横浜市立大学附属市民総合医療センター 脳神経外科 部長

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医 日本脳卒中学会 脳卒中指導医 日本脳卒中の外科学会 技術指導医

坂田 勝巳 さかた かつみ 先生

髄膜腫や神経鞘腫などの良性脳腫瘍や頭蓋底腫瘍を専門としている。以前より静脈温存手術に取り組み、QOLを重視し、機能温存を優先した脳神経外科手術に積極的に取り組んでいる。

坂田先生のストーリー記事

病気という“心配の種”を取り除き、人生に光を与えられる存在でありたい
病気という“心配の種”を取り除き、人生に光を与えられる存在でありたい

脳神経外科医として、患者さんのQOLとADL改善を追求し続ける坂田勝巳先生のストーリー

基本情報

診療科

  • 脳神経外科

主な領域

  • 坂田先生の脳腫瘍に関する得意な領域
    • 開頭腫瘍摘出術
  • 坂田先生の顔面けいれんに関する得意な領域
    • 神経血管減圧術
  • 坂田先生の三叉神経痛に関する得意な領域
    • 神経血管減圧術
  • 良性脳腫瘍
  • 頭蓋底腫瘍
  • 脳血管障害

資格・所属学会

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本脳卒中学会 脳卒中指導医
日本脳卒中の外科学会 技術指導医

役職など

  • 横浜市立大学附属市民総合医療センター 脳神経外科 部長
  • 日本脳神経外科学会 会員
  • Neurologia medico-chirurgica(学会誌) Reviewer
  • 日本脳神経外科コングレス 会員
  • 日本脳卒中の外科学会 会員
  • 日本脳卒中学会 会員
  • 脳神経外科手術と機器学会 会員
  • 日本脳腫瘍の外科学会 会員
  • 日本臨床スポーツ医学会 会員
  • 日本微小脳神経外科解剖研究会 監事
  • 日本頭蓋底外科学会 評議員
  • 神奈川脳神経外科手術手技研究会 幹事
  • 日本脳神経外科国際学会フォーラム 世話人
  • 関東脳神経外科懇話会 世話人
  • 手技にこだわる脳神経外科手術ビデオカンファレンス 世話人
  • Congress of Neurological Surgeons International membership
  • 医師免許 保有
  • 医学博士 取得
  • 日本体育協会公認 スポーツドクター
  • 第21回微小脳神経外科解剖セミナー(仙台:平成19年5月) 学会会長
  • 第28回日本脳神経外科国際学会フォーラム(横浜:平成25年7月) 学会会長
  • 神奈川県国民健康保険診療報酬審査委員会 委員
  • 全日本剣道連盟医・科学委員 小委員会委員

所属病院

横浜市立大学附属市民総合医療センター

  • 内科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 神奈川県横浜市南区浦舟町4丁目57
  • ブルーライン「阪東橋駅」 徒歩5分 京急本線「黄金町駅」 徒歩10分
  • 045-261-5656
横浜市立大学附属市民総合医療センター

医療記事

来歴等

略歴

1987年 三重大学医学部 卒業
1987年 横浜市立大学医学部附属病院 臨床研修医
1989年 横浜市立大学医学部附属病院 脳神経外科 所属
1990年 茅ヶ崎徳洲会総合病院 脳神経外科 所属
1992年 横浜市立市民病院 脳神経外科 所属
1994年 横浜市立大学救命救急センター 助手
1995年 横浜市立大学 脳神経外科 助手
1996年 米国アーカンソー州立大学脳神経外科 文部省在外研究員として研究出張
2002年 横浜市立大学 脳神経外科 講師
2005年 横浜市立大学 脳神経外科 准教授
2007年 横浜市立大学附属市民総合医療センター 脳神経外科部長

論文

  • 脳動静脈奇形のradiosurgeryにおける超高速CTの有用性;動注dynamic CTによるnidusの空間的評価.脳神経外科ジャーナル 3: 114ー121, 1994

    坂田勝巳、石渡祐介、細田浩道、日高 聖、山滝 昭

  • Effects of bilateral jugular vein ligation on local cerebral blood flow. Skull Base Surgery 9:207-210, 1999

    Sakata K, Endo Y, Kimura F, Yamamoto I

  • Venous consideration in petrosal approach: Microsurgical anatomy of the temporal bridging vein. Neurosurgery 47: 153-161,2000

    Sakata K, Al-Mefty O, Yamamoto I

  • テント髄膜腫の手術.脳神経外科 28: 1047-1056,2000

    坂田勝巳、山本勇夫

  • 側頭葉架橋静脈(手術に必要な外科解剖).脳神経外科速報13 (9) 928-929, 2003

    坂田勝巳、山本勇夫

  • モンロー孔近傍の脳神経外科解剖(手術に必要な外科解剖).脳神経外科速報13 (11) 1144-1146, 2003

    坂田勝巳、山本勇夫

  • 静脈温存に基づく非侵襲的Pterional approach:静脈解剖と手術手技.Video Journal of Japan Neurosurgery 13(2), 2005

    坂田勝巳、菅野 洋、山本勇夫

  • 頭蓋底脊索腫の治療戦略.Clinical Neuroscience 24(12) 1367-1369, 2006

    坂田勝巳、山本勇夫

  • 脳静脈還流障害を回避する手術戦略.脳卒中の外科 38: 12-17, 2010

    坂田勝巳、川崎 隆、間中 浩、加藤依子、山田幸子

著書

  • Sakata K., Yamamoto I., Sekino T: Preoperative angiographic examination of the sylvian drainage system: The rationale of intentional division of the bridging vein running off the temporal tip, in Hakuba A (ed): Surgery of the Intracranial Venous System. Tokyo, Springer-Verlag, 1996,pp.163 – 168

  • 坂田勝巳:側頭葉の静脈系.脳動脈瘤の手術.三宅悦夫編.金芳堂,1999,pp114-122

  • 坂田勝巳、山本勇夫、Ossama Al-Mefty:Petrosal approachのための静脈解剖.佐伯直勝(編);顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XII.東京,サイメッド・パブリケーションズ,2000,pp 144-150

  • 坂田勝巳、山本勇夫:頭蓋底手術のための静脈解剖.大畑建治(編);顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XIII.,東京,サイメッド・パブリケーションズ,2001, pp 87-96

  • 坂田勝巳,山本勇夫:小脳テント近傍の静脈解剖.岡 一成(編);顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XIV.pp 51-58,東京,サイメッド・パブリケーションズ,2002

  • 坂田勝巳、山本勇夫:テント体部髄膜腫.河瀬 斌(編);脳神経外科Advanced Practice 7.pp128-135,東京,メジカルビュー社,2002

  • 坂田勝巳,山本勇夫:Mastoidecotmyに必要な解剖と手術手技.水野順一(編);顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XVI.pp 137-142,東京,サイメッド・パブリケーションズ,2004

  • 坂田勝巳、山本勇夫:止血法、剥離術.第3章基本手術手技、児玉南海雄、河瀬 斌、吉田 純、橋本信夫(編);基本手術手技 解剖/麻酔、脳神経外科学体系 3.pp266-271,東京,中山書店,2005

  • 坂田勝巳、田邊 豊、菅野 洋、山本勇夫:手術支援機器に基づく脳腫瘍手術.山下純宏(編);脳腫瘍の外科〜Biological behaviorにのっとった新しい治療戦略〜.pp321-325、大阪、メディカ出版、2005

  • 坂田勝巳、山本勇夫:頚静脈孔の手術解剖.井上 亨(編);顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XIX, pp140-146, 東京,サイメッド・パブリケーションズ,2007

  • 坂田勝巳、村田英俊、田邊 豊、菅野 洋、山本勇夫、泉 敏治:脳腫瘍手術における新世代3DCTAを用いた術前シミュレーション.黒岩敏彦(編);脳腫瘍の外科〜合併症のない脳腫瘍の外科を目指して〜.pp321-325、大阪、メディカ出版、2007

  • 顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖 XX 坂田勝巳(編)、東京、サイメッドパブリケーションズ、2008

  • 坂田勝巳:頭蓋底部静脈解剖;静脈と膜構造.大畑建治(編);NS NOW7 低侵襲時代の頭蓋底手術.pp2-11、東京、メディカルビュー社、2009

  • Sakata K., Yamamoto I. : Middle fossa meningioma. in Pamir MN, Black PM, Fahlbusch R (eds): Meningiomas: A comprehensive text, Philadelphia, Saunders Elsevier, 2010,pp.469– 476

  • 坂田勝巳:後頭蓋窩頭蓋底の解剖総論.斉藤延人(編);ビジュアル脳神経外科7 頭蓋底2後頭蓋窩・斜台錐体部.東京、メジカルビュー社、2012、pp2-15

  • 坂田勝巳:外側後頭下開頭.;頭蓋顎顔面の骨固定:基本とバリエーション.東京、克誠堂出版、2013、pp77-82

  • 坂田勝巳:側頭骨陥凹を避けるための工夫.;頭蓋顎顔面の骨固定:基本とバリエーション.東京、克誠堂出版、2013、pp213

  • 坂田勝巳:脳静脈系の解剖と合併症回避.岡 秀宏(編);第30回日本微小脳神経外科解剖研究会講演集.pp 28-31,相模原,第30回日本微小脳神経外科解剖研究会,2017

  • 坂田勝巳、末永 潤、田中貴大、川原信隆:Transcondylar approach、手術.;カダバーと動画で学ぶ頭蓋底アプローチ.東京、中外医学社、2017、pp222-228

  • 坂田勝巳、田中貴大、末永 潤、川原信隆:Transcondylar approach、カダバー.;カダバーと動画で学ぶ頭蓋底アプローチ.東京、中外医学社、2017、pp229-236

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師