新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

金沢医科大学 高齢医学科/健康管理センター 教授

日本循環器学会 循環器専門医 日本老年医学会 老年病専門医 日本内科学会 総合内科専門医 日本基礎老化学会 会員 日本未病システム学会 評議員

岩井 邦充 いわい くにみつ 先生

公開日
2020/10/16

高齢者の訴える症状は中年者と違い、不明瞭、微妙、複雑で非典型的です。それに対し的確で迅速な外来診断を行います。
高齢者は同年齢でもADLと認知機能はさまざまです。それに対し個人個人に合った治療を行います。
高齢者の心に寄り添った診療をします。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 循環器内科
  • 高齢医学科                                    
  • 人間ドック
  • 【疾患名】高齢者の虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞、無症候性心筋虚血)、高齢者の心不全(急性、慢性)、高齢者の不整脈【治療法】薬物治療、心血管カテーテル科との連携による虚血性心疾患治療
  • 【疾患名】高齢者の多臓器にわたる複合内科疾患(感染症、脳卒中、心臓病など)【治療法】薬物療法(外来、入院)

資格・学会・役職

日本循環器学会 循環器専門医
日本老年医学会 老年病専門医
日本内科学会 総合内科専門医
日本基礎老化学会 会員
日本未病システム学会 評議員
  • 金沢医科大学 高齢医学科/健康管理センター 教授

所属病院

金沢医科大学病院

  • 内科 精神科 神経内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 小児科 外科 整形外科 形成外科 脳神経外科 呼吸器外科 心臓血管外科 小児外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 内視鏡内科 放射線科 病理診断科 歯科 矯正歯科 小児歯科 麻酔科 救急科 腫瘍内科 血液・リウマチ膠原病科
  • 石川県河北郡内灘町大学1丁目1
  • 北陸鉄道浅野川線 内灘 バス利用可能(医科大学病院行、総合公園行) 車7分 JR北陸本線(米原~金沢) 金沢 JR各線、IRいしかわ鉄道線も乗り入れ  バス利用可能(金沢医科大学病院経由) 車25分
  • 076-286-3511
公式ウェブサイト
金沢医科大学病院

来歴等

略歴

1982年 大阪大学医学部 卒業
1982年 大阪大学医学部附属病院研修医 第一内科
1988年 大阪大学大学院医学研究科 博士課程修了 医学博士取得
1989年 大阪大学附属病院 医療情報部 医員
1993年 大阪警察病院勤務 心臓センター内科
1993年 大阪大学 細胞生体工学センター 助手
1997年 大阪労災病院 循環器内科 副部長
1997年 金沢医科大学 老年病科 講師
2000年 金沢医科大学 高齢医学科 助教授
2008年 金沢医科大学 看護学部教授/併任 高齢医学科
2020年 金沢医科大学 健康管理センター センター長/併任高齢医学科

論文

  • 冠微小血管塞栓における心筋虚血の回復に関する実験的検討―遷延性心機能低下と組織学的特徴・脈管学・128 (3) P199-P206・1988

    岩井邦充

  • Increased expression of DNA cointroduced with nuclear protein in adult rat liver. Science 243 P375-P378, 1989

    Kaneda Y, Iwai K, Uchida T

  • An epidemiologic and histopathological study of sudden cardiac death in Osaka Medical Examiner’s Office. Jpn Circ J 53 (12) P11581-P1588, 1989

    Matoba R, Shikata I, Iwai K, Onishi S, Fijitani N, Yoshida K, Kouno A.

  • A case of Fabry’s disease in a patient with no alpha-galactosidase A activity caused by a single amino acid substitusion of Pro-40 by Ser. FEBS lett 259 (2) P353-P356, 1990

    Koide T, Ishiura M, Iwai K, Inoue M, Kaneda Y, Okada Y, Uchida T.

  • Disruption of microtubules as an early sign of irreversible ischemic injury. Immunohistochemical study of in situ canine hearts. Circ Res 67 (3) P694-P706,1990

    Iwai K, Hori M, Kitabatake A, Kurihara H, Uchida K, Inoue M, Kamada T.

  • Role of oxygen-derived free radicals in myocardial edema and ischemia in coronary microvascular embolization. Circulation 84 (2) P828-P840,1991

    Hori M, Goto K, Kitakaze M, Iwai K, Iwakura K, Sato H, Koretsune Y, Inoue M, Kitabatake A, Kamada T.

  • Superoxide dismutase enhances ischemia-induced reactive hyperemic flow and adenosine release in dogs. Circ Res 71 (3) P558-P566, 1992

    Kitakaze M, Hori M, Takashima S, Iwai K, Sato H, Inoue M, Kitabatake A, Kamada T.

  • Reperfusion after brief ischemia disrupts the microtubule network in canine hearts. Circ Res 72 (2) P361-P375, 1993

    Sato H, Hori M, Kitakaze M, Iwai K, Takashima S, Inoue M, Kamada T.

  • Immunological characterization of hepatic nuclear factor 1 protein: appearance of hepatocyte nuclear factor 1 protein in developing mouse embryos. Eur J Cell Biol 60 (2) P376-P382,1993

    Miura N, Iwai K, Miyamoto I.

  • Genomic characterization of the human DNA excision repair-controlling gene XPAC. Gene 136 (1-2) P345-P348, 1993

    Satokata I, Iwai K, Matsuda T, Okada Y, Tanaka K.

  • Beta-adrenergic stimulation disassembles microtubules in neonatal rat cultured cardiomyocytes through intracellular Ca++ overload. Circ Res 75 (2) P324-P334, 1994

    Hori M, Sato H, Kitakaze M, Iwai K, Takeda H, Inoue M, Kamada T.

  • Immobilization stress inhibits intimal fibromuscular proliferation in the process of arterial remodeling in rats. Hypertens. Res 31 P977-986, 2008

    Iwai K, Takahashi T, Nakahashi T, Nomura K, Atsumi M, Zeng L, Ishigami K, Kanda T, Yamaguchi N, Morimoto S.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師