横浜市立大学附属市民総合医療センター 准教授・整形外科部長

日本整形外科学会 整形外科専門医 日本骨粗鬆症学会 認定医 日本股関節学会 股関節鏡技術認定取得医

小林 直実 こばやし なおみ 先生

股関節外科を専門とし、人工関節置換術のほか股関節鏡視下手術を得意とする。研究面では人工関節周囲感染の診断的研究に長く携わり、そのほか、股関節疾患の画像診断や骨粗しょう症に関連する研究を行ってきた。近年では特に股関節唇損傷や大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI)に関連する研究に取り組んでいる。

小林先生のストーリー記事

臨床研究の結果を患者さんに還元することが私の使命
臨床研究の結果を患者さんに還元することが私の使命

手術手技を極めるとともに、新しい知見を発信し続ける小林直実先生のストーリー

基本情報

診療科

  • 整形外科

主な領域

  • 骨関節感染症
  • 股関節唇損傷に対する股関節鏡視下手術
  • 股関節痛に対する股関節鏡視下手術
  • 股関節痛

資格・所属学会

日本整形外科学会 整形外科専門医
日本骨粗鬆症学会 認定医
日本股関節学会 股関節鏡技術認定取得医

役職など

  • 横浜市立大学附属市民総合医療センター 准教授・整形外科部長
  • 日本整形外科学会 代議員
  • 日本股関節学会 評議員
  • 日本人工関節学会 社会保険委員
  • 日本骨・関節感染症学会 評議員
  • 日本小児整形外科学会 評議員
  • 日本骨粗鬆症学会 会員
  • 日本股関節鏡研究会 世話人
  • 医学博士 取得

所属病院

横浜市立大学附属市民総合医療センター

  • 内科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 神奈川県横浜市南区浦舟町4丁目57
  • ブルーライン「阪東橋駅」 徒歩5分 京急本線「黄金町駅」 徒歩10分
  • 045-261-5656
横浜市立大学附属市民総合医療センター

医療記事

来歴等

略歴

1997年 山形大学医学部卒業
1997年 藤沢市民病院初期研修医
1999年 横浜市立大学医学研究科博士課程大学院入学
2003年 米国クリーブランドクリニック リサーチフェロー
2006年 横浜市立大学医学部附属病院 整形外科 常勤特別職
2010年 横浜市立大学 附属病院 講師
2019年 横浜市立大学 准教授
     横浜市立大学附属市民総合医療センター 整形外科部長

論文

1. Higashihira S, Kobayashi N, Oishi T et al. : Comparison between 3D Multiple-Echo Recombined Gradient Echo MRI and Arthroscopic Findings for the Evaluation of Acetabular Labrum Tear. Arthroscopy, 2019 in press
2. Oba M, Kobayashi N, Inaba Y et al.: Mechanical Strength of the Proximal Femur After Arthroscopic Osteochondroplasty for Femoroacetabular Impingement: Finite Element Analysis and 3-Dimensional Image Analysis. Arthroscopy 34(8):2377-2386, 2018.
3. Kobayashi N, Inaba Y, Kubota S, et al.: Computer-assisted hip arthroscopic surgery for femoroacetabular impingement. Arthrosc Tech 7(4):e397-e403, 2018.
4. Tezuka T, Inaba Y, Kobayashi N, et al. : The influence of patient factors on femoral rotation after total hip arthroplasty. BMC Musculoskelet Disord 19(1):189, 2018
5. Oishi T, Kobayashi N, Inaba Y, et al.: The Relationship Between the Location of Uptake on Positron Emission Tomography/Computed Tomography and the Impingement Point by Computer Simulation in Femoroacetabular Impingement Syndrome With Cam Morphology. Arthroscopy 34(4):1253-1261, 2018.
6. Kobayashi N, Inaba Y, Kubota S, et al.: Computer-assisted hip arthroscopic surgery for femoroacetabular impingement. Arthrosc Tech 7(4):e397-e403, 2018.
7. Kubota S, Inaba Y, Kobayashi N, et al.: Comparison of improved range of motion between cam-type femoroacetabular impingement and borderline developmental dysplasia of the hip -evaluation by virtual osteochondroplasty using computer simulation. BMC Musculoskelet Disord 18(1):417, 2017.
8. Tomioka M, Inaba Y, Kobayashi N, et al.: Ten-year survival rate after rotational acetabular osteotomy in adulthood hip dysplasia. BMC Musculoskelet Disord 18(1):191, 2017.
9. Kawamura M, Kobayashi N, Inaba Y, et al.: A new multiplex real-time polymerase chain reaction assay for the diagnosis of periprosthetic joint infection. Mod Rheumatol 27(6):1072-1078, 2017
10. Kobayashi N, Inaba Y, Kubota S, et al.: The Distribution of Impingement Region in Cam-Type Femoroacetabular Impingement and Borderline Dysplasia of the Hip With or Without Cam Deformity: A Computer Simulation Study. Arthroscopy 33(2):329-334, 2017.

その他

  • 【受賞】 2015年 第88回日本整形外科学会学術総会 優秀演題賞 人工股関節置換術後におけるインプラント周囲および腰椎骨密度低下に対するテリパラチドおよびアレンドロネート投与による予防効果の比較 

  • 【受賞】2013年 第24回(H25年度)日本股関節学会 大正富山アワード 優秀賞 18F-fluoride PETを用いた変形性股関節症の早期診断と病期進行予測

  • 【受賞】2011年 第2回MRSAフォーラム 優秀演題賞 整形外科感染におけるリアルタイムPCRによるデルタCt値を用いた定量評価の有用性

  • 【受賞】2010年 横浜医学振興財団 医学研究奨励賞 人工関節周囲感染におけるリアルタイムPCR法を用いた術中迅速起炎菌同定とその定量的評価の有用性の検討

  • 【受賞】2009年 第32回日本骨関節感染症学会 大正富山アワード 学会奨励賞  感染性人工関節に対する再置換術における術中迅速リアルタイムPCR法による起炎菌同定

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師