新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東京医科大学病院  脳卒中センター長、東京医科大学 脳神経外科学分野 主任教授

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医 日本脳卒中学会 脳卒中専門医

河野 道宏 こうの みちひろ 先生

脳神経外科医。聴神経腫瘍をはじめとする脳腫瘍の手術のエキスパート。脳動脈瘤などの脳血管障害においてはバイパス手術も得意とし、良好な成績を挙げている。高度な手術の提供はもちろんのこと、患者さんに安心して治療を受けてもらえるよう尽力している。

河野先生のストーリー記事

最高の医療かどうかは患者さんが判断すること
最高の医療かどうかは患者さんが判断すること

信念を貫き、手術と教育にすべての力を注ぐ河野道宏先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経外科
  • 脳腫瘍、特に小脳橋角部腫瘍(聴神経腫瘍)・頭蓋底腫瘍の手術
  • 脳血管障害(脳動脈瘤、バイパス手術)の手術
  • 脊椎脊髄末梢神経の手術

資格・学会・役職

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医
  • 医学博士 (東京大学)
  • 日本頭蓋底外科学会 理事
  • 日本脳腫瘍の外科学会 理事
  • 日本聴神経腫瘍研究会 世話人
  • 日本微小脳神経外科解剖研究会 世話人
  • 脳神経外科手術と機器学会(CNTT) 運営委員
  • 日本脊髄外科学会 認定医
  • 日本老年脳神経外科学会 世話人
  • 日本脳神経外傷学会 理事
  • 手技にこだわる脳神経外科カンファランス 代表世話人
  • 日本顔面神経学会 評議員
  • 関東脳神経外科懇話会 幹事
  • 東京医科大学病院  脳卒中センター長
  • 東京医科大学 脳神経外科学分野 主任教授

所属病院

東京医科大学病院

  • 内科 血液内科 リウマチ・膠原病内科 外科 心療内科 神経内科 脳神経外科 呼吸器内科 呼吸器外科 消化器内科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 矯正歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 循環器内科 糖尿病 代謝 内分泌内科 高齢診療科 臨床検査医学科
  • 東京都新宿区西新宿6丁目7-1
  • 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」 2番出口またはE5出口 徒歩1分 JR山手線「新宿駅」 西口 その他JR複数線、小田急線小田原線、京王電鉄京王線、都営新宿線なども利用可能 徒歩10分
  • 03-3342-6111
東京医科大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1987年 浜松医科大学 卒業
1987年 東京大学脳神経外科 就任
1987年 国立病院医療センター(現・国立国際医療研究センター) 脳神経外科
1987年 東京大学医学部附属病院 脳神経外科
1988年 茨城県立中央病院 脳神経外科
1991年 東京大学医学部附属病院 脳神経外科
1992年 富士脳障害研究所附属病院 脳神経外科
1993年 都立神経病院 脳神経外科
1995年 富士脳障害研究所附属病院 脳神経外科 部長
2004年 東京警察病院 脳神経外科 部長
2007年 東京警察病院 脳卒中センター長 兼務
2008年 東京大学医学部 非常勤講師 兼務
2011年 東京警察病院 副院長 兼務
2013年 東京医科大学脳神経外科学分野 主任教授
2014年 東京医科大学病院 脳卒中センター長 兼務

論文

  • Intraoperative continuous monitoring of evoked facial nerve electromyograms in acoustic neuroma surgery. Acta Neurochirurgica 153(5):1059-67, 2011

    Amano M, Kohno M, Nagata O, Taniguchi M, Sora S, Sato H

  • Intraoperative real-time continuous facial nerve monitoring in acoustic neuroma surgery.Acta Neurochirurgica 153: 2273-2274, 2011

    Kohno M, Taniguchi M

  • Prognosis of tinnitus after acoustic neuroma surgery - Surgical management of postoperative tinnitus-. World Neurosurgery 81(2):357-367.2014

    Kohno M, Shinogami M, Yoneyama H, Nagata O, Sora S, Sato H

  • Clinical features of vestibular schwannomas in patients who experience hearing improvement after surgery.Neurosurg Rev 38: 331-341, 2015

    Kohno M, Sora S, Sato Shinogami M, Yoneyama H.

  • 側頭骨錐体部経由のアプローチの選択と注意点. 脳神経外科 31: 871-882, 2003

    河野道宏、浅岡克行、澤村豊

  • 標準治療と最新治療 -メリット・デメリット「聴神経腫瘍」.CLINICAL NEUROSCIENCE 24: 1284-1285, 2006

    河野道宏 

  • 聴神経腫瘍・小脳橋角部腫瘍手術における術中顔面神経モニタリング.臨床脳波 50: 449-454, 2008

    河野道宏、谷口真

  • 私の手術戦略「聴神経腫瘍の手術」.脳神経外科速報 20: 132-142, 2010

    河野道宏

  • 専門医に求められる最新の知識 [脳腫瘍] 神経鞘腫:モニタリングの進歩.脳神経外科速報 20: 1154-1161, 2010

    河野道宏

  • 脳外科手術リカバリーの極意・私の工夫「聴神経腫瘍手術におけるトラブルへの対応」.脳神経外科速報 24: 24-32, 2014

    河野道宏

  • 聴神経腫瘍手術 - 手術適応と機能温存 -. 脳神経外科ジャーナル 23: 20-28, 2014

    河野道宏

  • 神経をどう扱うか 手術等での取り扱い 蝸牛神経、前庭神経. JOHNS 30: 1429-1431, 2014

    河野道宏

  • Is an acoustic neuroma an epiarachnoid or subarachnoid tumor?.Neurosurgery 68: 1006-1017, 2011

著書

1. 聴神経腫瘍の治療. 河野道宏 Annual Review 2009 神経 pp 136-143 柳沢信夫ら編、中外医学社 (東京) 2009
2. Suboccipital approach:聴神経腫瘍. 河野道宏 NS NOW 7 低侵襲時代の頭蓋底手術 pp 103-112 大畑建治編、メジカルビュー (東京) 2009
3. Transcondylar approach. 河野道宏  脳神経外科エキスパート「頭蓋底」pp 148-156 佐伯直勝編、中外医学社 (東京) 2009
4. 頭蓋頸椎移行部腫瘍. 河野道宏 脳神経外科医のための脊椎脊髄疾患・診断と治療ガイド pp 260-276 今栄信治、川西昌浩、朝本俊司、河本俊樹編、メジカルビュー社 (東京) 2009
5. 頸静脈孔神経鞘腫. 河野道宏 イラストレイテッド脳腫瘍外科学 pp 176-179 河本圭司、本郷一博、栗栖 薫編、医学書院 (東京) 2011
6. 経乳突洞・経迷路アプローチ. 河野道宏 ビジュアル脳神経外科7・頭蓋底②後頭蓋窩・錐体斜台部 pp 130-141 斉藤延人、片山容一、冨永悌二、編、メジカルビュー (東京) 2012
7. 小脳脚-脳幹部腫瘍 (頭蓋底アプローチ). 河野道宏. 3D立体画像で学ぶ脳神経外科手術の手技. 2012: 57-67 秋元治朗 監修. 大阪:メディカ出版、 
8. 神経鞘腫. 河野道宏. インフォームドコンセントのための図説シリーズ・脳腫瘍 2013: pp50-57 寺本 明  大阪:医薬ジャーナル社
9. 小脳橋角部腫瘍. 河野道宏. 別冊・日本臨牀 神経症候群 (第2版) 新・領域別症候群シリーズ 28 2014: pp495-498  大阪:日本臨牀社 
10.「ドクターの肖像」河野道宏. ドクターズマガジン (Doctor's Magazine)2014年10月号 pp4-11 メディカルプリンシパル社 (東京) 2014
11. Retrosigmoid approach. 河野道宏 新NS NOW 2 若手脳神経外科医が経験したい手術アプローチ pp 110-121 伊達 勲編、メジカルビュー (東京) 2015
12. '聴神経腫瘍・頭蓋底腫瘍の手術に関する最近の知見'. *河野道宏 脳腫瘍レビュー (第20回) サブノート pp80-105 中外製薬

その他

  • Best Doctors in Japan 2008-2015

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。