クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Brain
転移性脳腫瘍
転移性脳腫瘍とは、体の他の部分に発生した腫瘍(がん)が脳に転移したものです。 脳内にできるものが一般的ですが、脳を包む硬膜(こうまく)や、髄液腔に発生することもあります。多発性となることも...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
脳

転移性脳腫瘍(てんいせいのうしゅよう)

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

転移性脳腫瘍とは

転移性脳腫瘍とは、体の他の部分に発生した腫瘍(がん)が脳に転移したものです。

脳内にできるものが一般的ですが、脳を包む硬膜(こうまく)や、髄液腔に発生することもあります。多発性となることも少なくありません。がんの治療成績が向上し、がん患者の平均寿命の伸びと共に多く発見されるようになっています。転移性脳腫瘍は脳腫瘍全体の約20%近くを占めるといわれています。転移性脳腫瘍が大きくなると、腫瘍そのものが脳の組織を圧迫するほか、周囲の脳組織に強い脳浮腫をきたしてさまざまな症状を引き起こします。

原因

転移性脳腫瘍は、頭蓋外に発生した原発がん(最初に発生したがん)が血行性、あるいは直接浸潤(しんじゅん)により頭蓋内に転移することで発生します。肺がん、乳がん、消化器がんからの転移が多くみられますが、どこのがんでも脳転移する可能性はあります。なかでも肺がんは脳に転移しやすく、転移性脳腫瘍の約半数が肺がんに起因するといわれています。

原発がんに何も症状がなく、頭痛や麻痺などの症状が出現したことで脳転移が発見されることもあります。なかには、がんの脳転移であるとわかっても、原発がんがどこなのかわからないこともまれにあります(原発不明がん)。

症状

転移性脳腫瘍の症状は大きく2つに分類されます。

(1) 転移した部位の脳局所症状:四肢の麻痺・言語障害・けいれん・めまい・精神症状など

(2) 頭蓋内圧亢進症状:頭痛・嘔吐・視力障害・意識障害など

転移性脳腫瘍は周囲の脳組織に強い脳浮腫をきたし、多発性のこともあるため、症状の進行が早いのが特徴です。

検査

転移性脳腫瘍は頭部CTやMRIで細かく断層撮影を行うことで診断します。造影剤を用いた頭部MRI検査によって小さな病変も検出できます。腫瘍の周囲には広く浮腫(ふしゅ)を伴っており、造影剤でリング状に造影されることが特徴です。転移性脳腫瘍ではもともとの原発がんの評価や、他に転移していないか調べることも重要です。そのために全身のCT、核医学検査、血中腫瘍マーカー、内視鏡検査などが行われます。

治療

治療の目的は第一に神経症状を改善させ、一時的にせよ生活の質(Quality of life:QOL)を向上させることです。次に脳腫瘍のために亡くなる「神経死」を避けることです。治療を行うにあたって転移性脳腫瘍の大きさ、病変の数や部位の評価のほか、原発がんがどういう状態なのかをよく検討する必要があります。一般的に、生命予後が3か月未満と見込まれる場合は積極的な治療の適応とならないことが多く、苦痛を緩和する治療を行うことになります。生命予後が6か月以上と考えられる場合には、生活の質(QOL)を向上させるよう治療戦略を立てます。転移性脳腫瘍では外科手術、放射線治療あるいはこれらの組み合わせで治療が行われます。抗がん剤などの化学療法に関しては、一般的には用いられません。

全身状態がよく、単発性あるいは2~3個の大きい病変で、手術により重篤な後遺症を残さない部位にあり、原発巣が十分にコントロールされている場合には、外科手術で切除することがあります。

放射線治療は大きく2つに分けられ、全脳照射と定位放射線照射があります。近年では定位放射線照射が選択されることが多くなっています。定位放射線照射はガンマナイフ、リニアックナイフ、サイバーナイフ、ノバリスなどさまざまな装置で行われます。脳転移が単発あるいは3~4個までで、大きさが3cm以下の転移性脳腫瘍が定位放射線照射の適応とされています。しかし現在(2017年現在)ではそれ以上の病変にも定位放射線照射が試みられています。

転移性脳腫瘍の記事を読む

もっとみる

転移性脳腫瘍の記事にご協力いただいている医師