新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国立がん研究センター中央病院 胃外科 医員

日本外科学会 外科専門医 日本消化器外科学会 消化器外科専門医 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域) 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

和田 剛幸 わだ たけゆき 先生

公開日
2020/04/16

慶應義塾大学外科学教室で外科学の基礎と上部消化管(食道・胃)領域の専門知識を学び、現在は国立がん研究センター中央病院で胃がんの手術を専門に診療をしている。腹腔鏡による低侵襲手術から大動脈周囲リンパ節郭清を伴う拡大手術まで幅広く執刀している。JCOG胃癌グループに所属し、新規胃がん治療法の開発に従事し、また海外の医師との交流を通じて国際的な胃がん治療成績の向上に尽力している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 和田先生の胃がんに関する得意な領域
    • 開腹手術
    • 腹腔鏡手術
    • 化学療法
    • 集学的治療

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 国立がん研究センター中央病院 胃外科 医員
  • 医学博士 取得

所属病院

国立がん研究センター中央病院

  • 内科 血液内科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 小児科 小児外科 脳脊髄腫瘍科 骨軟部腫瘍科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 緩和ケア内科 消化器内科 肝胆膵内科 肝胆膵外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 東京都中央区築地5丁目1-1
  • 都営大江戸線「築地市場駅」 A1番出口 徒歩3分 東京メトロ日比谷線「築地駅」 2番出口 徒歩5分 東京メトロ日比谷線「東銀座駅」 6番出口 徒歩6分
  • 03-3542-2511
国立がん研究センター中央病院

来歴等

略歴

2005年 慶應義塾大学医学部 卒業
2005年 北見赤十字病院初期臨床 研修医
2007年 慶應義塾大学医学部外科学教室所属
2009年 慶應義塾大学医学部大学院博士課程
2014年 国立がん研究センター中央病院胃外科
2017年 University of British Columbia Postdoctral Fellow
2019年 国立がん研究センター中央病院胃外科

論文

  • Incidence of and risk factors for preoperative deep venous thrombosis in patients undergoing gastric cancer surgery. Gastric Cancer. 2017 Sep;20(5):872-877. 2017 Jan 24.

    Wada T, Fujiwara H, Morita S, Fukagawa T, Katai H.

  • Successful management of anastomotic leakage and lung fistula after esophagectomy. Ann Thorac Surg. 2014 Mar;97(3):1071-3.

    Wada T, Takeuchi H, Yoshikawa T, Oyama T, Nakamura R, Takahashi T, Kawakubo H, Wada N, Saikawa Y, Omori T, Kitagawa Y.

  • Functional role of CD44v-xCT system in the development of spasmolytic polypeptide-expressing metaplasia. Cancer Sci. 2013 Oct;104(10):1323-9. 2013 Aug 12.

    Wada T, Ishimoto T, Seishima R, Tsuchihashi K, Yoshikawa M, Oshima H, Oshima M, Masuko T, Wright NA, Furuhashi S, Hirashima K, Baba H, Kitagawa Y, Saya H, Nagano O.

  • Clinical utility of preoperative evaluation of bronchial arteries by three-dimensional computed tomographic angiography for esophageal cancer surgery. Dis Esophagus. 2013 Aug;26(6):616-22. 2012 Dec 13.

    Wada T, Takeuchi H, Kawakubo H, Nakamura R, Oyama T, Takahashi T, Wada N, Saikawa Y, Omori T, Jinzaki M, Kuribayashi S, Kitagawa Y.

  • A male case of an undifferentiated carcinoma with osteoclast-like giant cells originating in an indeterminate mucin-producing cystic neoplasm of the pancreas. World J Surg Oncol. 2011 Sep 8;9:100.

    A case report and review of the literature. Wada T, Itano O, Oshima G, Chiba N, Ishikawa H, Koyama Y, Du W, Kitagawa Y.

  • Evaluation of 64-Channel Contrast-Enhanced Multi-detector Row Computed Tomography for Preoperative N Staging in cT2-4 Gastric Carcinoma. Cancer Prev Res (Phila). 2015 Jun;8(6):492-501. 2015 Mar 26.

    Ohashi M, Morita S, Fukagawa T, Wada T, Kushima R, Onaya H, Katai H.

  • Ink4a/Arf-Dependent Loss of Parietal Cells Induced by Oxidative Stress Promotes CD44-Dependent Gastric Tumorigenesis. Cancer Prev Res (Phila). 2015 Jun;8(6):492-501. 2015 Mar 26.

    Seishima R, Wada T, Tsuchihashi K, Okazaki S, Yoshikawa M, Oshima H, Oshima M, Sato T, Hasegawa H, Kitagawa Y, Goldenring JR, Saya H, Nagano O.

  • Intraoperative fluorescence lymphography using indocyanine green in a patient with chylothorax after esophagectomy: report of a case. Surg Today. 2013 Feb;43(2):206-10. 2012 Oct 30.

    Kaburagi T, Takeuchi H, Oyama T, Nakamura R, Takahashi T, Wada N, Saikawa Y, Kamiya S, Tanaka M, Wada T, Kitagawa Y.

  • Alternative splicing of CD44 mRNA by ESRP1 enhances lung colonization of metastatic cancer cell. Nat Commun. 2012 Jun 6;3:883.

    Yae T, Tsuchihashi K, Ishimoto T, Motohara T, Yoshikawa M, Yoshida GJ, Wada T, Masuko T, Mogushi K, Tanaka H, Osawa T, Kanki Y, Minami T, Aburatani H, Ohmura M, Kubo A, Suematsu M, Takahashi K, Saya H, Nagano O.

  • Laparoscopic resection of an epidermoid cyst originating from an intrapancreatic accessory spleen: report of a case. Surg Today. 2010;40(1):72-5. 2009 Dec 29.

    Itano O, Chiba N, Wada T, Yuasa Y, Sato T, Ishikawa H, Koyama Y, Matsui H, Kitagawa Y.

  • Laparoscopic-assisted limited liver resection: technique, indications and results. J Hepatobiliary Pancreat Surg. 2009;16(6):711-9. 2009 Jul 9.

    Itano O, Chiba N, Maeda S, Matsui H, Oshima G, Wada T, Nakayama T, Ishikawa H, Koyama Y, Kitagawa Y.

  • 特集 「縫合不全!!」を防ぐ 、胃 、噴門側胃切除・胃全摘における食道空腸吻合 、和田 剛幸, 片井 均、国立がん研究センター中央病院胃外科 特集、膜と層を意識した消化器外科解剖、テーマ:Ⅱ.胃の手術 3.幽門下リンパ節郭清術、国立がん研究センター中央病院 胃外科

    和田剛幸、片井均

  • エキスパートの治療法―症例から考える―胃癌に対する膵頭十二指腸切除術について、胃がんperspective Vol.9 No.3, 34-37, 2017

    和田剛幸、片井均

  • 消化器外科 2015年6月号、食道切除・胃全摘後再建法、手技のピットフォールとコツ、食道空腸吻合法―開腹術;サーキュラーステープラーを用いた方法

    和田 剛幸、片井均

  • 臨床外科 70巻2号(2015年2月)FOCUS「胃癌治療ガイドライン 第4版」改訂のポイント

    和田 剛幸, 片井 均

  • 消化器外科学レビュー2012、最新主要文献と解説、Navigation Surgery

    和田剛幸,竹内裕也,北川雄光

  • 気管支動脈,胸管の解剖に留意した食道癌Navigation surgeryの試み, 日本コンピュータ外科学会誌 14巻 (2012.10)

    和田剛幸 竹内裕也 北川雄光

  • 食道癌手術における3DCT angiography及び3DMR ductgraphyを用いた気管支動脈と胸管の立体解剖 第16回臨床解剖研究会記録

    和田剛幸 竹内裕也 北川雄光

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師