新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

金沢医科大学泌尿器科学 教授

日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・泌尿器科指導医・理事・代議員 日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器ロボット支援手術プロクター認定医・監事・代議員 日本移植学会 移植認定医 日本臨床腎移植学会 腎移植認定医 日本尿路結石症学会 理事長 国際泌尿器科学会 会員 米国泌尿器科学会 会員 国際移植学会 会員 国際尿路結石症学会 理事 日本内分泌外科学会 会員 日本癌治療学会 会員 日本癌学会 会員 日本生殖医学会 会員 泌尿器科分子・細胞研究会 世話人

宮澤 克人 みやざわ かつひと 先生

公開日
2020/08/20

1984年より泌尿器科医師としてキャリアをはじめる。2011年に金沢医科大学泌尿器科学教授に就任。尿路結石を専門とし、臨床・研究ともに世界をリードしている。2008年からは国際尿路結石症学会理事に就任、Urolithiasis, International Journal of Urologyの副編集長を務めている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 泌尿器科
  • 宮澤先生の前立腺がんに関する得意な領域
    • ロボット支援下手術(ダビンチ手術)
    • 密封小線源療法
    • 内分泌療法
    • 化学療法
  • 宮澤先生の尿管結石に関する得意な領域
    • 体外衝撃波治療(ESWL)
    • 尿路結石内視鏡手術
    • 溶解療法
  • 宮澤先生の膀胱がんに関する得意な領域
    • 内視鏡手術
    • 化学療法
    • 免疫療法
  • 宮澤先生の腎臓がんに関する得意な領域
    • ロボット支援下腎部分切除手術(ダビンチ手術)
    • 分子標的治療
    • 免疫療法
  • 宮澤先生の慢性腎臓病に関する得意な領域
    • 腎移植術

資格・学会・役職

日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・泌尿器科指導医・理事・代議員
日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器ロボット支援手術プロクター認定医・監事・代議員
日本移植学会 移植認定医
日本臨床腎移植学会 腎移植認定医
日本尿路結石症学会 理事長
国際泌尿器科学会 会員
米国泌尿器科学会 会員
国際移植学会 会員
国際尿路結石症学会 理事
日本内分泌外科学会 会員
日本癌治療学会 会員
日本癌学会 会員
日本生殖医学会 会員
泌尿器科分子・細胞研究会 世話人
  • 金沢医科大学泌尿器科学 教授

所属病院

金沢医科大学病院

  • 内科 精神科 神経内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 小児科 外科 整形外科 形成外科 脳神経外科 呼吸器外科 心臓血管外科 小児外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻いんこう科 リハビリテーション科 内視鏡内科 放射線科 病理診断科 歯科 矯正歯科 小児歯科 麻酔科 救急科 腫瘍内科 血液・リウマチ膠原病科
  • 石川県河北郡内灘町大学1丁目1
  • 北陸鉄道浅野川線「内灘駅」 医科大学病院行き、総合公園行き バス JR北陸本線(米原~金沢)「金沢駅」 特急・急行バスあり(金沢医科大学病院経由) 車25分
  • 076-286-3511
金沢医科大学病院

来歴等

略歴

1984年 金沢医科大学医学部 卒業
1989年 金沢医科大学大学院 医学博士取得 卒業
1994年 金沢医科大学泌尿器科学 講師
1999年 Flinders Medical Centre 留学(〜2000年)
2006年 金沢医科大学泌尿器科学 助教授
2011年 金沢医科大学泌尿器科学 特任教授
2013年 金沢医科大学泌尿器科学 講座主任教授
2016年 金沢医科大学 学長補佐(〜2019年)
2019年 金沢医科大学 副学長

論文

  • High-salt diet promotes crystal deposition via hypertension in Dahl salt-sensitive rat model. Int J Urol. 2019. 26: 839-846.

    Nakazawa Y, Inoue S, Miyazawa K, et al.

  • Chronological changes in epidemiological characteristics of lower urinary tract urolithiasis in Japan. Int J Urol. 2019. 26: 96-101.

    Sakamoto S, Miyazawa K, Yasui T , et al.

  • Chronological changes in the epidemiological characteristics of upper urinary tract urolithiasis in Japan. Int J Urol. 2018. 25: 373-378.

    Sakamoto S, Miyazawa K, Yasui T , et al.

  • Epidemiology of stone disease across the world. World J Urol. 2017. 35: 1301–1320.

    Sorokin I, Mamoulakis C, Miyazawa K, et al.

  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセル療法の治療効果・投与継続期間に関する検討 泌尿紀要 2017.63 351-357.

    近沢逸平、井上慎也、中澤佑介、中井 暖、森田展代、田中達朗、宮澤克人、元雄良治

  • 全国疫学調査からみた尿路結石症. 腎臓内科・泌尿器科 2016. 4: 282-288.

    宮澤克人, 井上慎也, 中澤佑介, 他.

  • 泌尿器癌骨転移に対する放射線療法の検討.日本泌尿器科学会雑誌 2016 107: 7-12.

    近沢逸平、井上慎也、中澤佑介、中井 暖、石井健夫、橘 宏典、菅 幸大、森田展代、田中達朗、太田清隆、的場宗孝、宮澤克人

  • 尿路結石診療ガイドラインの現状と問題点および対策. 泌尿器外科 2016. 29. 1377-1381.

    宮澤克人, 井上慎也, 中澤佑介, 他.

  • 国内外における尿路結石治療評価の現状について. Japanese Journal of Endourology. 2015. 28: 2-5.

    宮澤克人, 井上慎也, 中澤佑介, 他.

  • f-TULとPNLの現状と展望. Urology Today 2015. 22:132-133.

    宮澤克人.

  • Immunohistochemical expression of four different stem cell markers in prostate cancer: High expression of NANOG in conjunction with hypoxia-inducible factor-1α expression is involved in prostate epithelial malignancy, Oncol. Lett. 2014 8:985-992.

    K.Miyazawa, T.Tanaka, D.Nakai, N.Morita, K.Suzuki.

  • 尿路結石のクリニカル・パール. 臨泌.2014. 68: 874-77

    宮澤克人, 井上慎也, 中澤佑介.

  • Proteomic analysis of a rare urinary stone composed of calcium carbonate and calcium oxalate dihydrate: A case report. Int. J. Urol. 2014. 21: 341-46

    K.Kaneko, Y.Matsuta, M.Moriyama, M.Yasuda, N.Chishima, N.Yamaoka, T.Fukuuchi, K.Miyazawa, K.Suzuki.

  • 尿路結石症に伴う痛み. 診断と治療 2013. 101: 1673-1678.

    宮澤克人, 中澤佑介, 鈴木孝治.

  • 尿路結石. 腎と透析 増刊号 2013. 74: 317-320.

    宮澤克人, 森田展代, 鈴木孝治.

  • Cyclooxygenase 2 and prostaglandin E(2) regulate the attachment of calcium oxalate crystals to renal epithelial cells. Int J Urol. 2012.19. 936-43.

    Miyazawa K, Takahashi Y, Morita N, Moriyama MT, Kosaka T, Nishio M, Yoshimoto T, Suzuki K.

  • Seed migration after transperineal interstitial prostate brachytherapy with I-125 free seeds: analysis of its incidence and risk factors.2012. Jpn J Radiol 30: 635-641.

    Miyazawa K, Matoba M, Minato H, Morita N, Chikazawa I, Ota K, Tokunaga K, Tonami H, Nojima T and Suzuki K.

  • Renal protective effects of erythropoietin on ischemic reperfusion injury. Cell Transplant 2010. 19:713-721.

    M.T.Moriyama, T.Tanaka, N.Morita, T.Ishii, I.Chikazawa, K.Suga, K.Miyazawa and K.Suzuki.

  • Inhibitions of urinary oxidative stress and renal calcium level by an extract of Quercus salicina Blume/Quercus stenophylla Makino in a rat calcium oxalate urolithiasis model. Int J Urol 2009.16: 379-401.

    M.Moriyama, K.Suga, K.Miyazawa, T.Tanaka, M.Higashioka, K.Noda, M.Oka, M.Tanaka and K.Suzuki.

  • cDNA macroarray analysis of genes in renal epithelial cells exposed to calcium oxalate crystals. Urol Res 2009. 27-33.

    K.Miyazawa, K.Aihara, R.Ikeda, M.Moriyama, and K.Suzuki.

  • Dietary β-cryptoxanthin inhibits N-butyl-N- (4-hydroxybutyl)nitrosamine-induced urinary bladder carcinogenesis in male ICR mice. Oncol Rep 2009. 17: 297-304.

    K.Miyazawa, S.Miyamoto, R.Suzuki, Y.Yasui, R.Ikeda, H.Kohno, M.Yano, T.Tanaka, K.Hata and K.Suzuki.

著書

  • 【著】尿路結石ハンドブック、中外医学社、2016年

  • 【共著】EBM泌尿器科疾患の治療、中外医学社、2015年

  • 【共著】尿路結石症診療ガイドライン、金原出版、2013年

  • 【共著】ベッドサイド泌尿器科学(改訂第4版)、南江堂、2013年

その他

  • 【受賞】1999年 鈴木泌尿器医学振興財団海外留学助成金授与 (留学補助)

  • 【受賞】2002年 第5回日本尿路結石賞学会奨励賞

  • 【受賞】2006年 第1回日本尿路結石賞学会学会賞

  • 【受賞】2010年 第24回北國がん基金助成金授与

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師