新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国立研究開発法人 国立がん研究センター 理事長特任補佐(前中央病院長)/ 中央病院放射線診断科長、IVRセンター長

日本医学放射線学会 放射線科専門医

荒井 保明 あらい やすあき 先生

日本を代表する腫瘍IVR医。数々の新しい技術や機器を開発するとともに、IVRの多施設共同臨床試験組織(JIVROSG)を主催し、IVRに関するエビデンスを創出している。海外でも著名であり、国際学会への招聘講演は年間30を超える。厚生労働省の医療機器の承認や安全対策等においても重責を務めている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 放射線科
  • インターベンショナル・ラジオロジー(IVR:画像下治療)

資格・学会・役職

日本医学放射線学会 放射線科専門医
  • 厚生労働省 薬事分科会 医療機器・再生医療等製品安全対策部会 部会長
  • 厚生労働省 医薬食品局 安全対策課 医療機器安全対策部会委員
  • 独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA) 医療機器の不具合検討委員会委員
  • 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED) 国産医療機器創出基盤整備等事業 プログラム・スーパーバイザー
  • 国立研究開発法人 国立がん研究センター 理事長特任補佐(前中央病院長)/ 中央病院放射線診断科長、IVRセンター長
  • 医学博士 取得
  • 日本IVR学会 理事長/認定専門医
  • Journal of Cardiovascular and Interventional Radiology Emeritus Editor
  • Journal of Vascular & Interventional Radiology Associate Editor
  • Society of Interventional Radiology Fellow
  • 厚生労働省 薬事・食品衛生審議会委員
  • 厚生労働省 薬事分科会 医療機器・体外診断薬部会 部会長

所属病院

国立がん研究センター中央病院

  • 内科 血液内科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 小児科 小児外科 脳脊髄腫瘍科 骨軟部腫瘍科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 緩和ケア内科 消化器内科 肝胆膵内科 肝胆膵外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 東京都中央区築地5丁目1-1
  • 都営大江戸線 築地市場 A1番出口 徒歩3分 東京メトロ日比谷線 築地 2番出口 徒歩5分 東京メトロ日比谷線 東銀座 6番出口 徒歩6分
  • 03-3542-2511
公式ウェブサイト
国立がん研究センター中央病院

医療記事

来歴等

略歴

1979年 東京慈恵会医科大学医学部卒業
1984年 愛知県がんセンター放射線診断部医長
1990年 医学博士取得(名古屋市立大学)
1997年 愛知県がんセンター放射線診断部部長
2004年 国立がん研究センター中央病院放射線診断部部長
2010年 独立行政法人 国立がん研究センター中央病院副院長、放射線診断科長
2012年 独立行政法人 国立がん研究センター中央病院長、放射線診断科長
(2015年- 国立研究開発法人)
2016年 独立行政法人 国立がん研究センター理事長特任補佐、中央病院放射線診断科長、IVRセンター長

論文

1) Aramaki T, Arai Y, et al. Phase II study of percutaneous transesophageal gastrotubing for patients with malignant gastrointestinal obstruction; JIVROSG-0205.
J Vasc Interv Radiol. 2013 Jul;24(7):1011-7.
2) Ikada M, Arai Y, et al. Prospective study of transcatheter arterial chemoembolization for unresectable hepatocellular carcinoma: an Asian cooperative study between Japan and Korea. J Vasc Interv Radiol. 2013 Apr;24(4):490-500.
3) Osuga K, Arai Y, et al. Phase I/II multicenter study of transarterial chemoembolization with a cisplatin fine powder and porous gelatin particles for unresectable hepatocellular carcinoma: Japan Interventional Radiology in Oncology Study Group Study 0401. J Vasc Interv Radiol. 2012 Oct;23(10):1278-85.
4) Arai Y, Ohtsu A, et al. Phase I/II study of radiologic hepatic arterial infusion of fluorouracil plus systemic irinotecan for unresectable hepatic metastases from colorectal cancer: Japan Clinical Oncology Group Trial 0208-DI. J Vasc Interv Radiol. 2012 Oct;23(10):1261-7.
5) Arai Y. Clinical trials of interventional oncology. Int J Clin Oncol. 2012 Aug;17(4):301-5.
6) Arai Y, Inaba Y, et al. Phase I/II study of transjugular transhepatic peritoneovenous venous shunt, a new procedure to manage refractory ascites in cancer patients: Japan Interventional Radiology in Oncology Study Group 0201. AJR Am J Roentgenol. 2011 May;196(5):W621-6.
7) Inaba Y, Arai Y, et al. Phase II clinical study on stent therapy for unresectable malignant colorectal obstruction (JIVROSG-0206). Am J Clin Oncol. 2012 Feb;35(1):73-6.
8) Sugawara S, Arai Y, et al. Radiological insertion of Denver peritoneovenous shunts for malignant refractory ascites: a retrospective multicenter study (JIVROSG-0809). Cardiovasc Intervent Radiol. 2011 Oct;34(5):980-8.
9) Inaba Y, Arai Y, et al. Phase I/II study of hepatic arterial infusion chemotherapy with gemcitabine in patients with unresectable intrahepatic cholangiocarcinoma (JIVROSG-0301). Am J Clin Oncol. 2011 Feb;34(1):58-62.
10) Kobayashi T, Arai Y, et al. Phase I/II clinical study of percutaneous vertebroplasty (PVP) as palliation for painful malignant vertebral compression fractures (PMVCF): JIVROSG-0202. Ann Oncol. 2009 Dec;20(12):1943-7.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師