新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

膀胱炎が女性に多く、男性に少ない理由

膀胱炎が女性に多く、男性に少ない理由
小林 一樹 先生

国家公務員共済組合連合会 横須賀共済病院 診療部長・泌尿器科部長

小林 一樹 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

膀胱炎とは、主に細菌が原因となって膀胱の粘膜に炎症を起こす病気です。発病すると、排尿時の痛み、頻尿、残尿感、尿意切迫感(急に起こる我慢できないような強い尿意)などの症状が現れます。

膀胱炎は性差が大きいことで知られ、男性より女性のほうがかかりやすく、発症時の特徴にも違いがみられます。では、なぜ女性のほうがかかりやすいのでしょうか。また、男性と女性で発症時にどのような特徴があるのでしょうか。

明確な統計はありませんが、膀胱炎は圧倒的に女性が多く、その理由のひとつが、男性と女性で尿道の長さが違うことです。

膀胱炎の主な原因は、大腸菌などによる細菌感染です。細菌が尿道口(おしっこの出口)から侵入すると、尿道を通って膀胱に到達し、膀胱内で細菌が増殖して膀胱表面の粘膜に炎症が起こることで発症します。

尿道口から膀胱にいたるまでの尿道が、男性は約17〜20cmあるのに対し、女性では約3〜4cmしかありません。そのため、女性は男性に比べて尿道口から侵入した細菌が膀胱に到達しやすいのです。

また、女性は多くの細菌が常在する膣や肛門が尿道口と近く、排便や性行為などによって尿道口から細菌が侵入しやすいというのも、膀胱炎が女性に多い理由です。

膀胱炎の主な原因は細菌感染ですが、膀胱結石や前立腺肥大症が原因となって起こることもあります。

原因となる病気がないものを“単純性膀胱炎”、原因となる病気があるものを“複雑性膀胱炎”といい、女性の膀胱炎の多くが単純性膀胱炎です。

男性において単純性膀胱炎はまれで、膀胱炎の症状があれば基本的に複雑性膀胱炎を疑います。

女性の場合は、原因となる病気がなく、単独で膀胱炎を発症することが大半です。

膀胱炎を引き起こす誘因として、過度に排尿を我慢している、水分の摂取不足、便秘、生理、性行為などが挙げられ、疲れやストレス、体調不良によって免疫力が低下している時に発症しやすくなりますが、適切な治療を行うことで、数日のうちに治癒します。

男性においては、前立腺炎や前立腺肥大症、尿路結石、尿路にできた腫瘍などを原因として、膀胱炎が起こることがあります。

こういった病気が背景にあるために、男性では膀胱炎が再発を繰り返すことがあるとされています。また、背景にある病気の治療も必要になるため、治療に時間がかかることがありあります。

女性の場合、尿道口からの細菌感染によって発症することがあるため、膀胱に細菌を侵入させないことや膀胱内で細菌を増殖させないことが重要となります。具体的な対策は以下の通りです。

  • 水分を多めに摂る
  • 尿を我慢しすぎない
  • 下痢や便秘に気をつける
  • 性行為後は排尿をする
  • 陰部を常に清潔に保つ
  • 下半身を冷やさない
  • 排尿、排便後は前から後ろに拭く
  • 疲労やストレスを溜めない

男性においても細菌感染を防ぐ対策は重要ですが、基本的には背景に原因となる病気があることで発症するため、原因となる病気の発症を防ぐことや悪化させないことも重要です。いずれにしても、感染症をはじめとするさまざまな病気は、免疫力が下がると発症しやすくなります。そのため、日頃からしっかりと体調を整えておくようにしましょう。

排尿時の痛み、頻尿、残尿感、尿意切迫感といった膀胱炎の症状が見られた場合は、男性、女性問わず、まずは泌尿器科を受診するのがよいでしょう。

女性の場合で、近くに泌尿器科がない場合や男性医師や男性患者がいて恥ずかしいという場合には、内科や婦人科で相談してみるのもよいでしょう。

膀胱炎は女性によく見られ、女性の2人に1人が生涯に一度は経験するともいわれています。男性は女性に比べるとかかることが少ないですが、前立腺の病気などが原因となって発症することがあります。

背景に重大な病気が隠れている場合があるほか、膀胱炎を放置すると命に関わることもあるため、気になる症状があれば早めに病院を受診して、適切な治療が行えるようにしましょう。

受診について相談する
  • 国家公務員共済組合連合会 横須賀共済病院 診療部長/泌尿器科部長

    小林 一樹 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連の医療相談が34件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「膀胱炎」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。