金沢医科大学病院 腫瘍内科 教授

日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医 日本消化器病学会 消化器病専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医 日本癌学会 会員 日本癌治療学会 会員 日本外科学会 外科認定登録医 日本消化器外科学会 消化器外科認定登録医 日本がん分子標的治療学会 会員 日本乳癌学会 会員 日本がんサポーティブケア学会 会員 日本がん転移学会 評議員 日本胃癌学会 代議員 日本癌病態治療研究会 世話人

安本 和生 やすもと かずお 先生

公開日
2020/07/21

日本の胃がん研究を牽引するひとりとして、海外大手製薬企業との間で“びまん性胃がんの新規治療法開発”を目的に共同研究を実施、また臨床では外科医の視野や経験を生かした集学的薬物療法に精通する臨床腫瘍医として、金沢大学准教授から2015年金沢医科大学腫瘍内科学教授に就任。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 安本先生の胃がんの専門領域
    • 化学療法
    • 集学的治療
  • 安本先生の大腸がんの専門領域
    • 化学療法
    • 集学的治療
  • 安本先生の膵臓がんの専門領域
    • 化学療法
    • 集学的治療
  • 安本先生の食道がんの専門領域
    • 化学療法
    • 集学的治療
  • 臨床腫瘍学、消化器病学(消化管)
  • 【疾患名】原発不明がん【治療法】化学療法、集学的治療

資格・学会・役職

日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本癌学会 会員
日本癌治療学会 会員
日本外科学会 外科認定登録医
日本消化器外科学会 消化器外科認定登録医
日本がん分子標的治療学会 会員
日本乳癌学会 会員
日本がんサポーティブケア学会 会員
日本がん転移学会 評議員
日本胃癌学会 代議員
日本癌病態治療研究会 世話人
  • 金沢医科大学病院 腫瘍内科 教授

所属病院

金沢医科大学病院

  • 内科 精神科 神経内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 小児科 外科 整形外科 形成外科 脳神経外科 呼吸器外科 心臓血管外科 小児外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 内視鏡内科 放射線科 病理診断科 歯科 矯正歯科 小児歯科 麻酔科 救急科 腫瘍内科 血液・リウマチ膠原病科
  • 石川県河北郡内灘町大学1丁目1
  • 北陸鉄道浅野川線 内灘 バス利用可能(医科大学病院行、総合公園行) 車7分 JR北陸本線(米原~金沢) 金沢 JR各線、IRいしかわ鉄道線も乗り入れ  バス利用可能(金沢医科大学病院経由) 車25分
  • 076-286-3511
公式ウェブサイト
金沢医科大学病院

来歴等

略歴

1986年 島根医科大学(現 島根大学)医学部医学科 卒業
1987年 静岡県立総合病院 外科 研修医
1993年 金沢大学大学院医学系研究科 卒業 医学博士取得
1993年 金沢大学がん研究所附属病院 腫瘍外科 医員
1994年 金沢大学がん研究所附属病院 腫瘍外科 助教
1995年 富山逓信病院 外科 部長
2002年 金沢大学がん研究所 腫瘍外科 助教
2007年 金沢大学がん研究所 腫瘍外科 講師
2012年 金沢大学がん進展制御研究所 腫瘍内科 准教授
2015年 金沢医科大学腫瘍内科学講座 特任教授

論文

  • Tumor necrosis factor α and interferon γ synergistically induce interleukin 8 production in a human gastric cancer cell line through acting concurrently on AP-1 and NF-κB-like binding sites of the interleukin 8 gene. J Biol Chem 267:22506-11, 1992

    Yasumoto K*, Okamoto S, Mukaida N, Murakami S, Mai M, Matsushima K.

  • Murine endothelial cell line cells, F-2: interaction with leukocytes and cytokines production. Microbiol Immunol 37:895-903, 1993

    Murayama H, Toda K, Uno K, Miyake K, Matsushima K, Yasumoto K, Mori K J, Matsuda T.

  • Synergism between human monocyte chemotactic and activating factor and bacterial products for activation of tumoricidal properties in murine macrophages. J Immunol 151:2786-93, 1993

    Singh RK, Berry K, Matsushima K, Yasumoto K, Fidler IJ.

  • The interleukin-8 AP-1 and kB-like sites are genetic end targets of FK506-sensitive pathway accompanied by calcium mobilization. J Biol Chem 269:8582-9, 1994

    Okamato S, Mukaida N, Yasumoto K, Nancy Rice Ishikawa Y, Horiguchi H, Murakami S, Matsushima K.

  • Molecular analysis of the cytokine network involved in cachexia in colon 26 adenocarcinoma-bearing mice. Cancer Res 55:921-7, 1995

    Yasumoto K*, Mukaida N, Harada A, kuno K, Akiyama M, Nakajima E, Fujioka N, Mai M, Kasahara T, Fujimoto-ouchi K, Mori K, Tanaka Y, Matsushima K.

  • Role of the CXCL12/CXCR4 axis in Peritoneal Carcinomatosis of Gastric Cancer. Cancer Res 66: 2181-2187, 2006

    Yasumoto K*, Koizumi K, Kawashima A, Saitoh Y, Arita Y, Shinohara K, Minami T, Nakayama T, Sakurai H, Takahashi Y, Yoshie O, Saiki I.

  • Adjuvant immunochemotherapy with protein-bound polysaccharide K for colon cancer in relation to oncogenic beta-catenin activation. Dis Colon Rectum 50:1182-7, 2007

    Yamashita K, Ougolkov AV, Nakazato H, Ito K, Ohashi Y, Kitakata H, Yasumoto K, Omote K, Mai M, Takahashi Y, Minamoto T.

  • Inhibition of GSK-3 beta activity attenuates proliferation of human colon cancer cells in rodents. Cancer Sci 98:1388-93, 2007

    Shakoori A, Mai W, Miyashita K, Yasumoto K, Takahashi Y, Ooi A, Kawakami K, Minamoto T.

  • The EGFR ligands amphiregulin and heparin-binding egf-like growth factor promote peritoneal carcinomatosis in CXCR4-expressing gastric cancer. Clin Cancer Res 17:3619-30, 2011

    Yasumoto K*, Yamada T, Kawashima A, Wang W, Li Q, Donev IS, Tacheuchi S, Mouri H, Yamashita K, Ohtsubo K, Yano S.

  • Pleural mesothelioma instigates tumor-associated fibroblasts to promote progression via a malignant cytokine network. Am J Pathol 179:1483-93, 2011

    Li Q, Wang W, Yamada T, Matsumoto K, Sakai K, Bando Y, Uehara H, Nishioka Y, Sone S, Iwakiri S, Itoi K, Utsugi T, Yasumoto K, Yano S.

  • Endoscopic findings of upper gastrointestinal lesions in patients with pancreatic cancer. JOP 13:420-6, 2012

    Ohtsubo K, Watanabe H, Mouri H, Yamashita K, Yasumoto K, Yano S

  • mTOR inhibitors control the growth of EGFR mutant lung cancer even after acquiring resistance by HGF. PLoS One 8:e62104, 2013

    Ishikawa D, Takeuchi S, Nakagawa T, Sano T, Nakade J, Nanjo S, Yamada T, Ebi H, Zhao L, Yasumoto K, Nakamura T, Matsumoto K, Kagamu H, Yoshizawa H, Yano S.

  • Paracrine activation of MET promotes peritoneal carcinomatosis in scirrhous gastric cancer. Cancer Sci 104:1640-6, 2013

    Zhao, L, Yasumoto, K*, Kawashima A, Nakagawa T, Takeuchi S, Yamada T, Matsumoto K, Yonekura K, Yoshie O, Yano, S.

  • 胃癌 —基礎・臨床研究のアップデートー Ⅳ.進展・浸潤・転移機構—最新研究— 胃癌腹膜播種発症へのCXCR4の関与 日本臨床66:127-30, 2008

    安本和生,高橋 豊.

  • 最新胃癌学 スキルス胃癌 治療に向けた基礎研究 −CXCR4, Amphiregulin, MET と 癌性腹膜炎形成 —日本臨床 増刊号 2014;72:642-6.

    安本 和生.

その他

  • 【受賞】2012年11月 第6回金沢市医師会 金沢医学館記念医学賞 受賞

  • 【受賞】2016年9月 第30回北國がん基金助成 受賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師