S414x320 35566143 465d 4003 bd87 825d756488d3

疾患啓発タイアップ

公開日 : 2017 年 11 月 29 日
更新日 : 2017 年 11 月 30 日

子宮頸がんには初期症状がない?症状・原因・治療計画を専門医が解説

目次

子宮頸がんは子宮がんの一種で、40代の比較的若年層に多いがんです。子宮の出入り口である子宮頸部に生じるがんで、ヒトパピローマウイルスへの感染が原因であることがわかっています。

今回は子宮頸がんの原因、症状や治療方法などについて国立病院機構大阪南医療センター産婦人科医長の金村昌徳先生にお話を伺いました。

子宮頸がんとは

子宮頸がんとは子宮の出入り口である子宮頚部に生じるがんのことです。子宮頸がんは近年原因となるウイルスが同定されたことでも知られています。比較的発生年齢が若年であることも特徴の1つです。

子宮頸がんの原因

ウイルス

原因はヒトパピローマウイルス(HPV)の感染

子宮頸がんはヒトパピローマウイルスの感染によって発生することがわかっています。ヒトパピローマウイルスとは「乳頭腫(イボのような突起物)」を発生させるウイルスで、その種類は150種以上に及びます。このウイルスは非常にありふれたウイルスであり、初回性交後4-5年で50-60%の女性が感染するともいわれています。

ヒトパピローマウイルスは感染した段階ではなんの症状も見受けられません。そのうえこのウイルスに感染しても多くの場合は自然に体から排出されてしまいます。しかし、ときにウイルスがDNAのなかに組み込まれてしまい、数年から十数年かけて増殖することでがんへと発展していきます。

ヒトパピローマウイルスに感染してもほとんどはがんに発展しない

前述の通りヒトパピローマウイルスに感染したからといってすべての方が子宮頸がんに罹患するわけではありません。ヒトパピローマウイルスは種類が多く、その中でも子宮頸がんのハイリスクとなり得るウイルスはおよそ15種類に絞られます。そのうえ、ハイリスクといわれるウイルスに感染していても、そこから子宮頸がんに発展する方は約0.15%といわれているので、実際に罹患する患者さんは非常にごくわずかです。

数多くあるヒトパピローマウイルスのなかでも特に子宮頸がん罹患のリスクが高いウイルスは下記の2つです。

<子宮頸がん高リスク型のヒトパピローマウイルス>

  • HPV 16型
  • HPV 18型

子宮頸がんの患者さんのうち、半数以上はこのいずれかのヒトパピローマウイルスに罹患しているといわれています。

子宮頸がんのページへ

関連記事