayashi, J.George, H.Shiroeda, T.Saito, N.Toshikuni, M.Tsuchishima, T.Arisawa, M.Tsutsumi,

  • Portal venular constriction during anaphylactic shock in anesthetized rats.Biomedical research (Tokyo, Japan), 34:61-68, 2013年04月

    M.Kitadate,T.Shibamoto, M.Tsutsumi, H.Tonami,

  • メタボリックシンドロームに及ぼすアルコールの影響,平成24年度厚生労働科学研究費補助金  循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業「わが国における飲酒の実態把握およびアルコールに 関連する生活習慣病とその対策に関する総合的研究」平成22-平成24年度総合研究報告書, 161-164, 2013 年03月

    堤 幹宏

  • Comparison of the relationships of alcoholic and nonalcoholic fatty liver with hypertension,diabetes mellitus,and dyslipidemia.Journal of clinical biochemistry and nutrition, 52:82-88, 2013年01 月

    N.Toshikuni, A.Fukumura, N.Hayashi, T.Nomura,M.Tsuchishima, T.Arisawa, M.Tsutsumi

  • 平成24年度厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業「わが国にお ける飲酒の実態把握およびアルコールに関連する生活習慣病とその対策に関する総合的研究」お酒による健康・社会問題~飲みすぎは健康と人間環境を壊します ~, 42225, 2013年 飲酒と食 道、胃、腸の病気,

    堤 幹宏,

  • Influence of IL17A polymorphisms (rs2275913 and rs3748067) on the susceptibility to ulcerative colitis,Clinical and experimental medicine, 13:239-244, 2013年

    R.Hayashi, T.Tahara, H.Shiroeda, T.Saito, M.Nakamura, M.Tsutsumi, T.Shibata, T.Arisawa,

  • Advanced ultrasonography technologies to assess the effects of radiofrequency ablation on hepatocellular carcinoma.Radiology and oncology., 47:224-229, 2013年

    N.Toshikuni, H.Shiroeda, K.Ozaki, Y.Matsue, T.Minato, T.Nomura, N.Hayashi, T.Arisawa, M.Tsutsumi,

  • Mast cells are not involved in the ischemia-reperfusion injury in perfused rat liver,The Journal of surgical research, 174:114- 119, 2012年05月

    T.Shibamoto,M.Tsutsumi, Y.Kuda, C.Ohmukai, W.Zhang, Y.Kurata,

  • Accelerated progression of hepatocellular carcinoma with cytokeratin 19 expression during treatment with lamivudine for hepatitis B virus-related liver cirrhosis,Scandinavian journal of gastroenterology, 45:249- 251, 2011年05月

    M.Yamada, H.Shiroeda, K.Sato,R.Hayashi, T.Nomura, M.Tsutsumi, T.Arisawa,

  • Survival rates of early-stage HCV-related liver cirrhosis patients without hepatocellular carcinoma are decreased by alcohol,Journal of clinical biochemistry and nutrition, 48:167-169, 2011年03月

    M.Yamada, H.Shiroeda, R.Hayashi, H.Yano, K.Sato, M.Tsutsumi, T.Arisawa,

  • 非アルコール性脂肪肝炎に及ぼす飲酒量の影響,アルコールと医学生物学, 30:31-36, 2011年

    福山智基, 白枝久和, 齊藤 隆, 尾﨑一晶, 矢野博一, 土島 睦, 有沢富康, 堤 幹宏,

  • OLETFラット脂肪肝モデルに及ぼすアルコールの影響,アルコールと医学生物学, 30:27-30, 2011年

    土島 睦, 齊藤 隆, 林 蘭仁, 野村友映, 大塚俊美, 白枝久和, 有沢富康, 堤 幹宏,

  • Ethanol predominantly constricts pre-sinusoids of isolated perfused livers of rat, guinea pig and mouse,Alcohol and alcoholism : international journal of the Medical Council on Alcoholism., 46:117-122, 2011年

    T.Shibamoto, M.Tsutsumi, C.Omukai, Y.Kuda, W.Zhang, Y.Kurata,

  • Colon cancer arising in an ulcer scar due to intestinal Behcet's disease,Internal medicine (Tokyo, Japan), 50:429-32, 2011年

    M.Yamada, H.Shiroeda,T.Nomura, R.Hayashi, K.Sato, M.Tsutsumi, T.Arisawa,

  • Association between functional promoter polymorphisms of macrophage migration inhibitory factor(MIF)gene and ulcerative colitis in Japan,Cytokine., 51:173-177, 2010年05月

    H.Shiroeda, T.Tahara, M.Nakamura, T.Shibata,T.Nomura, H.Yamada, R.Hayashi, T.Saito, M.Yamada, T.Fukuyama, T.Otsuka, H.Yano, K.Ozaki,M.Tsuchishima, M.Tsutsumi, T.Arisawa,

  • 高脂肪食投与によるOLETFラットNASHモデルでの肝アディポネクチン発現の検討,アルコールと医学生物学, 29:97-101, 2010年 04月

    齊藤 隆, 山田真善,福山智基, 白枝久和, 土島 睦, 有沢富康, 堤 幹宏, 島田昌彦,

  • CDTに特異的なモノクローナル抗体を用いたELISA法による血清CDT値の検討,アルコールと医学生物学, 29:69-71, 2010年04月

    大塚俊美, 矢野博一, 尾﨑一晶, 林 蘭仁, 白枝久和, 土島 睦, 有沢富康, 堤 幹宏,

  • 小腸内視鏡で確認し得た空腸GISTの1例,ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease, 26:44-49, 2010年

    白枝昌子, 白枝久和, 大塚俊美, 山田真善, 福山智基, 齊藤 隆, 林 蘭仁, 野村友映, 矢野博一, 尾﨑一晶, 有沢富康, 横井美樹, 小坂健夫, 堤 幹宏,

  • Functional promoter polymorphisms of macrophage migration inhibitory factor in peptic ulcer diseases,International journal of molecular medicine, 26:707-711, 2010年

    H.Shiroeda, T.Tahara, M.Nakamura, T.Shibata, H.Yamada,T.Nomura, R.Hayashi,T.saito,T.Fukuyama,T.Otsuka,H.Yano,.Ozaki,M.Tsuchishima, M.Tsutsumi, T.Arisawa,

  • Cholangiocarcinoma producig parathyroid hoemone-related peptide treated with chemoradiation usig gemcitabine and S-1,Internal medicine (Tokyo, Japan), 48:2097-2100, 2009年12月

    M.Yamada, H.Shiroeda, S.Shiroeda, K.Sato, T.Arisawa, M.Tsutsumi,

  • 病態生理と動物モデル 第3章 アルコール性肝障害の病理・病態生理,最新医学, 78-83, 2009年

    堤 幹宏

  • Mouse hepatic portal venoconstrictive response to vasoconstrictors is much weaker than that in rat,Journal of cardiovascular pharmacology., 54:421-426, 2009年

    ZS.Zhao, T.Shibamoto, M.Tsutsumi, S.Cui, WM.Zhang, H.Takano, Y.Kurata,

  • Mural nodule of 10 mm or larger as predictor of malignancy for intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas: Pathological and radiological evaluations.Pancreatology, 16:441-448, 2016年

    (N.Kawada), H.Uehara,S.Nagata, M.Tsuchishima, M.Tsutsumi, Y.Tomita,

  • Management of gastroesophageal varices in cirrhotic patients: current status and future directions.Annals of hepatology, 15:314-325, 2016年05月

    N.Toshikuni, Y.Takuma, M.Tsutsumi,

  • GGsTop, a novel and specific γ-glutamyl transpeptidase inhibitor, protects hepatic ischemia- reperfusion injury in rats.American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology, 311:G305-G312, 2016年

    K.Tamura, N.Hayashi, J.George, M.Toshikuni, T.Arisawa, J.Hiratake, M.Tsuchishima, M.Tsutsumi,

  • An image fusion system for estimating the therapeutic effects of radiofrequency ablation on hepatocellular carcinoma,RADIOLOGY AND ONCOLOGY, 51:263-269, 2017年09月

    Toshikuni, Nobuyuki;Matsue, Yasuhiro;Ozaki, Kazuaki;Yamada, Kaho;Hayashi, Nobuhiko;Tsuchishima, Mutsumi;Tsutsumi, Mikihiro,

  • Associations of Fatty Liver Disease with Hypertension, Diabetes, and Dyslipidemia: Comparison between Alcoholic and Nonalcoholic Steatohepatitis,GASTROENTEROLOGY RESEARCH AND PRACTICE, 2017:9127847, 2017年

    Toshikuni, Nobuyuki;Tsuchishima, Mutsumi;Fukumura, Atsushi;Arisawa, Tomiyasu;Tsutsumi, Mikihiro,

  • MMP-13 deletion decreases profibrogenic molecules and attenuates N-nitrosodimethylamine- induced liver injury and fibrosis in mice, George,JOURNAL OF CELLULAR AND MOLECULAR MEDICINE, 21:3821-3835, 2017年12月

    Tsutsumi, Mikihiro;Tsuchishima,Mutsumi,

  • Toxic AGE (TAGE) Theory for the Pathophysiology of the Onset/Progression of NAFLD and ALD,Nutrients, 9:634, 2017年06月

    Masayoshi Takeuchi, Jun-ichi Takino, Akiko Sakasai-Sakai, Takanobu Takata, Mikihiro Tsutsumi,

  • NAFLDとALDの発症・進展におけるToxic AGEs(TAGE)病因説,日本未病システム学会雑誌, 24:19-25, 2018年03月

    逆井(坂井)亜紀子, 瀧野純一, 福村敦, 高田尊信, 堤幹宏, 竹内正義,

著書

  • 【共著】【アルコール性肝障害編】Ⅲ.治療編 C薬物療法+減酒薬 Hepatology Practice 2 NASH・アルコール性肝障害の診療を極める(竹井謙之、竹原徹郎、持田 智) 堤 幹宏 文光堂 2013年01月

  • 【共著】8 アルコール性肝障害 消化器疾患最新の治療2013-2014(菅野健太郎、上西紀夫、井廻道夫) 林 伸彦, 堤 幹宏 南江堂 2013年02月

  • 【共著】4.1.6.3下部消化管 新版 医療情報(一般社団法人日本医療情報学会医療情報技師育成部会) 堤 幹宏 篠原出版新社 2013年04月

  • 【共著】アルコール依存と生活習慣病 脳とこころのプライマリケア(福居顯二編) 堤 幹宏 シナジー 2011年

  • 【共著】病態生理と動物モデル アルコール性肝障害 第3章アルコール性肝障害の病理・病態生理 最新医学 別冊 新しい診断と治療のABC 62 堤 幹宏 最新医学社 2010年

  • 【共著】アルコール性肝障害 今日の治療指針(山口 徹 他) 堤 幹宏 医学書院 2011年

  • 【共著】アルコール性肝障害の診断基準と重症度 肝胆膵 堤 幹宏 アークメディア 2018年01月

その他

  • 【受賞】平成25年9月 ヨーロッパアルコール医学生物学学会(European Society For Biomedical Research on Alcoholism:ESBRA):Charles Lieber Memorial Award

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師