疾患啓発(スポンサード)

ホテルのように居心地のよい空間でリハビリを−デザインに込められた思い

ホテルのように居心地のよい空間でリハビリを−デザインに込められた思い
橋本 康子 先生

医療法人社団和風会 理事長

橋本 康子 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

リハビリテーションリゾート」をコンセプトにデザインされた千里リハビリテーション病院は、ホテルのように居心地のよい空間と、自然に患者さんが刺激を受けられる構造的な工夫が特徴です。2009年には『医療福祉建築賞』を受賞しました。医療法人社団和風会 理事長の橋本康子先生に、そのコンセプトに込められた思いを伺います。

「リハビリテーションリゾート」というコンセプトに込めた思い

患者さんが前向きにリハビリできるような居心地のよい空間にしたい

リハビリテーションに特化した病院をつくるとき、せっかくなら「ホテルのように居心地のよい空間にしよう」と思いました。なぜなら、リハビリは数か月あるいは半年という単位の長い時間をかけて行うものであり、また、何よりも、患者さんが前向きにリハビリできる環境が必要だと感じていたからです。

仕事などをバリバリとこなして社会や家庭に貢献し続けてきた方が、急に人の助けが必要な状態になると、自己評価が急激に下がり、「家族のお荷物になりたくない」「もう自分は世の中の役に立たない人間だ」と口にされることさえあります。このことから分かるように、病気やけがによってリハビリが必要になった患者さんは、気持ちが大きく落ち込んでいることが多いのです。

千里リハビリテーション病院、リハビリテーション棟
千里リハビリテーション病院、リハビリテーション棟

患者さんのつらさは自身の想像を超えていた

患者さんがどれほどつらいのか、それを痛感した出来事があります。

橋本病院(同法人が運営する香川県の病院)に在籍していた頃、外来で通われていた80歳代の患者さんが脳梗塞を起こし、右半身に片麻痺が残ってしまいました。

リハビリを頑張り、足で車椅子をこげるまでになったので、私は「ここまで回復しましたよ。すごいですね」と声をかけましたが、「まあでも先生、おれは終わりやな、これで。」という言葉が返ってきたのです。「どうしたのですか」と聞くと、肩を落とし「戦争に行ったとき死にそうになって、もうあんなつらい思いは二度とないだろうと思ったけど、今はそれ以上やな」と口にしました。

私はそのとき初めて、命をかけた戦争の体験をしのぐほどのつらさが、そこにあるのだと思い知ったのです。同時に、ここで私がどんなに言葉を尽くして「がんばりましょう」「大丈夫ですよ」と声をかけても、彼の自己評価を上げることはできないとも思いました。現にその方からは「健康な先生には絶対分からんわ」と言われてしまいました。

このように現状に絶望しているような患者さんでも、自然とリハビリをがんばろうと思えるような環境をつくりたい。そのために、いわゆる「病院」の無機質で冷たい空間ではなく、ホテルのような癒しがあり、「大事にされている」という感覚を持てるような空間のある病院、「リハビリテーションリゾート」をつくろうと思い至りました。

千里リハビリテーション病院、園芸棟
千里リハビリテーション病院、園芸棟

https://manseiki.com/