小川 浩平 先生のプロフィール

小川 浩平 先生

おがわ こうへい

小川 浩平 先生

国立成育医療研究センター 産科医員

専門分野

産婦人科一般 周産期医学(特に妊婦の栄養代謝、骨盤位外回転術、多胎妊娠、周産期疫学)

紹介

年間2000分娩を取り扱う独立行政法人国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター産科医員。一般診療のほか、専門分野である骨盤位や多胎妊娠の専門外来を担当しており、様々なハイリスク妊娠・分娩症例に対応している。また、正確なエビデンスに基づく情報提供ができるよう、疫学研究などにも精力的に取り組んでいる。

略歴

2003年 日本大学医学部卒業
2003年 日本大学医学部付属板橋病院 産婦人科(研修医)
2005年 山梨県立中央病院 産婦人科
2007年 都立広尾病院 産婦人科
2010年 国立成育医療センター フェロー
2011年 国立成育医療研究センター 医員

所属学会・資格・役職など

【資格】
日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
日本周産期・新生児医学会認定 周産期(母体・胎児)専門医
日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会認定 臨床遺伝専門医
日本超音波医学会認定 超音波専門医
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法普及事業インストラクター
ALSO (Advanced Life Support in Obstetrics)プロバイダー

【所属学会】
日本産科婦人科学会 
日本周産期・新生児学会
日本人類遺伝学会 
日本超音波医学会 
日本胎児治療学会 
日本糖尿病と妊娠学会
日本妊娠高血圧学会
日本産婦人科手術学会
日本疫学会

受賞・著書・論文など

【論文】
1: Hahimoto K, Ogawa K, Sago H, et al
Gross motor function and general development of babies born after assisted reproductive technology (ART). J Obstet Gynaecol Res. (in press)
2: Kanda E, Ogawa K, Sugibayashi R et al
Stomach herniation predicts fetal death or non-reassuring fetal status in gastroschisis
at late pregnancy. Prenat Diagn. 2013 Dec;33(13):1302-4.
3: Watanabe N, Suzuki T, Ogawa K, et al
Five-year study assessing the
feasibility and safety of autologous blood transfusion in pregnant Japanese
women. J Obstet Gynaecol Res. 2011 Dec;37(12):1773-7

小川 浩平先生 の所属する医療機関

国立成育医療研究センター病院

TEL: 03-3416-0181

国立成育医療研究センター病院

東京都世田谷区大蔵2丁目10-1

小田急小田原線「成城学園前駅」 南口 バスの利用も可能(所要時間約10分 小田急バス/東急バス 国立成育医療センター前下車 徒歩1分) 車5分

東急田園都市線「用賀駅」 成城学園前駅行 国立成育医療センター前下車 徒歩1分 バス15分

- - -

受付時間: 8:30~17:00 原則紹介・予約制 科により異なる 臨時休診あり 成育医療(小児・周産期)専門病院

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 麻酔科

小川 浩平 先生 の記事