国立成育医療研究センター病院 生体防御系内科部 免疫科 医長

日本小児科学会 小児科専門医 日本血液学会 会員 日本輸血・細胞治療学会 会員 日本分子生物学会 会員

小野寺 雅史 おのでら まさふみ 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 小児科
  • 小児科学
  • 免疫学
  • 血液学
  • 遺伝子治療

資格・学会・役職

日本小児科学会 小児科専門医
日本血液学会 会員
日本輸血・細胞治療学会 会員
日本分子生物学会 会員
  • 国立成育医療研究センター病院 生体防御系内科部 免疫科 医長
  • 日本遺伝子治療学会 理事
  • 米国遺伝子細胞治療学会
  • 欧州遺伝子細胞治療学会

所属病院

国立成育医療研究センター病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 免疫科
  • 東京都世田谷区大蔵2丁目10-1
  • 小田急線 成城学園前 南口 バスの利用も可能(所要時間約10分 小田急バス/東急バス 国立成育医療センター前下車 徒歩1分) 車5分 東急田園都市線 用賀 成城学園前駅行 国立成育医療センター前下車 徒歩1分 バス15分
  • 03-3416-0181
公式ウェブサイト
国立成育医療研究センター病院

医療記事

来歴等

略歴

1986年 北海道大学医学部小児科勤務
1991年 熊本大学医学部形態発生部門 研究生(西川伸一教授)
1994年 米国国立衛生研究所 visiting fellow (RM.Blaese博士)
1998年 科学技術振興事業団 研究員(中内啓光教授)
2001年 筑波大学臨床医学系血液内科 講師
2008年 国立成育医療センター研究所・成育遺伝研究部・室長
2009年 国立成育医療センター研究所・成育遺伝研究部・部長
2010年 国立成育医療研究センター病院・免疫科・医長(併任)
2010年 国立成育医療研究センター病院・臨床検査部輸血・組織適合検査室・医長(併任)

審議会:
2010年 6月〜現在 厚生科学審議会 遺伝子治療臨床研究作業委員会委員 
2014年 4月〜現在 独立行政法人医薬品医療機器総合機構専門員
2015年 7月〜現在 薬事・食品衛生審議会 再生医療等製品・生物由来技術部会臨時委員
2015年 1月〜現在 大阪大学第二特定認定再生医療等委員会委員

論文

1. Igarashi Y, Uchiyama T, Minegishi T, Takahashi S, Watanabe N, Kawai T, Yamada M, Ariga T, Onodera M. Single cell-based vector tracing in patients with ADA-SCID treated with stem cell gene therapy. Mol Ther Methods Clin Dev 6: 8-16, 2017.
2. Goto F, Uchiyama T, Nakazawa Y, Kawai T, Imai K, Onodera M. Persistent impairment of T cell regeneration in a patient with activated PI3K d syndrome. J Clin Immunol 37: 347-350, 2017.
3. Kawano Y, Nakae J, Watanabe N, Kikuchi T, Tateya S, Tamori Y, Kaneko M, Abe T, Onodera M, Itoh H. Colonic Pro-inflammatory Macrophages Cause Insulin Resistance in an Intestinal Ccl2/Ccr2-Dependent Manner. Cell Metab 24: 295-310, 2016.
4. Nakazawa Y, Kawai T, Uchiyama T, Goto F, Watanabe N, Maekawa T, Ishigro A, Okuyama, T, Otsu M, Yamada M, Hershfield MS, Ariga T, Onodera M: Effects of enzyme replacement therapy on immune function in ADA deficiency patient. Clin Immunol 161: 391-393, 2015.
5. Ichida Y, Utsunomiya Y, Yasuda T, Nakabayashi K, Sato T, Onodera M: Functional domains of ZFP809 essential for nuclear localization and gene silencing. PLOS ONE 10: e0139274, 2015.
6. Ichida Y, Utsunomiya Y, Tomikawa J, Nakabayashi K, Sato T, Onodera M: Long time-course monitoring of ZFP809-mediated gene silencing in transgene expression driven by promoters containing MLV-derived PBS. Biosci Biotechnol Biochem 7:1-7, 2015.
7. Otsu M, Yamada M, Nakajima S, Kida M, Maeyama Y, Hatano N, Toita N, Takezaki S, Okura Y, Kobayashi R, Matsumoto Y, Tatsuzawa , Tsuchida F, Kato S, Kitagawa M, Mineno J, Hershfield MS, Bali P, Candotti F, Onodera M, Kawamura N, Sakiyama Y, Ariga T: Treatment Outcomes in Two Japanese Adenosine Deaminase-Deficiency Patients Treated by Stem Cell Gene Therapy with No Cytoreductive Conditioning. J Clin Immunol 35: 384-398, 2015.
8. Yamazaki Y, Yamada M, Kawai T, Morio T, Onodera M, Ueki M, Watanabe N, Takada H, Takezaki S, Chida N, Kobayashi I, Ariga T: Two Novel Gain-of-Function Mutations of STAT1 Responsible for Chronic Mucocutaneous Candidiasis Disease: Impaired Production of IL-17A and IL-22, and the Presence of anti-IL-17F Autoantibody. J. Immunology 193: 4880-4887, 2014.
9. Kawai T, Watanabe N, Yokoyama M, Nakazawa Y, Goto F, Uchiyama T, Higuchi M, Maekawa T, Tamura E, Nagasaka S, Hojo M, Onodera M: Interstitial Lung Disease with Multiple Microgranulomas in Chronic Granulomatous Disease. J Clin Immunol 34: 933-940, 2014.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師