【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 d561e36b f4f8 4248 a759 33a22b69e909
大腸がんに伴う腹膜播種―症状や治療法は?
腹膜播種とは、がん細胞が腹膜に散らばるように転移した状態を指します。胃がんの再発時に多くみられる病態ですが、大腸がんに伴って発症することもあります。大腸がんで腹膜播種も起こしている場合、治療は主...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

大腸がんに伴う腹膜播種―症状や治療法は?

公開日 2018 年 08 月 08 日 | 更新日 2018 年 09 月 18 日

大腸がんに伴う腹膜播種―症状や治療法は?
西口 幸雄 先生

大阪市立十三市民病院 副院長

西口 幸雄 先生

目次

腹膜播種とは、がん細胞が腹膜に散らばるように転移した状態を指します。胃がんの再発時に多くみられる病態ですが、大腸がんに伴って発症することもあります。大腸がんで腹膜播種も起こしている場合、治療は主に化学療法を行います。

今回は、大腸がんにおける腹膜播種について、大阪市立十三市民病院副院長の西口幸雄先生にお話を伺いました。

大腸がんにおける腹膜播種とは?

腹膜
 

腹膜播種は、大腸がんの広がり方のひとつです。がん細胞が大腸の壁から飛び出し、腸管をおおっている腹膜に散らばるように転移した状態を指します。予後に影響する病態で、ステージⅣに分類されます。大腸がんの治療後に、再発で腹膜播種が起こることもあります。

腹膜播種が進行すると、お腹に痛みや張りが生じることがあります。

腹膜播種の症状―症状が出ないこともある

腹膜播種になると以下の症状をきたすことがあります。

  • 腹痛
  • 腹水によるお腹の張り
  • 嘔吐 など

腹膜播種は、進行するとがん性腹膜炎を起こし、腹部の痛みや張り、嘔吐などの症状が出ます。お腹の張りは、腹腔内にある体液が正常範囲を超えて溜まってしまう腹水という状態が原因となって起こります。

症状には個人差があり、患者さんによっては腹膜播種になっていても症状が出ないということがあります。

腹膜播種を伴う大腸がんの治療

基本的に化学療法が行われる

腹膜播種を伴う大腸がんの場合、手術で全てを切除することは難しいため、化学療法が基本です。化学療法で一定の期間治療をして、手術で切除可能な状態になった場合は手術をすることがあります。

また、大腸がんの手術と同時に、限局している腹膜播種を可能な範囲で切除することで予後が改善した例が報告されています。そのため、大腸がんの手術と同時に腹膜播種も切除できる場合は、患者さんの体に過度な負担がかからない程度で腹膜播種も切除します。

腹膜播種は完治する?   

西口先生

一般的に腹膜播種の予後はよくないと考えられています。しかし、治療をして実際に腹膜播種が治った方もおり、完治する可能性はあります。希望を持って治療に臨んでほしいと思います。

大阪市立大学医学部を卒業後、大阪市立総合医療センターなどを経て、2018年4月より大阪市立十三市民病院の副院長を務める。
大腸がんなどの手術を専門とし、自身も大腸がんを経験。常に患者さんとそのご家族の目線に立って治療法を提案している。
また栄養療法に積極的に取り組み、術後の合併症を減らすために栄養の観点からも手厚くサポートしている。

「大腸がん」についての相談が19件あります

関連記事