新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

NTT東日本関東病院 ガンマナイフセンター長

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医・脳神経外科指導医

赤羽 敦也 あかばね あつや 先生

1991年より脳神経外科医師としてキャリアをはじめる。ガンマナイフ治療の豊富な経験をもち、現在NTT東日本関東病院にてガンマナイフセンター長として勤務。安全なガンマナイフ治療を行うために日々尽力している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経外科
  • 脳動脈奇形
  • 集学的治療
  • ガンマナイフ治療

資格・学会・役職

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医・脳神経外科指導医
  • NTT東日本関東病院 ガンマナイフセンター長
  • 一般社団法人日本ガンマナイフ学会 副理事長
  • 日本定位放射線治療学会 世話人
  • ガンマナイフ治療計画勉強会 世話人
  • 明日のガンマナイフを担う会 世話人
  • 第5回明日のガンマナイフを担う会 当番幹事
  • 第17回日本ガンマナイフ研究会 会長
  • 第18回一般社団法人日本ガンマナイフ学会学術総会 会長

所属病院

NTT東日本関東病院

  • 内科 循環器内科 呼吸器内科 血液内科 消化器内科 脳神経内科 糖尿病・内分泌内科 腫瘍内科 脳・血管内科 緩和ケア内科 ペインクリニック内科 外科 心療内科 精神科 脳神経外科 頭頸部外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 救急科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 病理診断科
  • 東京都品川区東五反田5丁目9-22
  • 都営浅草線「五反田駅」 徒歩5分 JR山手線「五反田駅」 東口より病院シャトルバスも運行あり 徒歩7分
  • 03-3448-6111
NTT東日本関東病院

医療記事

来歴等

略歴

1991年 東北大学医学部卒業
1996年 東北大学大学院博士課程修了
1997年 東北大学医学部附属病院
1998年 古川星陵病院
2002年 NTT東日本関東病院

論文

Nicotinamide inhibits IRF-1 mRNA induction and prevents IL-1 beta-induced nitric oxide synthase expression in pancreatic beta cells. Akabane A, Kato I, Takasawa S, Unno M, Yonekura H, Yoshimoto T, Okamoto H., Biochem Biophys Res Commun. 13; 215(2): 524-30, 1995
AVMに対する二期的ガンマナイフの可能性 : 再治療例の検討から. 赤羽 敦也, 高橋 康, 城倉 英史,他, 新潟医学会雑誌;113(11-12):554, 1999
脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療 :その的確な診断と治療(PS 2 定位放射線治療の的確な診断と治療. 城倉 英史, 赤羽 敦也, 吉田 康子, 他, 脳外誌; 11(2); 123, 2002
Rapid development of an intranidal aneurysm with perifocal brain edema in an unruptured cerebral arteriovenous malformation. Case report. Akabane A, Jokura H, Ogasawara K, Takahashi K, Sugai K, Ogawa A, Yoshimoto T. J Neurosurg.; 97(6):1436-40, 2002
Gamma knife radiosurgery for pituitary adenomas. Akabane A, Yamada S, Jokura H. Endocrine.;28(1):87-92, 2005
Stereotactic radiosurgery for patients with multiple brain metastases (JLGK0901): a multi-institutional prospective observational study. Yamamoto M, Serizawa T, Shuto T, Akabane A, et al. Lancet Oncol. 201; 15(4): 387-95, 2004
Differentiation of Brain Tumor Recurrence from Post-Radiotherapy Necrosis with 11C-Methionine PET: Visual Assessment versus Quantitative Assessment. Minamimoto R, Saginoya T, Kondo C, Tomura N, Ito K, Matsuo Y, Matsunaga S, Shuto T, Akabane A, Miyata Y, Sakai S, Kubota K, PLoS One: 10(7); e0132515, 2015
Stereotactic radiosurgery for intracranial hemangioblastomas: a retrospective international outcome study. Kano H, Shuto T, Iwai Y, Sheehan J, Yamamoto M, McBride HL, Sato M, Serizawa T, Yomo S, Moriki A, Kohda Y, Young B, Suzuki S, Kenai H, Duma C, Kikuchi Y, Mathieu D, Akabane A, Nagano O, Kondziolka D, Lunsford LD, J Neurosurg: 122(6); 1469-1478, 2015
未破裂脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療2ヶ月後に新たに出現し、鎮静下の降圧療法にて血栓化が得られた仮性脳動脈瘤の一例, 赤羽敦也、金沢 至, 定位的放射線治療; 20: 29-36, 2016
転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績-前向き多施設共同研究 (JLGK0901):治療ガイドラインは改訂されてきているか? 赤羽敦也、山本昌昭、芹澤 徹、周藤 高、樋口佳則、川岸 潤、山中一浩、佐藤泰憲、城倉英史、四方聖二, 定位的放射線治療; 20: 77-84, 2016
Gamma Knife radiosurgery for brain metastases from pulmonary large cell neuroendocrine carcinoma: a Japanese multi-institutional cooperative study (JLGK1401). Kawabe T, Yamamoto M, Sato Y, Yomo S, Kondoh T, Nagano O, Serizawa T, Tsugawa T, Okamoto H, Akabane A, Aita K, Sato M, Jokura H, Kawagishi J, Shuto T, Kawai H, Moriki A, Kenai H, Iwai Y, Gondo M, Hasegawa T, Yasuda S, Kikuchi Y, Nagatomo Y, Watanabe S, Hashimoto N. J Neurosurg: 125(Suppl 1); 11-17, 2016
Optimal implantation of Ommaya reservoirs for cystic metastatic brain tumors preceding Gamma Knife radiosurgery. Oshima A, Kimura T, Akabane A, Kawai K, J Clin Neurosci:39(5); 199-202, 2017
Induration at Injection or Infusion Site May Reduce Bioavailability of Parenteral Phenobarbital Administration. Nakayama H, Echizen H, Ogawa R, Akabane A, Kato T, Orii T, Ther Drug Monit: 39(3); 197-302, 2017
A Multi-institutional Prospective Observational Study of Stereotactic Radiosurgery for Patients With Multiple Brain Metastases (JLGK0901 Study Update): Irradiation-related Complications and Long-term Maintenance of Mini-Mental State Examination Scores. Yamamoto M, Serizawa T, Higuchi Y, Sato Y, Kawagishi J, Yamanaka K, Shuto T, Akabane A, Jokura H, Yomo S, Nagano O, Aoyama H, Int J Radiat Oncol Biol Phys: 99(1); 31-40, 2017
ガンマナイフ. 赤羽 敦也, Modern Physician: 37(10); 1080-1083, 2017

著書

頭頚部がん 脳腫瘍, 鈴木正寛、赤羽敦也(井関雅子編集), 病態・疾患別がん性疼痛の治療 (文光堂刊), 112-117, 2013
転移性脳腫瘍、三叉神経痛に対するガンマナイフ治療, 赤羽 敦也(森田明夫 編), 脳神経外科ナーシング Q&A(第2版)(総合医学社刊), 131-134, 182-188, 2014
ガンマナイフ治療 赤羽敦也(森田明夫 編), 新NS NOW No.12 「Minimally Invasive Neurosurgery: Up date」(メディカルビュー社), 126-135, 2017

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師