新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国立がん研究センター中央病院 婦人腫瘍科 科長

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本臨床細胞学会 細胞診専門医 日本癌学会 会員 日本癌治療学会 会員

加藤 友康 かとう ともやす 先生

婦人科がん(子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん)の手術治療を専門とする。経歴は国立がんセンターと癌研病院を中心にがん専門病院一色。「がんには厳しく、患者さんには優しい手術」を心がける。解剖学に基づく膜を意識した術式を研究。その技術習得を目的として、毎年多数の研修医が集まる。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 産科
  • 婦人科
  • 婦人腫瘍科 手術

資格・学会・役職

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
日本癌学会 会員
日本癌治療学会 会員
  • 国立がん研究センター中央病院 婦人腫瘍科 科長
  • 国際細胞学会 認定細胞病理医(FIAC)
  • 日本産婦人科手術学会 会員
  • 日本女性医学会 会員
  • International Gynecologic Cancer Society American Association of Cancer Research

所属病院

国立がん研究センター中央病院

  • 内科 血液内科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 緩和ケア内科 消化器内科 肝胆膵内科 肝胆膵外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 東京都中央区築地5丁目1-1
  • 都営大江戸線「築地市場駅」 A3出口 徒歩3分 東京メトロ日比谷線「築地駅」 2番出口 徒歩5分
  • 03-3542-2511
国立がん研究センター中央病院

医療記事

来歴等

略歴

1983年 東京医科歯科大学医学部卒業
1983年 川崎市立川崎病院産婦人科臨床研修医
1985年 国立がんセンター婦人科臨床研修医
1989年 東京医科歯科大学 難治疾患研究所内分泌異常部門 助手
1992年 財団法人癌研究会附属病院婦人科医員 
1998年 米国立癌研究所(NIH/NCI) 留学(1年間)
2005年 財団法人癌研有明病院婦人科 医長
2006年 国立がんセンター中央病院婦人科 病棟医長
2010年 東京医科大学産婦人科兼任教授併任
2012年 東京医科歯科大学非常勤講師併任 
2015年 国立がん研究センター中央病院婦人腫瘍科科長 現在に至る

論文

Tomoyasu K et.al. Clinical tumor diameter and prognosis of patients with FIGO stage IB1 cervical cancer (JCOG0806-A). Gynecologic Oncology. 2015; 137(1): 34-39.

著書

・もっと知りたい 子宮がん・卵巣がん 納得いく方法を選ぶための治療の実際、保健同人社、2008年
・子宮がん・卵巣がん手術後の生活ガイド、保健同人社、2009年
・子宮・卵巣がん手術後の100日レシピ、女子栄養大学出版部、2010年
・手術以後のすごし方 子宮がん・卵巣がん そのあとに… 、保健同人社、2015年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師