Medical Noteとは

小宮 貴子

小宮 貴子先生

東京医科大学病院 形成外科

  • 形成外科 / 講師

専門分野

乳房再建、乳房一般

紹介

東京医科大学卒業後、乳房再建を専門に取り組む。乳房のふくらみの再建だけでなく乳頭・乳輪の再建にも力を入れている。「患者さんが安心して乳がん治療に引き続き再建できること」を理念に掲げ、診療では患者さんにとって丁寧でわかりやすい説明を重視している。

略歴

2002年 東京医科大学医学部医学科卒業 
2002年 東京医科大学形成外科学講座 入局
2008年 東京医科大学形成外科学講座 助教 
2015年 医学博士号取得 
2015年 東京医科大学形成外科学分野 講師

所属学会・資格・役職など

【所属学会】
日本形成外科学会
日本乳癌学会
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
日本創傷外科学会

【認定資格】
日本形成外科学会専門医/指導医
乳房再建用エキスパンダー/インプラント責任医師
乳房増大エキスパンダー/インプラント実施医師登録

受賞・著書・論文など

【著書】
PEPARS 72 20-27 全日本病院出版会 2012
乳輪・乳頭の形成外科・美容外科手術における局所麻酔のコツ
小宮貴子 岩平佳子
 
MEDICAL TECHNOLOGY 44巻 9号
乳癌個別化診療における臨床検査の役割
乳房再建の実際
佐藤宗範 小宮貴子 松村一
 
【論文】
Aesthetic Plastic Surgery(2015)39:209-213
Anatomy of the Superficial Layer of Superficial Fascia Around the Nipple-Areola Complex
Takako

もっと見る

【著書】
PEPARS 72 20-27 全日本病院出版会 2012
乳輪・乳頭の形成外科・美容外科手術における局所麻酔のコツ
小宮貴子 岩平佳子
 
MEDICAL TECHNOLOGY 44巻 9号
乳癌個別化診療における臨床検査の役割
乳房再建の実際
佐藤宗範 小宮貴子 松村一
 
【論文】
Aesthetic Plastic Surgery(2015)39:209-213
Anatomy of the Superficial Layer of Superficial Fascia Around the Nipple-Areola Complex
Takako Komiya, Norihito Ito, Ryutaro Imai, Masahiro Itoh, Munekazu Naito,
Jun Matsubayashi, Hajime Matsumura
 
Springerplus. 2016; 5(1): 579.
The optimal reconstruction size of nipple-areola complex following breast implant in breast cancer patients
Naomi Nagura-Inomata, Yoshiko Iwahira, Naoki Hayashi, Takako Komiya, Osamu Takahashi

執筆した記事

すべて見る

所属病院

東京医科大学病院

東京都新宿区西新宿6-7-1
東京メトロ丸ノ内線 西新宿 徒歩1分

  • 大病院
  • 所属専門家