新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国立がん研究センター中央病院胃外科 科長、横浜市立大学大学院医学研究科 客員教授・臨床教授、東京医科大学消化器小児外科学分野 兼任教授

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)

吉川 貴己 よしかわ たかき 先生

外科一般に対して幅広く研鑽を重ね、2004年より胃がん外科一筋。2018年より国立がん研究センター胃外科長に就任。胃がん外科の専門家として、診療と臨床研究で日本をリードする。培ってきた知識と臨床経験、臨床研究に裏打ちされた論理的思考を診療に生かしている。適切な治療方針、適切な手術、分かりやすい説明と心温まる医療を目指す。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 吉川先生の胃がんに関する得意な領域
    • 腹腔鏡手術
    • ロボット支援手術
    • 大動脈周囲リンパ節郭清
    • ステージ4に対する集学的治療と根治のための拡大手術
    • 周術期の化学療法
  • 噴門部癌に対する、腹腔鏡手術、ロボット手術、下縦郭郭清
  • 胃GISTに対する、腹腔鏡手術、拡大手術、再発後の手術

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)
  • 国立がん研究センター中央病院胃外科 科長
  • 横浜市立大学大学院医学研究科 客員教授・臨床教授
  • 東京医科大学消化器小児外科学分野 兼任教授
  • 日本消化器外科学会 評議員
  • 日本内視鏡外科学会 評議員
  • 日本癌治療学会 評議員
  • 日本胃癌学会 評議員、理事
  • 日本外科代謝栄養学会 評議員
  • 日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG) プロトコール審査委員会副委員長・胃がんグループ事務局

所属病院

国立がん研究センター中央病院

  • 内科 血液内科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 小児科 小児外科 脳脊髄腫瘍科 骨軟部腫瘍科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 緩和ケア内科 消化器内科 肝胆膵内科 肝胆膵外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 東京都中央区築地5丁目1-1
  • 都営大江戸線「築地市場駅」 A1番出口 徒歩3分 東京メトロ日比谷線「築地駅」 2番出口 徒歩5分 東京メトロ日比谷線「東銀座駅」 6番出口 徒歩6分
  • 03-3542-2511
国立がん研究センター中央病院

来歴等

略歴

1989年 横浜市立大学医学部 卒業
1994年 Göteborg大学(Sweden)外科代謝研究室 所属
1995年 横浜市立大学大学院 卒業 医学博士取得
2001年 横浜市立大学第一外科 助手
2004年 神奈川県立がんセンター外科3科(現 消化器外科) 所属
2012年 神奈川県立がんセンター消化器外科 部長
2012年 横浜市立大学外科治療学 臨床教授を兼務
2015年 横浜市立大学大学院 客員教授を兼務
2015年 東京医科大学消化器・小児外科学分野 兼任教授を兼務
2016年 神奈川県立がんセンター 院長補佐・医療管理部長を兼務
2018年 国立がん研究センター中央病院胃外科 科長

論文

  • Biomarker analysis to predict the pathological response to neoadjuvant chemotherapy in locally advanced gastric cancer: An exploratory biomarker study of COMPASS, a randomized phase II trial. Oncotarget 11: 2906-2908, 2020

    Oshima T, Yoshikawa T (corresponding author), Miyagi Y, Morita S, Yamamoto M, Tanabe K, Nishikawa K, Ito Y, Matsui T, Kimura Y, Yokose T, Hiroshima Y, Aoyama T, Hayashi T, Ogata T, Cho H, Rino Y, Masuda M, Tsuburaya A, Sakamoto J.

  • Intraoperative blood loss as an independent prognostic factor for curative resection after neoadjuvant chemotherapy for gastric cancer: a single-center retrospective cohort study. Surg Today. 2020 Aug 24. doi: 10.1007/s00595-020-02114-3. Online ahead of print. Surg Today. 2020. PMID: 32839832

    Hayashi M, Yoshikawa T (corresponding author), Yura M, Otsuki S, Yamagata Y, Morita S, Katai H, Nishida T.

  • Predictive value of the surgical Apgar score on postoperative complications in advanced gastric cancer patients treated with neoadjuvant chemotherapy followed by radical gastrectomy: a single-center retrospective study. BMC Surg. 2020 Jul 11;20(1):150. doi: 10.1186/s12893-020-00813-9.BMC Surg. 2020. PMID: 32652977

    Hayashi M, Yoshikawa T (corresponding author), Yura M, Otsuki S, Yamagata Y, Morita S, Katai H, Nishida T.

  • Is splenectomy for dissecting splenic hilar lymph nodes justified for scirrhous gastric cancer? Gastric Cancer 2020 Mar 24.

    Hayashi T, Yoshikawa T (equally contributed, corresponding author), Kamiya A, Date K, Wada T, Otsuki S, Yamagata Y, Katai H, Nishida T.

  • A Nodal Diagnosis by Computed Tomography Is Unreliable for Patients Who Need Additional Gastrectomy After Endoscopic Submucosal Dissection. Surgery Today 2020 Mar 4.

    Wada T, Yoshikawa T (corresponding author), Kamiya A, Date K, Hayashi T, Otsuki S, Yamagata Y, Katai H, Nishida T.

  • Comprehensive biomarker analyses identifies HER2, EGFR, MET RNA expression and thymidylate synthase 5'UTR SNP as predictors of benefit from S-1 adjuvant chemotherapy in Japanese patients with stage II/III gastric cancer. J Cancer; 10(21):5130-5138, 2019

    Yoshikawa T, Aoyama T, Sakamaki K, Oshima T, Lin J, Zhang S, Sapari NS, Soong R, Tan I, Chan XB, Bottomley D, Hewitt LC, Arai T, Teh BT, Epstein D, Ogata T, Kameda Y, Miyagi Y, Tsuburaya A, Morita S, Grabsch HI, Tan P.

  • Is surgery alone sufficient for treating T1 gastric cancer with extensive lymph node metastases? Gastric Cancer 23(2); 349-355, 2020.

    Yura M, Yoshikawa T (corresponding author), Otsuki S, Yamagata Y, Morita S, Katai H, Nishida T.

  • ASO Author Reflections: Splenic Hilar Nodal Dissection for Proximal Advanced Gastric Cancer. Ann Surg Oncol 26: S588-S589, 2019.

    Yura M, Yoshikawa T (corresponding author).

  • Effect of First-line S-1 Plus Oxaliplatin With or Without Ramucirumab Followed by Paclitaxel Plus Ramucirumab on Advanced Gastric Cancer in East Asia: The Phase 2 RAINSTORM Randomized Clinical Trial. JAMA Netw Open. 2019 Aug 2;2(8):e198243. doi: 10.1001/jamanetworkopen.2019.8243.

    Yoshikawa T, Muro K, Shitara K, Oh DY, Kang YK, Chung HC, Kudo T, Chin K, Kadowaki S, Hamamoto Y, Hironaka S, Yoshida K, Yen CJ, Omuro Y, Bai LY, Maeda K, Ozeki A, Yoshikawa R, Kitagawa Y.

  • Different risks of nodal metastasis by tumor location in remnant gastric cancer after curative gastrectomy for gastric cancer. Gastric Cancer 23(1); 195-201, Jan 2020. 2019 Jul 13. doi: 10.1007/s10120-019-00989-x. [Epub ahead of print]

    Takahashi K, Yoshikawa T (corresponding author), Morita S, Kinoshita T, Yura M, Otsuki S, Tokunaga M, Yamagata Y, Kaito A, Katai H.

  • Does neoadjuvant chemotherapy cancel out the negative survival impact induced by surgical complications after gastrectomy? Gastric Cancer. 2019 Nov;22(6):1274-1284. doi: 10.1007/s10120-019-00957-5. Epub 2019 Apr 3.

    Hayashi M, Yoshikawa T (corresponding author), Yura M, Otsuki S, Yamagata Y, Morita S, Katai H, Nishida T.

  • Oncological safety of proximal gastrectomy for T2/T3 proximal gastric cancer. Gastric Cancer. 2019 Sep;22(5):1029-1035. doi: 10.1007/s10120-019-00938-8. Epub 2019 Feb 18.

    Yura M, Yoshikawa T (corresponding author), Otsuki S, Yamagata Y, Morita S, Katai H, Nishida T.

  • Current status of the “enhanced recovery after surgery” program in gastric cancer surgery. Ann Gastroenterol Surg. 2019 Jan 21;3(3):231-238. doi: 10.1002/ags3.12232. eCollection 2019 May.

    Yamagawa Y, Yoshikawa T (corresponding author) , Yura M, Otsuki S, Yamagata Y, Morita S, Katai H, Nishida T.

  • Effects of perioperative Eicosapentaenoic acid-enriched oral nutritional supplement on lean body mass after total gastrectomy for gastric cancer. J Cancer. 2019 Jan 29;10(5):1070-1076. doi: 10.7150/jca.29632. eCollection 2019.

    Aoyama T, Yoshikawa T (corresponding author) , Ida S, Cho H, Sakamaki K, Ito Y, Fujitani K, Takiguchi N, Kawashima Y, Nishikawa K, Oshima T, Nunobe S, Hiki N.

  • Four courses versus eight courses of adjuvant S-1 for patients with stage II gastric cancer (JCOG1104 [OPAS-1]): an open-label, phase 3, non-inferiority, randomised trial. Lancet Gastroenterol Hepatol. 2019 Mar;4(3):208-216. doi: 10.1016/S2468-1253(18)30383-2. Epub 2019 Jan 22.

    Yoshikawa T, Terashima M, Mizusawa J, Nunobe S, Nishida Y, Yamada T, Kaji M, Fukushima N, Hato S, Choda Y, Yabusaki H, Yoshida K, Ito S, Takeno A, Yasuda T, Kawachi Y, Katayama H, Fukuda H, Boku N, Sano T, Sasako M.

  • The Therapeutic Survival Benefit of Splenic Hilar Nodal Dissection for Advanced Proximal Gastric Cancer Invading the Greater Curvature. Ann Surg Oncol. 2019 Mar;26(3):829-835. doi: 10.1245/s10434-018-07122-9. Epub 2018 Dec 19.

    Yura M, Yoshikawa T (corresponding author), Otsuki S, Yamagata Y, Morita S, Katai H, Nishida T.

  • Equivalent feasibility and safety of perioperative care by ERAS in open and laparoscopy-assisted distal gastrectomy for gastric cancer: a single-institution ancillary study using the patient cohort enrolled in the JCOG0912 phase III trial. Gastric Cancer. 2019 May;22(3):617-623. doi: 10.1007/s10120-018-0873-3. Epub 2018 Sep 7.

    Aoyama T, Yoshikawa T (corresponding author), Sato T, Hayashi T, Yamada T, Ogata T, Cho H.

  • Identification of a high-risk subtype of intestinal-type Japanese gastric cancer by quantitative measurement of the luminal tumor proportion. Cancer Med. 2018 Oct;7(10):4914-4923. doi: 10.1002/cam4.1744. Epub 2018 Aug 29.

    Aoyama T, Hutchins G, Arai T, Sakamaki K, Miyagi Y, Tsuburaya A, Ogata T, Oshima T, Earle S, Yoshikawa T, Grabsch HI.

  • Priority of lymph node dissection for proximal gastric cancer invading the greater curvature. Gastric Cancer. 2018 May;21(3):569-572. doi: 10.1007/s10120-017-0775-9. Epub 2017 Nov 8.

    Maezawa Y, Aoyama T, Yamada T, Kano K, Hayashi T, Sato T, Oshima T, Rino Y, Masuda M, Ogata T, Cho H, Yoshikawa T (corresponding author).

  • The Negative Survival Impact of Infectious Complications After Surgery is Canceled Out by the Response of Neoadjuvant Chemotherapy in Patients with Esophageal Cancer. Ann Surg Oncol. 2018 Jul;25(7):2034-2043.

    Kano K, Aoyama T, Yoshikawa T (corresponding author), Maezawa Y, Nakajima T, Hayashi T, Yamada T, Sato T, Oshima T, Rino Y, Masuda M, Cho H, Ogata T.

著書

  • 吉川貴己.がんの進行度とRECISTによる治療効果判定.消化器外科専門医の心得、日本消化器外科学会(編)、pp128-131、杏林舎、東京、2020

  • 吉川貴己.胃がんに対する術後補助化学療法の選択.うまく続ける消化器がん薬物療法の基本とコツ、加藤 健/森実千種(編)、pp81-91、羊土社、東京、2016

  • 吉川貴己、尾形高士、長 晴彦.LECSの未来像-外科の立場から.LECS イラストと写真で見る内視鏡医と外科医のコラボレーション手術、腹腔鏡・内視鏡合同手術研究会(編)、170-171、メジカルレビュー社、東京、2015

  • 吉川貴己.スキルス胃がんの治療.インフォームドコンセントのための図説シリーズ 胃がん、笹子三津留(編)、pp76-81、医薬ジャーナル、大阪/東京、2012

  • 吉川貴己.胃がんに対する術後補助化学療法の実際(S-1単独療法).うまく続ける消化管がん化学療法、滝内比呂也(編)、pp71-79、羊土社、東京、2011

  • 吉川貴己、円谷 彰.消化器癌化学療法と腫瘍学.オンコロジークリニカルガイド 消化器癌化学療法 食道・胃・大腸、久保田哲郎→瀧内比呂也、大村健二(編)、pp2-13、南山堂、東京、2007(初版)、2009(第2版)、2011(第3版)

  • 吉川貴己.がん患者における栄養管理のエッセンス 栄養不足になるのはどうして?~がんの時間学と栄養障害 がん患者の栄養管理、大村健二(編)、pp55-67、南山堂、東京、2009

  • 吉川貴己.胃癌補助化学療法の現状と展望 胃外科の要点と盲点、荒井邦佳(編)、pp142-143、文光堂、東京、2009(第2版)

  • 吉川貴己、笹子三津留、佐野 武.胃癌治療の新しいエビデンスを求めて-臨床試験の取り組み- JCOGでの取り組みと現状.外科治療 96(5): 953-958, 2007

  • 吉川貴己、円谷 彰、長 晴彦.治癒を目指した胃がんの治療 ⑤術後補助化学療法.インフォームドコンセントのための図説シリーズ 胃がん、笹子三津留(編)、pp76-81、医薬ジャーナル、大阪/東京、2007

  • Noguchi Y, Fukuzawa K, Yoshikawa T, Younes RN. Surgical oncology: Role of videolaparocopy. In: Eubanks S, Cohen RV, Younes RN, and Brody F eds, Endosurgery for caner: Landes bioscience; 1-27, 1999.

  • Yoshikawa T, Motohashi H, Tsuburaya A, Kobayashi O, Sairenji M, Noguchi Y. New strategy for the treatment of advanced or recurrent gastric carcinoma: Neoadjuvant immunochemotherapy of FLPO regimen (5-FU, Leucovorin, CDDP, and OK-432). In: Nakajima T and Yamaguchi T, eds. Multimodality therapy for gastric cancer: Springer-Verlag Tokyo; 148-153, 1999.

その他

  • 【受賞】1999年 横浜市立大学 横浜医学賞

  • 【テレビ出演】2015年11月 NHK Eテレ TVシンポジウム「胃がん治療はどこまで進んだのか」

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師