新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国立がん研究センター中央病院 骨軟部腫瘍・リハビリテーション科長(希少がんセンター長)

日本整形外科学会 整形外科専門医 日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

川井 章 かわい あきら 先生

国立がん研究センター中央病院にて、骨軟部腫瘍・リハビリテーション科長を務めている。また、専門性の高い希少がんの診療を実践し、研究活動を推進すべく発足した希少がんセンターのセンター長も併任する。専門は骨肉腫や軟部肉腫などの骨軟部腫瘍の診断と治療。常に患者さんやご家族の視点に立ち、最適な選択肢を考えながら診療にあたっている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科

資格・学会・役職

日本整形外科学会 整形外科専門医
日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 国立がん研究センター中央病院 骨軟部腫瘍・リハビリテーション科長(希少がんセンター長)
  • 医学博士 取得

所属病院

国立がん研究センター中央病院

  • 内科 血液内科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 小児科 小児外科 脳脊髄腫瘍科 骨軟部腫瘍科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 緩和ケア内科 消化器内科 肝胆膵内科 肝胆膵外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 東京都中央区築地5丁目1-1
  • 都営大江戸線 築地市場 A1番出口 徒歩3分 東京メトロ日比谷線 築地 2番出口 徒歩5分 東京メトロ日比谷線 東銀座 6番出口 徒歩6分
  • 03-3542-2511
公式ウェブサイト
国立がん研究センター中央病院

医療記事

来歴等

略歴

1985年 岡山大学医学部卒業
1991年 岡山大学大学院卒業 医学博士取得
1993年 岡山大学整形外科 助手
1996年 Memorial Sloan-Kettering Cancer Center Fellow
1999年 岡山大学整形外科 講師
2002年 国立がんセンター中央病院整形外科
2014年 国立がん研究センター希少がんセンター センター長
2017年 国立がん研究センター中央病院骨軟部腫瘍・リハビリテーション科 科長

論文

1. Current state of therapeutic development for rare cancers in Japan, and proposals for improvement. Kawai A, Goto T, Shibata T, et al., Cancer Sci. 109(5):1731-7, 2018.
2. Systemic Therapy for Soft Tissue Sarcoma: Proposals for the Optimal Use of Pazopanib, Trabectedin, and Eribulin. Kawai A, Yonemori K, Takahashi S, et al., Adv Ther. 34(7):1556-71.2017
3. Trabectedin monotherapy after standard chemotherapy versus best supportive care in patients with advanced, translocation-related sarcoma: a randomised, open-label, phase 2 study. Kawai A, Araki N, Sugiura H, et al., Lancet Oncol. 16(4):406-16.2015
4. Global protein-expression analysis of bone and soft tissue sarcomas. Kawai A, Kondo T, Suehara Y, et al., Clin Orthop Relat Res 466: 2099-106, 2008
5. Clear cell sarcoma of tendons and aponeuroses: A study of 75 patients. Kawai A, Hosono A, Nakayama R, et al., Cancer 109: 109-16, 2007
6. Gait Characteristics after Limb-Sparing Surgery with Sciatic Nerve Resection. Kawai A, Miyakawa T, Senda M, et al., J Bone Joint Surg 84-A: 264-8, 2002
7. Gait characteristics of patients after proximal femoral replacement for malignant bone tumour. Kawai A, Backus SI, Otis JC, et al., J Bone Joint Surg 82-B: 666-9, 2000
8. Prosthetic knee replacement after resection of a malignant tumor of the distal part of the femur. Kawai A, Muschler GF, Lane JM, et al., J Bone and Joint Surg 80-A: 636-47, 1998
9. SYT-SSX gene fusion as a determinant of morphology and prognosis in synovial sarcoma. Kawai A, Woodruff J, Healey JH, et al., N Engl J Med 338: 153-60, 1998

著書

肉腫化学療法マスタークラス、南山堂、2015年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師