にょうろけっせき

尿路結石

泌尿器

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

尿路結石とは、腎臓で作られた尿が通る道である、腎盂腎杯、尿管、膀胱、尿道などに石ができることです。

尿路結石の発症には食生活が大きく関係しています。特に日本人の場合はシュウ酸カルシウム結石症と呼ばれるものが圧倒的に多く 、シュウ酸の摂りすぎが結石の主な原因であるといわれています。結石が尿管にひっかかると、尿管の動きとともに激しいわき腹の痛みが生じ、また尿が下流に流れないと上流で尿がたまり淀んでしまうため、尿路感染や腎臓の機能障害などが生じます。

原因

尿路結石の原因は、かつてはカルシウムが結石を作る原因であると考えられていました。しかし今では、カルシウムよりもシュウ酸のほうが結石を作りやすいことがわかってきました。シュウ酸は体内で生成されるものもありますが、体外から摂取するものもあります。シュウ酸を多く含む食品の代表として、ほうれん草、コーヒー、紅茶、コーラなどがあります。

症状

尿路結石の症状は、石ができる場所や大きさによって異なります。

  • 腎結石:鈍い痛み(症状がないこともあります)
  • 尿管結石:石がある側のわき腹、背中、お腹に激しい痛みが生じたり、血尿や吐き気が起こることもあります。一般的に、石が小さいほど痛みが強くなります。
  • 膀胱結石:頻尿、残尿感
  • 尿道結石:排尿時に強い痛みが生じたり、血尿や尿が出にくい 

検査・診断

尿路結石の検査では、まず尿検査で尿に血液が混じっていないかどうか、腹部CTなど画像検査で石の有無などを調べます。腹部CTをする理由ですが、腹部X線撮影では石が映らないこともあるものの、CTでは石の場所、尿の溜まり具合、尿路の広がり方などについても一緒に確認できる場合もあるためです。

さらに、腎臓が正しく機能しているか調べるため、静脈性尿路造影検査(IVU)を行ったり、超音波エコーを組み合わせて使うこともあります。IVUはCT検査やX線撮影など最初に行う検査とは異なり、治療方針が決まったタイミングで行う検査で、結石除去治療を行うにあたり尿路の形態や分腎機能評価に有用です。

治療

尿路結石に対する治療は、結石の大きさや症状によって異なり、経過観察、薬物治療、専用の器械を用いて体外から体内の結石を砕く治療法(ESWL)、手術治療(多くは内視鏡手術)に大別されます。

自然排石が期待できるのは石が5mmより小さいものです。10mm以上の大きさの石では、自然排出はあまり見込めません。したがって、5mmより小さい石については飲水や運動などで経過観察を行うことが多いです。

10mm以上の大きな石については手術で石を砕いたり、石を取り除いたりします(経尿道的尿管結石破砕術)。腎臓に大きな石ができてしまった場合には、背中から腎臓に通じる穴を開けて、そこから石を砕いて取り除く治療法(経皮的腎結石破砕術)などもあります。

また、石により尿が通過できず感染症を起こした場合、特に重症化したときには、一時的にカテーテルを留置して尿を外に排出したり、尿が流れるためのスペースを作るためにステントを留置したりすることもあります。また、片方しか腎臓がなかったり、もう一方の腎臓の機能が落ちているときなどは、腎臓の機能を保つためにステントを入れることもあります。

「尿路結石」に関連する他の記事
もっと見る