国立成育医療研究センター 腎臓・リウマチ・膠原病科 医員

日本小児科学会 小児科専門医 日本腎臓学会 腎臓専門医 日本小児腎臓病学会 会員 日本小児腎不全学会 会員 日本リウマチ学会 会員 日本小児リウマチ学会 会員 日本透析医学会 会員

西 健太朗 にし けんたろう 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 小児科
  • 西先生のネフローゼ症候群の専門領域
    • ステロイド
    • 免疫抑制療法
    • リツキシマブ
  • 西先生の腎不全の専門領域
    • 栄養療法
    • 薬物治療
    • 透析療法
    • 腎移植
  • 西先生の全身性エリテマトーデスの専門領域
    • ステロイド
    • 免疫抑制療法
  • 【専門領域】小児腎臓・小児リウマチ・一般小児
  • 【疾患名】小児慢性腎臓病【治療法】栄養療法、薬物治療、透析療法、腎移植
  • 【疾患名】慢性腎炎【治療法】ステロイド、免疫抑制療法、その他の支持療法
  • 【疾患名】先天性腎尿路異常【治療法】薬物療法、透析療法、腎移植

資格・学会・役職

日本小児科学会 小児科専門医
日本腎臓学会 腎臓専門医
日本小児腎臓病学会 会員
日本小児腎不全学会 会員
日本リウマチ学会 会員
日本小児リウマチ学会 会員
日本透析医学会 会員
  • 国立成育医療研究センター 腎臓・リウマチ・膠原病科 医員

所属病院

国立成育医療研究センター病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 免疫科
  • 東京都世田谷区大蔵2丁目10-1
  • 小田急線 成城学園前 南口 バスの利用も可能(所要時間約10分 小田急バス/東急バス 国立成育医療センター前下車 徒歩1分) 車5分 東急田園都市線 用賀 成城学園前駅行 国立成育医療センター前下車 徒歩1分 バス15分
  • 03-3416-0181
公式ウェブサイト
国立成育医療研究センター病院

医療記事

来歴等

略歴

2010年 東京医科大学医学部 卒業
2011年 東京都立多摩総合医療センター 初期研修医
2013年 国立成育医療研究センター 後期研修医
2015年 国立成育医療研究センター 教育研修部 チーフレジデント
2017年 国立成育医療研究センター 腎臓・リウマチ・膠原病科 専門修練医
2020年 国立成育医療研究センター 腎臓・リウマチ・膠原病科 医員

論文

  • 1. Detailed clinical manifestations at onset and prognosis of neonatal-onset Denys-Drash syndrome and congenital nephrotic syndrome of the Finnish type. Clin Exp Nephrol. 2019 Aug;23(8):1058-1065.

    Nishi K, Inoguchi T, Kamei K, Hamada R, Hataya H, Ogura M, Sato M, Yoshioka T, Ogata K, Ito S, Nakanishi K, Nozu K, Hamasaki Y, Ishikura K.

  • 2. X-linked agammaglobulinemia complicated with pulmonary aspergillosis. Pediatr Int. 2018 Jan;60(1):90-92.

    Nishi K, Kawai T, Kubota M, Ishiguro A, Onodera M.

  • 3. Refractory Hypertension in Infantile-Onset Denys-Drash syndrome. Tohoku J Exp Med. 2020 Sep;252(1):45-51.

    Nishi K, Kamei K, Ogura M, Sato M, Murakoshi M, Kamae C, Suzuki R, Kanamori T, Nagano C, Nozu K, Ishikura K, Ito S.

  • 4. Two cases of idiopathic steroid-resistant nephrotic syndrome complicated with thrombotic microangiopathy. BMC Nephrol. 2020 Aug 3;21(1):323.

    Nishi K, Sato M, Ogura M, Okutsu M, Ishikura K, Kamei K.

  • 5. Aquired idiopathic thrombocytopenic purpura successfully treated with intravenous immunoglobulin and glucocorticoid: A case report. Medicine. 2017 Apr;96(14):e6547.

    Nakao H, Ishiguro A, Ikoma N, Nishi K, Su C, Nakadate H, Kubota M, Hayakawa M, Matsumoto M.

  • 6. Association between the clinical presentation of congenital anomalies of the kidney and urinary tract (CAKUT) and gene mutations: an analysis of 66 patients at a single institution. Pediatr Nephrol. 2019 Aug;34(8):1457-1464.

    Ishiwa S, Sato M, Morisada N, Nishi K, Kanamori T, Okutsu M, Ogura M, Sako M, Kosuga M, Kamei K, Ito S, Nozu K, Iijima K, Ishikura K.

  • 7. Prophylactic rituximab administration in children with complicated nephrotic syndrome. Pediatr Nephrol. 2021 Mar;36(3):611-619.

    Okutsu M, Kamei K, Sato M, Kanamori T, Nishi K, Ishiwa S, Ogura M, Sako M, Ito S, Ishikura K.

  • 8. Eosinophilic peritonitis in children on chronich peritoneal dialysis. Pediatr Nephrol. 2021 Jun;36(6):1571-1577.

    Suzuki R, Sato M, Murakoshi M, Kamae C, Kanamori T, Nishi K, Ogura M, Kamei K.

  • 9. Anti-complement factor H (CFH) antibodies and a novel CFH gene mutation in an atypical hemolytic uremic syndrome patient with complement activation of the classical pathway. Immunol Med. 2021 Mar 30:1-4.

    Minato S, Iijima H, Nakao H, Nishi K, Hidaka Y, Inoue N, Kubota M, Ishiguro A.

  • 10. Risk factors for post-nephrectomy hypotension in pediatric patients. Pediatr Nephrol. 2021 May 14.

    Nishi K, Kamei K, Ogura M, Sato M, Ishiwa S, Shioda Y, Kiyotani C, Matsumoto K, Nozu K, Ishikura K, Ito S.

  • 11. Mycobacterium avium complex peritonitis in a pediatric patient on peritoneal dialysis: A case report. Medicine. 2021. Medicine (Baltimore). 2021 Jun 18;100(24):e26321.

    Yokota S, Nishi K, Sho Ishiwa, Kazuhiro Uda, Kensuke Shoji, Koichi Kamei.

著書

  • 1. 西 健太朗:こどもが薬を飲みたがりません!意外と知らない!?. くすりのTIPS. 井上 祥など(編), P206-7, メジカルビュー社, 2015.

  • 2. 西 健太朗, 成田雅美:気管支喘息発作とクループ ステロイドの使い方は?. くすりのTIPS. 井上 祥など(編), P212-3, メジカルビュー社, 2015.

  • 3. 西 健太朗, 成田雅美:漸減?中止?小児喘息の急性発作ステロイド. くすりのTIPS. 井上 祥など(編), P214-5, メジカルビュー社, 2015.

  • 4. 西 健太朗:こどものインフルエンザの治療はどうするの? 意外と知らない!?くすりのTIPS. 井上 祥など(編), P222-3, メジカルビュー社, 2015.

  • 5. 西 健太朗, 中尾 寛, 石黒 精:研修医のためのクリニカルクイズ. 小児内科 画像診断―はじめに何をどう読むか?P773-4, 東京医学社, 2015.

  • 6. 西 健太朗, 石倉 健司:13. むくみ 三次診療:改善しないとき, 繰り返すときの鑑別診断と治療. スキルアップ!小児の総合診療-セイイクノスキル-. 窪田 満(編), P109-11, 診断と治療社, 2018.

  • 7. 西 健太朗, 堀川 玲子, 石倉 健司:Denys-Drash症候群. 内分泌症候群(第3版) III. P302-5, 日本臨床社, 2019.

  • 8. 西 健太朗, 堀川 玲子, 石倉 健司:Denys-Drash症候群. 内分泌症候群(第3版) IV. P480-3, 日本臨床社, 2019.

  • 9. 西 健太朗, 亀井 宏一:IgA腎症. 月刊薬事 小児疾患の薬物治療ガイドライン総まとめ. 五十嵐 隆(編). P152-8, じほう, 2020

  • 10. 西 健太朗, 亀井 宏一:慢性糸球体腎炎. クリニカルガイド小児科 専門医の診断・治療. 水口 雅など(編). P774-9, 南山堂, 2021.

  • 11. 西 健太朗, 石倉 健司:小児腎泌尿器関連領域の診療ガイドラインの現況と展望. 症例で学ぶ!腎泌尿器診療ガイドラインの使い方. 『腎と透析』編集委員会(編). P24-8, 東京医学社, 2020.

  • 12. 西 健太朗, 亀井 宏一:小児IgA腎症. 症例で学ぶ!腎泌尿器診療ガイドラインの使い方. 『腎と透析』編集委員会(編). P178-82, 東京医学社, 2020.

  • 13. 西 健太朗, 石倉 健司:先天性腎尿路異常, 嚢胞性腎疾患. 発生学から考えてみよう!小児の先天疾患. P1089-96, 診断と治療社, 2021.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師