新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

横浜市立大学附属市民総合医療センター 消化器病センター 診療教授

日本内科学会 内科指導医 日本消化器病学会 消化器病指導医 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医 日本超音波医学会 超音波指導医 日本医師会 認定産業医

沼田 和司 ぬまた かずし 先生

信州大学医学部を卒業後、国立がんセンター中央病院、旧都立老人医療センター、横須賀共済病院などを経て、2003年からは横浜市立大学附属市民総合医療センターに勤務。2018年より同院消化器病センター診療教授を務める。特に肝胆膵疾患に対する超音波検査・診断を得意としており、超音波とEOB-MRIを駆使した早期肝細胞癌の診断を手掛ける。近年では、肝臓がんに対する薬物治療にも積極的に取り組んでいる。

沼田先生のストーリー記事

患者さんが1年でも長い人生を送るために
患者さんが1年でも長い人生を送るために

超音波を駆使し肝臓がんの早期診断・治療を追究し続ける沼田和司先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器内科
  • 沼田先生の肝がんに関する得意な領域
    • 外科切除(手術)
    • ラジオ波焼灼術(RFA)
    • 定位放射線治療
    • 肝動脈化学塞栓療法(TACE)
    • 化学療法―分子標的治療薬
  • 肝胆膵疾患の超音波診断

資格・学会・役職

日本内科学会 内科指導医
日本消化器病学会 消化器病指導医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本超音波医学会 超音波指導医
日本医師会 認定産業医
  • 横浜市立大学附属市民総合医療センター 消化器病センター 診療教授
  • 医学博士 取得
  • 日本超音波医学会雑誌 和文誌・英文誌 副編集長

所属病院

横浜市立大学附属市民総合医療センター

  • 内科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 ペインクリニック内科 放射線診断科 放射線治療科 児童精神科 病理診断科
  • 神奈川県横浜市南区浦舟町4丁目57
  • ブルーライン「阪東橋駅」 徒歩5分 京急本線「黄金町駅」 徒歩10分
  • 045-261-5656
横浜市立大学附属市民総合医療センター

医療記事

来歴等

略歴

1985年 信州大学医学部卒業 横浜市立大学医学部附属病院研修医 
1987年 横浜市立大学医学部附属病院 第3内科入局
1988年 国立がんセンター中央病院
1989年 都立老人医療センター
1990年 横浜市立大学医学部附属病院 第三内科特別職診療医
1992年 横浜市立大学医学部附属病院 第三内科助手 
     学位取得 Am J Roentgenol 160:515-521,1993.
1993年 横須賀共済病院 内科医長
1995年 横浜市立大学医学部附属病院 第三内科助手
1998年 横浜市立大学医学部附属病院 臨床検査部助教
2003年 横浜市立大学附属市民総合医療センター 消化器病センター助手
2006年 横浜市立大学附属市民総合医療センター 消化器病センター准教授
2018年 横浜市立大学附属市民総合医療センター 消化器病センター診療教授

論文

Numata K, Tanaka K, Kiba T, Saito S, Ikeda M, Hara K, Tanaka N, Morimoto M, Iwase S, Sekihara H. Contrast-enhanced, wide-band harmonic gray-scale imaging of hepatocellular carcinoma: correlation with helical computed tomographic findings. J Ultrasound Med 20:89-98, 2001

Isozaki T, Numata K, Kiba T, Hara K, Morimoto M, Sakaguchi T, Sekihara H, Kubota T, Shimada H, Morizane T, Tanaka K. Differential diagnosis of hepatic tumors by using contrast enhancement patterns at US. Radiology 229: 798-805, 2003

Numata K, Morimoto M, Ogura T, Sugimori K, Takebayashi S, Okada M, Tanaka K. Ablation therapy guided by contrast-enhanced sonography with Sonazoid for hepatocellular carcinoma lesions not detected by conventional sonography. J Ultrasound Med 27:381–392, 2008

Luo W, Numata K, Morimoto M, Kondo M, Takebayashi S, Okada M, Morita S, Tanaka K. Focal liver tumors: characterization with 3D perflubutane microbubble contrast agent-enhanced US versus 3D contrast-enhanced multidetector CT. Radiology 2009; 251:287-295.

Kunishi Y, Numata K, Morimoto M, Kondo M, Okada M, Maeda S, Kaneko T, Tanaka K.
Efficacy of fusion imaging combining sonography and hepatobiliary phase MRI with Gd-EOB-DTPA to detect small hepatocellular carcinoma. AJR Am J Roentgenol 2012;198: 106-114

Numata K, Fukuda H, Morimoto M, Kondo M, Nozaki A, Oshima T, Okada M, Takebayashi S, Maeda S, Tanaka K. Use of fusion imaging combining contrast-enhanced ultrasonography with a perflubutane-based contrast agent and contrast-enhanced computed tomography for the evaluation of percutaneous radiofrequency ablation of hypervascular hepatocellular carcinoma. Eur J Radiol 2012; 81: 2746– 2753

Fukuda H, Numata K, Moriya S, Shimoyama Y, Ishii T, Nozaki A, Kondo M, Morimoto M, Maeda S, Sakamaki K, Morita S, Tanaka K. Hepatocellular Carcinoma: Concomitant Sorafenib Promotes Necrosis after Radiofrequency Ablation-Propensity Score Matching Analysis. Radiology. 2014 Aug;272(2):598-604

Numata K, Fukuda H, Miwa H, Ishii T, Moriya S, Kondo M, Nozaki A, Morimoto M, Okada M, Takebayashi S, Maeda S, Nozawa A, Nakano M, Tanaka K. Contrast-enhanced ultrasonography findings using a perflubutane-based contrast agent in patients with early hepatocellular carcinoma. Eur J Radiol. 2014 Jan;83(1):95-102.

Duisyenbi Z, Numata K, Nihonmatsu H, Fukuda H, Chuma M, Kondo M, Nozaki A, Tanaka K, Maeda S. Comparison Between Low Mechanical Index and High Mechanical Index Contrast Modes of Contrast-Enhanced Ultrasonography: Evaluation of Perfusion Defects of Hypervascular Hepatocellular Carcinomas During the Post-Vascular Phase. J Ultrasound Med. 2019 Sep;38(9):2329-2338 

Hara K, Takeda A, Tsurugai Y, Saigusa Y, Sanuki N, Eriguchi T, Maeda S, Tanaka K, Numata K. Radiotherapy for Hepatocellular Carcinoma Results in Comparable Survival to Radiofrequency Ablation: a Propensity Score Analysis.Hepatology. Hepatology. 2019 Jun;69(6):2533-2545

Yau T, Hsu C, Kim TY, Choo SP, Kang YK, Hou MM, Numata K, Yeo W, Chopra A, Ikeda M, Kuromatsu R, Moriguchi M, Chao Y, Zhao H, Anderson J, Dela Cruz C, Kudo M. Nivolumab in Advanced Hepatocellular Carcinoma: Sorafenib-Experienced Asian Cohort Analysis. J Hepatol. 2019 Jun 6. pii: S0168-8278(19)30300-9

著書

1. 沼田和司、田中克明 肝細胞癌に対する造影エコーガイド下経皮的治療 消化器疾患の造影エコーUp Date、松井修、工藤正俊編集、p131-135 南江堂,東京. 2003
2. 沼田和司: 見逃し、誤りを防ぐ 肝・胆・膵癌画像診断アトラス 編集 工藤正俊、山雄健次 肝癌の画像所見と鑑別診断 8) 限局性結節性過形成(FNH) P131-139 羊土社, 2010
3. 沼田和司:肝癌治療実践のKnack & Pitfalls (2) RFAのpractice 4 治療困難例 b) 造影超音波の活用 診療ガイドラインに沿った肝癌治療の要点と盲点 編集 高山忠利、泉並木 p299-302文光堂 2013
4. 沼田和司、田中克明:第4章 Sonazoid造影超音波による肝癌の診断 4. EOB-MRIと造影超音波の融合画像による診断. EOB-MRI /Sonazoid造影超音波による肝癌の診断と治療. 工藤正俊 國分茂博 編, page 323-329, 医学書院, 2013
沼田和司、田中克明:第8章 Sonazoid造影超音波の治療への応用 TACE. EOB-MRI /Sonazoid造影超音波による肝癌の診断と治療. 工藤正俊 國分茂博 編, page 267-273 医学書院, 2013
5. 沼田和司,石井寛裕,米澤広美:一歩進んだ腹部エコーの使い方 エコーが役立つとき・役立たないとき 辻本文雄 中島康雄 編.文光堂,1 黄疸 page 136-page 142,2016.

その他

  • 【受賞】2002年 日本超音波医学会 第三回奨励賞受賞

  • 【受賞】Kyoto. 2006. 8th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging poster session. Numata K. Differential diagnosis using contrast-enhanced sonography. Gold prize.

  • 【受賞】Chicago. 2008. 94rd Radiological Society of North America (RSNA). Okada M, Kumano S, Numata K, Hatanaka K, Kudo M, Murakami T. How to use liver-specific contrast agents on MRI and Sonography: Enhancement patterns of Kupffer, sinusoid, and hepatocyte using superparamagnetic iron oxide, Gd-EOB-DTPA, galactose-palmitic acid, and NC100100. Certificate of Merit Award.

  • 【受賞】Okada M, Numata K, Hyodo T, Kagawa Y, Kudo M, Murakami T. Hepatocellular Carcinoma: Pictorial Review for the Planning of Therapy and the Evaluation after Therapy. Certificate of Merit RSNA Chicago, 2011.

  • 【受賞】Numata K, Fukuda H, Nihonmatsu H, et al. Use of vessel patterns on contrast-enhanced ultrasonography using a perflubutane-based contrast agent for the differential diagnosis of regenerative nodules from early hepatocellular carcinoma or high-grade dysplastic nodules in patients with chronic liver disease. Abdom Imaging 2015 Oct;40(7):2372-83 Abdominal imaging. Article of the year 2015.

  • 【受賞】Sugimori K, Numata K, Okada M, et al. Central vascular structures as a characteristic finding of regenerative nodules using hepatobiliary phase gadolinium ethoxybenzyl diethylenetriaminepentaacetic acid-enhanced MRI and arterial dominant phase contrast-enhanced US. J Med Ultrason. Jan;44(1):89-100, 2017. Journal of Medical Ultrasonics. Article of the year 2017.

  • 【受賞】Nishigori S, Numata K, Irie K, et al. Fusion imaging with contrast-enhanced ultrasonography for evaluating the early therapeutic efficacy of radiofrequency ablation for small hypervascular hepatocellular carcinomas with iso-echoic or unclear margins on conventional ultrasonography. J Med Ultrason. 2018 Jul;45(3):405-415. Journal of Medical Ultrasonics. Article of the year 2018.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師